負けてしまった…(泣)
負け自体はいつもくやしいが、いつもよりくやしさを感じるのは、
やはり国立ラストマッチということでセンチメンタルになってた部分もあったんだろうな。

とはいえ内容的にも今日は負けがふさわしかったといえばその通りだっただろう。
失点は1だったけど、東京の選手のあいだ、あいだにうまく入られてパスをいいように回されて、
効率よく攻められてしまった。
意外に印象ほど決定機は作られなかったかもしれないし、
そこは最後の防衛戦は体を張っても守るという意志が強くなってきた証かもしれないが、
今日は主導権という点では向こうに握られている時間の方が長かった。

しかし攻め手が足りない。
ここ5年以上、パスを回して攻めるのを見るのに慣れているせいもあって、今一つ攻撃が単調に見えて困る。
もっとも、まだ守備を構築している段階で、攻撃の練習には手がかけられていないという事情もあるだろうかな。
名古屋のように、二人三人と後ろから追い抜いてゆく、
縦に速い効率のいい攻撃をやりたいんだろうとは思うんだが、全員が遅い。
特に判断が遅い。
もうあとワンテンポ速くパス出せば通るであろうところで遅いから、
寄せられて結局取られるか、そうじゃなくても後ろに戻すしかなくてチャンスが潰れてしまった。
これも選手がパスサッカー慣れしていて、判断の切り替えがまだうまくいっていないところがあるんだろうな。

それでもそれなりにチャンスは作っていたし、少なくとも同点に追いつくくらいのことは出来ただろうとは思う。
今日は相手キーパーが楢崎正剛ちゃんだから、
守備範囲が広く、もうちょっと普通のキーパーだったら決まってただろうシュートも止められちゃってたけど、
それでも二つは絶好機があった。
千真(渡邉)のクロスバー直撃と、武藤のゴールど真ん前どフリーヘッド(苦笑い)。
あれを決められていたら、まだまだわからなかったんだが…
たらればは永遠の繰り言ではあるけど(苦笑い)。

ミステルは打つ手は早かったな。
特に徳さん(徳永)に代えて陸(松田)はちょっと驚いたけど、相当に活きていた。
敵ゴール前を横断してきたクロスを、飛び込んでダイレクトで打とうとしてかすってしまったシーンも含めて、
攻めの思い切りのよさとか、相手ペナルティエリアへ鋭角的に突っ込んでくる動きとか、
今までにないサイドバックのプレーだった。
徳さんは宏介(太田)が攻め上がりやすくなるようにと考えてか、バランスを保つ意味もあるだろうけど、
最近はあまり積極的には上がってこないんだよな。
上がることはもちろんあるけど、右から得点の香りはほとんどしないというのは事実だ。
それもあって陸のプレーは新鮮だったけど、でも総合力という点では、やはりまだ徳さんには劣るか。
今日は点を取りに行かなくちゃいけないからリスクを覚悟で陸投入だったと思うけど、
やはり陸の後ろのスペースは狙われて、再三ピンチを招いていたからね(苦笑い)。
今日は展開上、半ば守備を放棄してOKだったからさほど目立たなかったし、
上がらなければ陸ではないけど、
上がるにしても守備をもっと出来るようにならないとポジションを奪うのは難しい。
長友もよく上がってたけど、サイドバックの基本は守備。
攻撃力を買われてスピードとパワーのあるFWがサイドバックにコンバートされるのをしばしば見かけるけど、
結局あきらめてFWに戻すときは、たいてい守備でポカをするのが理由だからな。
FWならちょっとふわっとしてても平気だけど、DFは「みっちり」していないと務まらない。

だけどここ10年不動だった右サイドバックで、ついにポジション争いが起こり始めたとは言えるか。
それは悲しくもあり複雑でもあるけど、喜ばしいことでもある。
陸が奪うにしろ、徳さんが守るにしろ、見守って、見届けよう。


それにしてもあらためて道半ばというのがよくわかったよ。
守備をさらに整備しつつ、攻撃の構築にも力を注がないとな。
でも守備がよくなってきたというのは、端的には感じてる。
今日の展開は、相手のパスに翻弄されていいように攻撃される、
どこか川崎戦を思い出させるものだったけど、
結果としてはコーナーからの1失点だったし、
実はゴンちゃん(権田)がファインセーブで防いだというシュートは見かけなかった気がする。
相手がはずしてくれたというのもあったけど、
DF陣が最後の最後は体を張って自由に打たせなかったという証明でもあるだろう。
そのあたりの意識は、とても頼もしい。
吉本のお守り効果は今日ついに途切れちゃったけど(苦笑い)、
試合やプレーに一喜一憂しつつ、一喜一憂ですべてを決めず、しっかり気持ちを持っていかないとな。