サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

物書き志望です。
第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過
suntu501@excite.co.jp

リアルの古代中国史を参考にした架空興亡記です。
よかったらクリックして読んでやってくださいね。
「庸滅亡」http://ncode.syosetu.com/n7549cw/
「四層時代」https://ncode.syosetu.com/n1196eh/

1-2で清水エスパルスに負けて、今年の天皇杯は今日までになってしまいました。
毎年結構生き残るから、暑いうち(今日は涼しかったけど(苦笑い))に敗退すると、
ちょっと調子狂うんだよね(苦笑い)。

とはいえ今日は、正直負けても納得という内容ではあったか。
全体的には悪くはなかったし、よかったと言っていいくらいだったけど、やはり所々ね。

よっち(武藤)やモリゲ(森重)が代表に行って、けが人その他もあり、
今日はゴールキーパーが二人ベンチ入りという異様自体(苦笑い)。
それに前線の、特に攻撃要員がベンチにほとんどいないこともあり、
先発のエドゥーと千真(渡邉)はおそらく最後まで出ずっぱりにならないといけない布陣(実際交代は無し)。

そしてDFラインは予想通りカニーニが初登場。
さらにちょっと意外だったのは、ムック(椋原)が左サイドバックでスタメンだったことだな。
宏介(太田)がベンチにもいなかったのは、
あまりに出ずっぱりなだけに、さすがに休ませたんだろう。
そんなわけでDFラインの左側がいささか心許ない中で試合開始。

さっきも書いたように試合自体は悪いものじゃなかった。
清水も万全にはほど遠い布陣ながら、
今年うちにはリーグ戦で連敗してるから本気全開だったしね。


だが今日はなー、やっぱりサイドがアカンかったなー。
特にムックがね。
みんな指摘してるみたいだから今さらあんまり言わないけど、あまりに仕掛けなさすぎだ。
前がぽっかり開いてるのにほとんど切り込んでいかず、
後ろに下げるかあまり効果のないアーリークロスだけで、攻撃に関しては全然だった。
マッシモさんにあまり攻めるなとか言われてたのかもしれないけど、
そうじゃなかったらさすがにちょっとねえ。
切り込まないサイドバックなんて怖くもなんともない。

守備も、全体的にそこまでではなかったし、なにより前半、
セットプレーのカウンター警戒要員で残っていたのに、あっさり後ろに抜け出されて。
ゴンちゃん(権田)のビッグセーブがなかったら確実に失点だったけど、
あれやられるんじゃ残ってる意味ないものな。

久々の試合に加えて、もしかしたら本人の調子も悪かったのかもしれないけど、
もしそうでないのなら、ちょっとバックアップとしても厳しい。


で、サイドと書いたのは左だけじゃなく、個人的には右も不満があるんですよね。
今日がというわけではなく、ここのところ慢性的に。
確かにトクさん(徳永)は不動の右サイドバックだし、
総合力という点からすると、まだ陸(松田)より数段上だと思う。
だけどなんというか、ここ数年、攻撃が消極的すぎる。
長友がいた頃からうちは左をメインに攻めることが多いから、
右はバランスを取ることを重視しているのかもしれないけど、
攻め上がることがまったくないというわけじゃない。
昔はもっと、上がった時は深くえぐって鋭いクロスを入れていた。
今もやってはいるんだけど、あの頃ほどじゃない。
もっと正直に言うと、あの頃は観てて
「これから先もっと強く鋭くなっていくんだろうな」とワクワクしてたんです。
だけど「先」であるはずの今は、はっきり言って攻撃力は減殺されて、
右サイドバックがチャンスになる気がほとんどしない。

衰えたとは思わないんだけどなあ。
それとも衰えたんだろうか。
もし衰えてないのなら、「攻撃の時は陸を入れよう」という采配は、
はっきり言って屈辱なんじゃなかろうか。

これからも左のケアのため、そこまで攻めないというのはバランス的にありだと思う。
だけど攻め上がったときは、
「俺がいいクロス入れてやっからてめえら決めろよ!」とか
「俺がたたきこんでやらあ!」と言わんばかりのミドルをドカンと打ってほしい。
今はボール持ってサイドに深く入っていっても、立ち止まっちゃってそのまま戻すとか、
ペナルティラインの外側を横へ横へドリブルするだけで、
結局なにも出来ずに戻すとか、そういうのばっかの印象だからなあ。

陸に台頭してほしいとは思ってるけど、トクさんに素直に譲ってほしいわけでもない。
「俺がいる限りお前はずっとベンチだ!」
「一回ポジション奪ったら絶対返さねえ!」という戦いが見たい。
その上でだったら、どっちが出てようが、
どっちも心から尊敬して、心から応援するよ。


で試合に戻ると(苦笑い)、そんなわけで攻撃に関しては、
今日は左右両方とも自分たちで「フタ」をしたような状態で、ほとんど機能せず。
攻撃の幅が狭くなり、当然その分相手は守りやすく、こちらは攻めにくい。
でありながら、真ん中はすごかったね!
今日はエドゥーと千真という、
ポスト能力の高い二人が2トップだったっていうのもあるだろうけど、
バンバン縦パス入れて、狭い空間を必死にこじあけようとして、実際こじあけてしまった。
あれでもっとサイドを使えたら…と観ながらつくづく思ってしまった(苦笑い)。

