U-21でのぞんでいたアジア大会、開催国の韓国に負けたかあ。
試合は観てないんだけど、4万の「どアウェイ」の中、
一方的に攻められたのをこらえにこらえていたけれど、
後半終了間際にPKを取られて0-1で負けたそうな。

韓国は今回金メダルを狙いにきて、
U-23+オーバーエイジのフル装備で大会にのぞんでいたそうだから、
基本的に相手の方が力が上というのはあるだろうし、
アウェイということも考えれば不利はまぬがれなかっただろう。
それでもカウンターから一閃というのを期待してはいたんだが、
やはりなかなか思い通りにはいかないね。

とはいえそういう圧倒的不利な中、ギリギリまで持ちこたえ、
失点もPKのみに抑えたというのは評価してもいいだろう。
負けは負けではあるけども、雪辱のためにも、
得られたものは無理矢理にでも刻みつけておこう。
アジア予選を突破して、オリンピックで勝つために、
今回の経験と悔しさは絶対に忘れずに、勝っていってほしいと思う。


あとはまあ、FC東京的なことを言わせてもらえれば、
これで中島と野澤が帰ってくるのがありがたい(照)。
うちも今、けが人が多くて台所事情は火の車だからなあ。
特に中島が帰ってきてくれれば、前線に駒が一つ増えてとても助かる。
アジア大会で実力も示してくれたし、
よっち(武藤)や河野と一味違うドリブラーの帰還は本当にうれしいよ。