サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

物書き志望です。
第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過
suntu501@excite.co.jp

リアルの古代中国史を参考にした架空興亡記です。
よかったらクリックして読んでやってくださいね。
「庸滅亡」http://ncode.syosetu.com/n7549cw/
「四層時代」https://ncode.syosetu.com/n1196eh/

明日はセレッソ大阪戦。
やや思い上がって言えば(笑)、
理不尽なことが起こればセレッソ、起こらなければうち、ということになるかな。
今うちは内容もともなっての3連勝だけど、
これが昨日今日がんばっていきなり得られたものじゃないというのはみんなわかってる。
前半戦キツかったものなあ(泣)。
それを耐えて、自分たちのサッカーを突き詰めて、
それがようやく実りはじめての成果だ。
そういった意味ではセレッソもがんばってるだろうけど、
自分たちのサッカーを作るためにかけた時間と耐えた時間の差だけは確かにある。
その観点からだけ見るなら、真っ当な結果が出るならうちだと断言できる。

もっともサッカーに理不尽は付き物だし、
敗因のない敗北はありえないというのも常識だ。
まして個の能力で考えれば、
セレッソが勝ったとしても決して理不尽じゃなく真っ当な結果ではある。
集中して、いかに自分たちのサッカーをやり切って、やり倒せるかが勝負どころだな。

何日か前のトーチュウ(東京中日スポーツ)のケータイ版に
カニーニのインタビューが載ってたけど、
カニーニも日本のサッカーは、
取れるだけ点を取りに行こうとするサッカーと感じているみたいだ(苦笑い)。
イタリアだと3点も取ったら、
あとはどう試合を閉じるかというプレーになるとも書いてあったな。
そのあたりはぼくらもいろいろ考えていかないといけないところではあるが、
セリエAとのレギュレーションの違いもあるのかもしれないな。

たしかセリエAは得失点差はなくて、
勝ち点が同じならプレーオフというのが主流だったような気がする。
となると3点も取ったら無理はしない方が無難だ。
余計なことして追いつかれたり、下手こいて逆転されたりしたら話にならないからな(苦笑い)。

イタリアの下のカテゴリーやユースがどういうレギュレーションがどうなっているかはわからないけど、
セリエAを観て育ってきたからには、そういう感覚が染み着きやすいというのは、
やっぱりあるだろうとは思う。
ぼくは子供の頃、プロ野球を観て育ちましたが、状況にもよるけどセオリーとして、
0or1アウトでランナー1塁ならまず送りバントというのは、
感覚として染み込んでるところはあるからな(苦笑い)。


そのカニーニの出番はいつになるだろうか。
呼んどいて使わないはミステルもやらないだろうし、かといって今の好調、
特に絶好調のディフェンスを簡単にいじるのは、
さすがに選手のモチベーションにも影響が出てしまいそうだしなあ。
そうは言いつつセレッソ戦でいきなり先発の可能性も捨てきれないが、
やはりここは天皇杯の松本戦だろうか。
悩ましいね、どうも、いろいろと(苦笑い)。

いろいろ話題になってる新潟の川又に東京がオファーを出したという記事を読み、
対岸の火事がいきなり飛び火してきた感覚を味わっておりますが、
それに加えてサンプドリアのFWの獲得も目指しているという噂。
うちのFWの層は、特別厚くもないかもしれないが、そこまで薄くもないとは思うんだけどねえ…

いや、たぶん平山や千真(渡邉)への思い入れも強く、
冷徹な判断の不足や視野の狭さが出てもいるんだろうなという自覚もあるんだけどね。
それにサンプドリアのFWがどういうタイプかは知らないが、
確かに川又のように、スピードに乗って一人で突っ込んでって
一人で決めきってしまうタイプのFWは、今のうちにはいない。
それもあってよっぴー(武藤)がFWやってるってところもあるだろうし、
川又はそれだけじゃない、総合的に能力の高いFWではあるからな。
今のうちは、ロングカウンターで確実に加点出来る選手がいるならば、
さらに勝ちにいける形になりつつある(特に先制できた試合では)。
そういった意味では理にかなった補強策ではあるんだろうけども…うーん…
こっから先は感情論になるからなぁ…(苦笑い)

まあ今はまだ何も決まっていないし、いろいろ決まってから考えようか。

このページのトップヘ