攻撃力という点では、あまり心配はしていないです。
ただ守備は、浦和に4点、鹿島に2点、そして今日も2失点となれば、
絶好調時は過ぎたと考えるべきなんだろうな。
モリゲがいればという単純なものではないだろうしね。
実際モリゲいても6点取られてるし(苦笑い)。
なにが悪いかはあらためて精査するにして、今日は失点が軽かったね。

大前のシュートは見事だったけど、吉本の対応はもうちょっとなんとか出来たと思う。
無失点が続いてた時は、あれでも足が飛び出して軌道を変えることは出来ていたと思うから。

2失点目は、弾かれたボールがうまいこと相手の前に飛び出してしまったというのはあるけど、
あそこに走り込んでたイが見事だし、あせらず丁寧に蹴り込んだのも見事だった。
その前の、あそこまで切り込まれたこと自体が問題か。

無失点が続いてた時も、運良く失点しなかったというシーンはいくつもあったから、
そういう幸運が切れただけかもしれないが、
でもあの頃の必死さは削がれてきているようにも見える。
もう一度取り戻せ。
今のうちは無得点はない。
無失点を取り戻せば勝てるし、1失点なら負けることはない。
相手に研究されてきているのもあるんだろうけど、それでもそれが出来る力量はあるはずだ。


個人では今日ムックと並んでの注目はカニーニだな。
印象としては「柔らかいジャーン」かな(笑)。
いや、白人でデカいというだけかもしれんが(笑)、でもなんか懐かしかったよ。
そしてようやくどういうプレーをするのか観られた。
当たり前だけど日本での公式戦初出場のうえ試合自体が久しぶりという要素を入れれば、
本調子にはほど遠いんだろうと思う。
現時点では明らかにモリゲの方が上だな。
スピードについても心配なところはあるが、
ポジショニングで勝負するタイプにも見えたし、
こなれてくれば充分に壁になってくれそうかな?
ただ今日は向こうにデカいのがいなかったからハッキリわからなかったけど、
空中戦は大丈夫かな?
なんか柔い印象があって、ちょっと心配なんだが(苦笑い)。
吉本がガツーン!と当たるタイプだから特にね。
ただし足元は吉本よりは信頼出来そうだ(苦笑い)。


そして今日、最大の収穫。
帰ってきてくれたなあ、10番梶山陽平!
リードされての後半途中出場だったけど、やはりあのパスはすごい!
河野の得点の起点にもなったし、
後半終了間際の千真へのパスも、あれは10番にしか出せんわ。
秀人(高橋)には悪いが攻撃に関しては明らかに陽平の方が上だ。

かといってアタマから使うとなるとちょっと不安はあるわな(苦笑い)。
今日も予想通りアンカーに入ったけど、あそこは基本守備で、
だとするとやっぱり秀人の方が安定感はあるし。
今日は攻撃のために入ったからそこが求められることは少なかったけど、
90分通してだとそういうわけにはいかないからなあ。
それともそのあたりもきちんとやれるんだろうか?
ドイスボランチだったらヨネ(米本)が守備を受け持って、
陽平のそっちへの負担は軽くなるけど、アンカーじゃ絶対サボれないしねえ。
とはいえ、リーグ後半戦、10番が重要な戦力になるのは確かだ。
ぜひぜひ期待しているよ。


あとは…ヨネは大丈夫だったろうか。
大怪我二回やってるから、どうしても心配になってしまう(汗)。


さて、これで今年はリーグ戦だけになってしまった。
好調時は過ぎて、ここから心身ともに地力が試される時間が始まる。
いつもみたいにズルズル落ちないでくれよお。
ここで踏ん張ってくれたら、それだけでも期待が出来るからな、いろいろと。

最近は河野や中島がいるから悪口言いにくいんだよなー(苦笑い)。
なんにせよ、今日はJ2。
20位ヴェルディvs21位カマタマーレ讃岐の裏天王山というべきか、
残留か入れ替え戦行きかを争っているチーム同士の対決。
味スタながらアウェイの讃岐が1-0で勝利。
これでヴェルディとの勝ち点差は4。
充分射程圏内に入って来ちゃったな。

この前までヴェルディは結構調子よかったから、
このまま抜け出しちゃうかなーと思ったら、
讃岐も地力をつけてきて引き離されず、直接対決でも勝ってしまった。
これはまだまだわからんねー。

個人的にFC東京が参加するのでなければ、入れ替え戦は大好きなんでねー(苦笑い)。
出来ればJ2・J3の入れ替え戦も観たいと思ってはいるんだけど、
あんまり遠ければさすがに…だったんですが、
意外と観られる可能性が出てきてしまった(苦笑い)。

でもヴェルディは、入れ替え戦まで行ったらちょっとまずいかもしれんね。
名誉的なことだけじゃなく実質的にも。
というのも、J3で入れ替え戦に入るクラブは、
おそらく町田、長野、金沢、鳥取のどこかになると思う。
この4クラブは相当に強固で、今のヴェルディだとやられる可能性は大いにある。
特に町田や長野あたりが来たら、本当にやばいと思うよ。

