サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

物書き志望です。
第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過
suntu501@excite.co.jp

リアルの古代中国史を参考にした架空興亡記です。
よかったらクリックして読んでやってくださいね。
「庸滅亡」http://ncode.syosetu.com/n7549cw/
「四層時代」https://ncode.syosetu.com/n1196eh/

最近はサボりぐせと新作小説を書いているためとどこおりがちなブログですが、
ここ数日はタイトルのとおり正当な理由(?)で書けていませんでした。
といっても重いものではないんですが。
木曜日に寒さにやられて軽く悪寒をおぼえ、金曜日はなんとかやりすごし、
土曜日に病院に行って薬をもらい、現在に至っております。
やはり市販の薬よりよく効くから病院に行くにしくはないです。
まだ完調というわけにはいきませんが、
なんとか明日までにはとりあえずでも治しておきたいと思っています。


しかし金曜(15日)・土曜と寄り道や外出をしなかったため、
15日発売だった「アルスラーン戦記」最新16巻を当日に買い損なってしまった(苦笑い)。
一日、二日買うのが遅れたからってどうってことないといえばそうなんですが、
今巻で最終巻なんですよね、アルスラーン。
30年のつきあいがある作品だから、
最後はピシッと買って、ビシッと読みたかった気分もあるものですから(苦笑い)。


で、今日ようやく手に入れましたが、もったいなくて一章ずつ読む始末(照)。
でも一章目を読んだ時点で、この巻だけで終わらせられるのか心配になるというか…(苦笑い)
とにかく長いおつきあい、全部読んだらまたしっかり感想を書こうと思います。


そしてアルスラーンのおまけみたいな扱いになっちゃって申し訳ないが、
「新 仮面ライダーSPIRITS」の最新17巻も15日に発売だったので一緒に買いました(笑)。
これのつきあいもなにげに長い、連載第一回からだから17年か(笑)。

浅香監督といえば「カードキャプターさくら」が一番有名だろうけど、
個人的には「GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガーガール)」の一期が大好きです。
2003年に放送してたからもう14年も前になるのか(汗)。
1クールアニメであんなにきれいに、ていねいに作れるものなんだと、
いまだに嘆息してしまいます。


CCさくらを観てても思うけど、
浅香監督は部分的な演出では「跳ぶ(飛ぶ)」シーンが得意なのかな、
なんて考えたりもしています。
ガンスリでもヒロインのヘンリエッタがひったくられたカメラを追ってシチリア島の町中を疾走するシーンがあります。
シチリアの旧く美しい町並みを猛スピードで走る少女という、
アンバランスでありながらあまりにマッチするその光景にも感嘆してしまいますが、
その中に大ジャンプ、空中に弧を描いて跳ぶシーンがあり、
その姿がとてもなめらかで真に迫っていて、印象に残ってるんですよ。


あとエルザ・デ・シーカのオリジナルストーリーも絶品なんですよねえ。
原作補完のオリジナルエピソードであれだけハイレベルなものって、
ほとんど見かけたことがないなあ。
ジョゼとヘンリエッタのフラテッロの結末にも関わってくる、重要なエピソードだしね…


これまた観たいんだけど、個人的にDVDへ乗り換える直前に放送してたから、
録画してあるのがビデオテープなんですよね(苦笑い)。
そして我が家のデッキは壊れててもう観られない(爆)。
DVDやBD借りるにしても全巻借りるには金がかかるし、買うのはさらにかかる(汗)。
まあそれでもいざとなれば…とは考えてますが、
その前にアニマックスとかキッズステーションとかファミリー劇場とかチャンネルNECOで放送しないかなーと期待してたりもするのです(苦笑い)。

今日は久しぶりに献血へ。
最近はだいたい月イチで気が向いた時に行っています。
本当だったら平日に行きたいんだけど、
今はちょっと平日に時間が取れないからな(汗)。


毎回成分献血だから二週間インターバルを置けばまた行けるので、
次はクリスマスイブから血抜きは可能(笑)。
とはいえ無理に行く必要もないし、年が明けたらでいいかなあ。
それとも献血ルームの年内最後の営業日に行って、
多少なりとも「ストック」を確保できるよう協力するのがいいだろうか。
その日に行けるとは限らないが(苦笑い)。

このページのトップヘ