ネットをちょこちょこいじっていたら、
ちょいとアイドルマスターのおもしろいSSを見つけた。
この「SS」という名称はショートストーリーと読むそうで、ネット内では結構定着しているらしい。
ぼくが書く二次小説もそう表現されることがあるけど、
個人的には「短編小説」「中編小説」「長編小説」という言い方がなじんでいるのと、
SSはセリフと擬音だけで綴っていくものが多いようで、
その点でもぼくが書くのとはちょっと違うなと感じています。


それはそれとして、見つけたアイマスのSSは、
765プロのアイドルたちが「ジョジョの奇妙な冒険」でおなじみ、
「形ある超能力」ことスタンドを使えるようになって争うという内容で、
まだ途中までしか読んでませんが、おもしろいです(笑)。
けっこう有名なSSみたいだから、知ってる人も多いんだろうな。

http://ankake.blog.jp/archives/1001905607.html

ジョジョはキャラクターもストーリーも表現もものすごく個性的で、
ハマる人は一生抜け出せないほどになってるかもしれませんが(ぼく含む(笑))、
スタンドはその中でも重要な演出の一つだ。
物をつかめる等単純なものではなく、様々な能力があり、
それぞれのスタンド能力の個性にあわせた戦い方、弱点等があり、
それをいかに活かし、いかに突いて勝利するかというのがたまらなくおもしろい。


スタンドの能力も本当に多種多様で、こういうのを考えついただけでなく、
「考えつき続けている」荒木先生は本当にスゴいなとつくづく思ってるんですが、
このSSの作者さんも立派にオリジナルのスタンド能力を自分で考え出していて素直にスゴい。
それぞれの特徴や弱点を絡めて、ジョジョらしい「スタンドバトル」を表現していて、
ぼくはこういうのは全然ダメで考えつけないタチなので、率直に感心しています。


で、きっとこういうのを考えるのが好きだったり得意だったりする人は結構いるんだろうなあ、
というのもあります。
昔、そういう動画を観たことがあるので(笑)。
こっちももとはSSだったようですが、
「ひだまりスケッチ」と「みなみけ」をコラボしてスタンドによる戦いを表現するという、
相当な離れ業というか(笑)。
今は非公開になってて残念だ。


まだ「ファースト・ステージ」をやっつけたところまでしか読んでないし、あとで続きを楽しもう(笑)。