サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

物書き志望です。
第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過
suntu501@excite.co.jp

リアルの古代中国史を参考にした架空興亡記です。
よかったらクリックして読んでやってくださいね。
「庸滅亡」http://ncode.syosetu.com/n7549cw/

アニメ「銀河英雄伝説」のネタバレ、ちょっと入ります。


前々から話のあった「銀河英雄伝説」再アニメ化、ついに本格始動か。
ホントにやるんだなあ(笑)。
懐古厨からすると、もともとのアニメが滅茶苦茶すごいんで今度のアニメ化は
「無茶するなあ」「勇気あるなあ」という気持ちも強いのです(苦笑い)。
だってOVAで10年かけて完成させたアニメだからね、前作は!
そんなの空前絶後ですわ、きっと。


あとは「銀河声優伝説」と言われるほどの豪華なキャスト陣。
男性ベテラン声優さんで出ていない人はいないんじゃなかろうか(笑)。


ただ個人的に前作も、
映画から第一期まではあまり好きではないんですよね(苦笑い)。
現に一期~四期+外伝まであるアニメも、
二期以降は何度も観直してますが、一期はほとんどスルー(苦笑い)。
ちょっとアニメオリジナルのエピソードや演出を入れすぎて、
原作からはずれがちなところがあるというかねえ。


本編が終わってからの外伝、
アニメオリジナルエピソードの「叛乱者」「決闘者」「奪還者」は全然OKなんです。
すごくおもしろかった。
これはスタッフが銀英伝のキャラクターや世界観を完全に理解した上で作ったものだからだと思います。


だけど映画や一期に入ってくるオリジナルの演出は、
たぶんスタッフがまだその辺をわかってなくて、
はずれちゃいけないところまで逸脱しちゃってる気がするんですよねえ。
やらないでしょう、未遂とはいえヤンとジェシカがキスとか(苦笑い)。
それに「女優退場」をあんなサラっと流されて作られたのももったいないし。


たとえばマンガでも道原かつみ先生のと、
いまヤンジャンで連載している藤崎竜先生のとがあり、
道原先生の方は原作をほぼ忠実に再現しているのに対して、
藤崎先生は相当おもしろおかしく崩している(笑)。
だけど藤崎先生は銀英伝のキャラや世界観を完全に理解していて、
そのラインをはずれないからまったく不快じゃなく、
「そうくるか(笑)」という感じで楽しめてるんです。


だから今回の新作アニメも、
銀英伝への「愛」があれば全然大丈夫だと思っています(笑)。
むしろ「そうくるか」という新しい楽しさが感じられるんじゃないかな。


そうそう外伝といえば
「ダゴン星域会戦」と「ユリアンのイゼルローン日記」のアニメ化も、
まだあきらめていない(笑)。
前作でも作ってほしいけど、今回の新作で作ってくれてもいいのよ?(笑)

登場人物その2!
ほぼレギュラーの準主要メンバーです。


藤波法律事務所

・藤波昭彦
  演:小野寺昭

藤波法律事務所所長。
弁護士。
刑事事件をメインとしている。

藤波悠子の実兄。
また麻生探偵事務所の他のメンバーの兄貴分としても慕われています。
(のぞきや酒の密造などの軽犯罪を犯したとき助けたりもした)


正義派の弁護士として評価されています。
性格は温厚で、ややのんびり(ズボラ?)しているが、
時と場合によっては刑事相手でも声を荒げ、威迫することもあります。


国選弁護士など金にならない仕事も引き受けたり、
本屋のツケを10万円分もためるなど金銭に無頓着なところもあるため、
麻生探偵事務所に劣らぬほど貧乏です。


職業柄、法律や過去の事件に詳しいので、
麻生もよく情報収集や相談に訪れます。


このようにごく自然に麻生探偵事務所のアドバイザー的立場にもありますが、
おカネのためには少々の危険も辞さない麻生たちに釘を刺すこともしばしば。


また逆に、自分の仕事の調査のために麻生探偵事務所を用いることもあり、
ギブ&テイクの関係でもあります。


カップラーメンに目がなく、新製品が発売されたらとりあえず食べてみないと気が済まないほど。


・関谷久美子
  通称:クミ・クミちゃん
 演:長谷直美

藤波法律事務所助手。
好奇心旺盛の元気娘で、おせっかいに近いほど世話焼き。
悪気はないがやや口が悪く、藤波に小言を言ったり、
麻生たちを言い負かしたりすることも多々ある。
将来の肝っ玉母さん風であり、両事務所のマスコット的存在でもある。

