一昔前までは、そして今でも結構な数の人が「スポーツ選手は30歳過ぎたら下り坂」と考えているけど、
昔に比べてスポーツ科学、肉体・精神へのメンテナンス方法も研究が進み、
さらに選手自身の意識も変わってきているだけに、
むしろ「30代が全盛期」と考える方が正しいと思うようになってます。


ぼくのように一般人として生きていても、
30代の頃も20代の自分に比べ、そんなに体力が落ちたようには感じなかった。
スポーツ選手のような最高峰で戦ってる人たちはまた違うかもしれないけど、
見てみると、一番結果を残してるのって30代の選手のような気がするんだよなあ。

ぼくなんかはついJリーグで考えてしまうけど、
ここまでJ1得点ランキングも上位の半分くらいは30代で、ここ3年の得点王も30代だ。
まあ大久保や佐藤寿人は年齢うんぬんより本人たちがスゴイってだけだけど(笑)。
それはそれとして各チームの中心選手で30代ってのも珍しくないし、
肉体的に衰えはなく経験豊富な選手に太刀打ちするのは、
多少力がある若手でもちょっと難しい。
普通の若手だったら、トータルで見たらまったく相手にならないだろうな。


うちでも羽生先生や前田さんや徳さん(徳永)の安定したハイパフォーマンスは拝みたくなるほどありがたい。
モリゲ(森重)や宏介(太田)のような代表組も20代後半でその域に入ってきてるけど、
きっとこれからさらに鋭さや厚みが増していくんだろうな。