まあアンチヴェルディというかアンチ読売人間としては喜んでいいかもしれんが、
河野や中島のことがなくても、さすがにJ3はちょっと気の毒になってくるかな…(汗)
いや積極的に応援というところまではいかないし、
富山や讃岐が残ってくれた方がいいというのはどうしてもあるけど、それにしてもね(汗)。

でもJ3に落ちるようなことがあったら、味スタはちょっと無理があるよな…
今日も雨が降って下位チームが相手とはいえ、週末の試合で2,434人だし…(汗)
しかもある意味、今シーズンでも有数の重要試合でこの人数だからなあ。
こんな記事を書いている人もいるけど、
http://www.footballchannel.jp/2014/08/28/post48227/
西が丘は実は結構アマチュアの重要な公式戦が多いスタジアムだし、
むしろ味スタ西競技場を使うのがいいんじゃないかな。
すぐ隣に味スタというのは、様々な意味でモチベーションも上がるだろうし。
まあ本当にデカいお世話だって自覚はもちろんあるけどさ(苦笑い)。


うちもよそのことを気にしてる場合じゃないな。
よっち(武藤)もモリゲ(森重)も代表でがんばってるし、
明日の天皇杯、二人が次の試合に出られるようにがんばるかあ。
出番はおそらくないとは思うけど、翼(平岡)も練習では観られるだろうしね(笑)。

サッカーファンの間では「専用スタジアム以外はスタジアムに非ず」という人も多く、
陸上用トラックが併設されていたりすると、それだけで嫌悪を示す人も少なくない。
それは素人に限らず、プロのライターでもいるようです。

ぼくも専用スタジアムは好きです。
特に2万規模くらいのこぢんまりとしたスタジアムはいいな。
感じ方に個人差はあるだろうけど、
1万規模だとちょっと小さく、3万以上だと大きすぎて逆に圧迫感がある。
2万くらいが「みんなで一つになってサッカー観てるぜ!」って感じな気がして好みなんですよね。

が、そうではあっても個人的にはどうもこの風潮というか考えには、
あまり好意的になれないんですよね。


まず第一に、陸上競技関係者の気持ちをまったく無視している。
自分たちが一所懸命、人によっては人生まで懸けているスポーツ、事柄に関するものを、
まるで存在自体が害悪のような言われ方をしたらどう思うか。
トラックをボロクソ言う人たちも、トラックそのものを悪く言っているつもりではないだろうけど、
邪魔物扱いしているのは確かだし、
それだけでも言われてる方の気持ちを考えているとは到底思えない。
どうもサッカーファンの中には、
サッカーが世界的に人気スポーツだからと傲慢になっている人がいるように見えて(それも無意識、無自覚に)、
それが鼻につくことがあるんですよね。
職業に貴賤がないように、スポーツだって上下や優劣はない。
そもそも競技人口という点では陸上競技の方がずっと多いです。


第二に、スタジアムを造る場合、よその国は知りませんが、
日本ではまず確実にその地方の自治体の協力が必要になります。
つまり税金を使うことになる。
それなのになんで「自分たちのためだけに税金使え!」なんて平気で言えるんだろう?
税金というのは公正に使うべきもので、
およそスポーツに関してだけでもサッカーだけに使っていいものじゃない。
当たり前だけど陸上競技にだって使われるべきだし、使われないといけない。

さらに理屈だけで言うのなら、
サッカー専用スタジアムを造るなら陸上専用スタジアムだって造るべきだし、
希望があるなら人気のあるなしに関係なく、
他のどんなスポーツだって専用競技場、スタジアムを造らないといけない。
それどころかスポーツは文化の一つであるという観点からするなら、
書道とか華道とかダンスとか演劇とか絵画とか、
あるいはもっと活動人数の少ない、
人に知られていないような文化活動の専用拠点だって造るべきでしょう。
でも実際にはそんな金はないだろうし、東京あたりになればそもそも土地自体がない。
だったら併設できるものならする方が合理的だし、税を公正に使うという観点でも正しい話だ。


ぼくは別にサッカー専用スタジアムを造るなといってるわけじゃありません。
実際、あればいいなとも思っています。
でもそれなら、自分たちで資金を集めて(作って)、土地も買って、
自分たちで建設して、自分たちで維持していくという考えでいかないといけない。
自治体にスポーツ文化がどうのこうのと理屈を付けて、
自分たちが欲しいものだけを買ってもらおうなんて、
ダメな政治家や高級官僚とメンタリティとしては変わらないんじゃなかろうか。
しかもそれを無自覚でやってるとしたら、さらに救いようがない話だと思っています。


だからぼくも、ガンバが自分たちで専用スタジアムを造ろうとしているのは注目してます。
ただ、それでも土地は自治体から安く譲ってもらえるようですが…
そして資金の集まりが思ったよりずっとうまくいっていないらしい。
簡単な話ではないね、やっぱり。

このページのトップヘ