藤波に惚れており、やや空回り気味ながら彼を支えたいという気持ちは本物。
本人に対してかなり露骨に心情を表現することもあるが、
年齢差や性格上、藤波は困惑気味。
藤波が他の女性(昔の恋人?)に会いに行ったときも、
露骨に焼きもちを焼き、自分の魅力に悩んだりもしました。

法律事務所の助手としての能力もあるが、
頭より体を動かす方が向いているタイプで、
麻生探偵事務所の面々とも仲がよい
(特にダーツとは一緒に行動することも多い)。

主に法律事務所の資金繰りに困ったときなど、
「アルバイト」と称して麻生探偵事務所の仕事を手伝うことがある
(麻生から頼まれたり、自分から押し売ったり)。

意外にも変装がかなり得意である。


★新妻警察署

・南雲隆之
  演:江守徹

捜査係長。
元麻生の上司。
厳しい人ではあるが退職した麻生のことを今でも心配している。
が、天使たちがやりすぎた時はきっちり灸をすえます(笑)。


・桂順次
  演:勝野洋(友情出演)

元麻生の同僚(明確には描かれていないが相棒といっていいくらいの間柄だったようにも見える)。
質実剛健で、一係の実質的な現場リーダー。
立場上、麻生には一定の距離をたもって接しているが、
内心では互いに信頼しあっている。


・金沢正夫
  演:三景啓司

元麻生の後輩。
如才なく気配りができるタイプで、目立たないが有用な刑事。
暴走しがちな神保を抑える役回りも多い。
しかし犯罪を憎む気持ちは強く、
政財界の黒幕へ激しい敵意を見せることもあった。

麻生が刑事時代はペーペーで、麻生のことを尊敬していたようだが(今でも)、
現在は一人前になっており、
麻生に対しても言うべきことは言うようになったため麻生には
「だんだんかわいくなくなるね」とぼやかれてもいる。


・神保雄三
  通称:ゴリラ(ただし麻生探偵事務所内のみ適用)
  演:横谷雄二

係内で最も若く、単純で直情的であり、
警察を絶対視している刑事(よく麻生たちを「日本警察をなめるなあああ!!」と怒鳴りながら走って追いかけている)。
思考も単純で硬直的のため、いささか問題になる言行も(現代なら特に)。
考えるより先に行動するタイプで手も早いため、
問題を起こすことも多い(他の警察署へ乗り込んでケンカしてしまう。政財界の黒幕に殴りかかってしまう等)。


ただし上司に対しては心から敬意を持って従い(感情が爆発すると薄れがちだが)、
犯罪を憎む気持ちは熱く強い。


また女性には弱く、相手に強く出られるとタジタジになってしまう。


一係のメンバーで唯一、刑事時代の麻生を知らず(初対面は第一話)、
また探偵(やヤクザ)を蔑視しているため、
捜査に絡んでくる麻生探偵事務所の面々を敵視している。
なにかというと怒鳴りつけて邪魔してくる神保に麻生たちも辟易しているが
(容貌ややかましさから「ゴリラ」とあだ名をつけている)、
根本の部分では嫌っておらず、また、まだまだ未熟な相手でもあるため、
適当にあしらったりからかったりして楽しんでもいます。


じつはリア充で恋人がいる(中学時代のクラス委員だった同級生)。
彼女が殺人事件に巻き込まれたときは天敵の麻生たちに土下座してまで捜査を頼んだりもした(第11話)(麻生たちも表面上は断ったが結局は助けている)。


アニメイトは昔に比べて女性客が多くなり、
それどころか「女性向け」になってしまったという意見があるらしい。
きちんと数を調べてのことではないだろうからそれこそ印象の話だろうけど、
実際にはどうなんだろう?
ぼくにも調べようはありませんが、そこはそれ、
20年以上前からの記憶がある人間だからこそできる考察もおもしろいかもしれないと(笑)。


比較的近所に「アニメイト錦糸町店」があったので、よく通っていました。
90年代に一番よく行ってたな。
CD買ってイベント参加権を手に入れる必要があったから(笑)。


