FC東京、マッシモ・フィッカデンティ監督が今季限りで退任かー。
過去最高順位&最多勝ち点を得た監督を、というのはやはりある。
個人的にはマッシモさんのサッカーもおもしろいと感じてただけに残念な気分もあるよ。
ベタ引きというわけではなく、きちんとシステムとして守るというのは返って新鮮で、
もっと極めるところを見てみたかった。
ぼくもパスサッカーはもちろん好きだけど、
こういうサッカーもあっていいというか、
サッカーっていろんな形があるのがまたおもしろいというのを強く感じさせてもらえた。
「おもしろいサッカー=パスサッカー」
「パスサッカーにあらずんばサッカーにあらず」という風潮も
なんとなく好きになれないところはあるしね。

それにやはり、勝利に勝るおもしろさはなかなかないよ。
城福さん以来(正確にはガーロさん以来かな)のパスサッカー、あるいは
その前の原さんの攻撃サッカーもおもしろかったけど、
どうしても勝ちきれない試合が多く、シーズン終了時の順位は毎度毎度の中位力。
一試合一試合のサッカーはおもしろいかもしれないけど、
はっきり言って年結果は毎年マンネリで飽きがきていた。

だからその点では今年は新鮮なおもしろさがあったんだよ、本当に。
最後の最後で勝てなかった、
結局いつもどおり勝負どころで勝てなくて(勝てたのはアウェイの広島戦くらいか)、
終わってみればいつも通りの東京だったじゃないかという非難はあるだろうけど、
順位表の位置が違うのを無視するのはフェアじゃない。
「勝負どころ」は、それ以外の勝負をしっかり勝ってきたチームだけが得られるもので、
これまでの東京はそもそもそこまですら行けてなかったんだから。


だから来季のマッシモさんにも期待してたんだけどなー。
「2年目でなにかしらのタイトルを取れなければ」云々というのを理由に挙げてたけど、
天皇杯はまだ生き残ってるんだからそこを言うのはいかにも取って付けた感がある。
だから理由は他にあるんだろう。
トーチュウで「求心力が落ちた」みたいに書かれてたのもあり、
想像だけど、勝ってはいたけど選手に不満が強まってたのかもしれないな(苦笑い)。
メンツを見れば原さんや城福さんが連れてきた「攻めるの大好き」選手も多いし、そもそもやはり攻撃の方がおもしろいってのは、やってる選手の方がずっと強く感じるだろうしな。

あるいはぼくらには見えない、もっと細々とした不協和音もあったのかもしれない。
フットボールチャンネルでは「クラブとのビジョンの違い」というのもあった。
今季は過去最高の観客数だったそうだし、
サッカーがつまらなくて人気が落ちたというのも理由にならないし(やはり勝ちはおもしろい)、
いろいろ不透明な部分は強いか。


だけどこのあたりはもう憶測で考えるしかないだけに、
さほど掘り下げるのにも意味はないだろう。
これまでにないおもしろさ、楽しさを与えてくれたことへ感謝するだけにとどめておこう。
なんかまたセレッソがオファーを出してきているという話も聞くし(苦笑い)、
あるいは中国のクラブも興味を示しているという。
マッシモ・フィッカデンティが優秀な監督である事実は変わらない。
できればわだかまりはなく、あっても可能な限り少なくして送り出してあげたいもんだ。

二年間ありがとう!
楽しかったよ。
この言葉に嘘はないです。
本当にありがとうございました、マッシモさん!