そのころの店内の風景を思い出すと、確かにあまり女性客は多くなかったかも。
だけどまったくいないわけでもなかった。
ちゃんといたし、女性店員さんもいた。


で、最近も年に何回かは錦糸町店には行ってるんですが、うん、女性客増えてる印象(笑)。
というより女性客の方が多かったかもしれないな。
錦糸町店は小さい店舗だから、お客さんの絶対数が少なくて、たまたま女性客が多く、
そういう印象を得やすかったのかもしれないけど、昔より目につきやすくなったのは確かでしょう。
とすると「女性向け」になったのは正しいのかも…とも思うけど、
当時の店内風景で商品に目を移すと、少し違う考えも湧いてきます。


昔、それこそ「腐女子」ではなく「やおい」が主な呼び名だった頃、
その手のみなさんに人気があった作品は
「キャプテン翼」「聖闘士星矢」「鎧伝サムライトルーパー」などだったような気がします。
だいたいがミドルティーンの男子以下をメインターゲットとした作品に好んで接していたような。
だけどこれは仕方がない。当時は今以上にその手の嗜好に理解がなかったから。
これだと「女子も買うけど男子も買う」の形になるんじゃないでしょうか。
アニメイトみたいな専門店では、比較的女子の方が買うにしてもね。


また、腐の方向ではない10代後半から20代以降の女性をメインターゲットとしたアニメやゲーム作品って、ほとんど思いつかないです。
90年代で女性向けの作品といえば「セーラームーン」とか「レイアース」とかが人気だけど、
これもどちらかといえば幼女からローティーンをメインターゲットにしているはず。
そしてこれらのグッズで、しかもアニメイトで売られてるようなのを買うのは、
ぼくらのような男子がメイン(笑)。
ぼくも買ったねえ、セーラームーンのアニメイトカセットブック(笑)。

これらの作品以外の女性向けは、
もう完全に幼女を対象にしたものでアニメイトではほとんど売られてなかっただろうし、
そもそも本物の幼女はアニメイトじゃなくてオモチャ屋とか本屋で買うはず(笑)。
今ならお母さんがアニメファンで、
子供をアニメイトに連れてくこともあるだろうけど(たまに見かける)、
当時はそれも少なかっただろうからねえ。


だとすると当時のアニメイト客層は、明らかに男性の方が多かったと言えるでしょう。


テニプリとかあったし、
腐女子が「少年向けマンガ・アニメを対象にする」は2000年代でもあまり変わらないかも。
この10年くらいなんじゃないかなあ、
腐女子やハイティーン以降の女性をメインターゲットにしたアニメやゲームが頻繁に作られるようになったのって。
それこそアニメショップで売るためのグッズやメディアのことも考えられた作品。


あと女子にとって「普通の本屋で買いにくい本」が豊富になって、
安心して買えるのがアニメイトや同系列の店しかないというのもあるかも(笑)。
ぼくも昔はそうだったから(照)。
それにアニメイトはそもそもその手のジャンルの品揃えが豊富だから、
行けば欲しい本がまず確実に手に入るだけに、一石二鳥だからな。


そう考えると女子が増えたとはいえ、もともとの男子が減ってないとすれば、
男女の比率が均衡しはじめたというのが正しいような気がします。
女子の数だけじゃなくグッズの比率もね。
これまでの「実質男性向け」の店内イメージを元にすると
「男女均等」になっただけでも「女性向けになった」と感じてしまうのも無理はないだろうけど。


あとね、女子が目立って視界に入ってくるってのは、男子側にも理由がある気がする。


まず第一に、男は、男より女子の方に目が行きがちだから(笑)。本能的に(笑)。


第二に、女子の方が存在が華やか(笑)
喪女とか言って卑下する女子もいるだろうけど、
「存在の根本」が男子より女子の方が華やかだと思います。
少なくとも男子視点では(笑)。


第三に、服装。
女子はそれこそ喪女とか言っても、外に出るときはそれなりに服装は気にする。
少なくとも確実に男子より気にする。
それに比べて自らのファッションを見よ、男子よ(笑)。
俺も含めて「黒系統」「くすんだ色」
「野暮ったいデザイン(そもそもデザインなどほとんど気にしない)」「背中にリュック」と、
目立たない上に没個性がほとんどじゃないか?(苦笑い)


この要素も含めると、たとえ数的に男女均等でも、
女子の方が勢力が増したように感じるんじゃないか?(笑)
ぼくもアニメイト店内で男女どちらも見かけるけど、
どう見ても女子の方が明るい色を着ていて、自然に目立ってる気がするものなあ。


合ってるかどうかわからず、それこそぼく個人の印象だけど、
こういう見方もあるんじゃないかなと思ってます。

このページのトップヘ