ネタバレ入ります。






急速に皆殺し感が出てきちゃったねえ…(汗) 


名瀬さんとこの二人とシノがアインの戦力紹介のためにやられてしまった(汗)
(まだ死んだか確定してないけど)。
その他にもここで死にまくり傷つきまくりだが、鉄華団って何人くらいいるんだろう?
火星でCGSを乗っ取った時点で200人とか300人くらいかなと勝手に思ってたんだけど、
今は傷ついたのをのぞいて数十人くらいになってる印象だ。


悲愴的な内容についてはたぶん他の人もいろいろ書いてるだろうし、
自分も前にいろいろ書いてきたから割愛。

個人的には戦況や状況の説明が自然に為されていたのに感心してしまった。
最初観ながら
「それならそこはどうなってるんだろう」
「なぜそれをしないんだろう」
「なぜ今それをするんだろう、なぜもっと前からやらなかったんだろう」
と疑問に思うことがつらつらあったんだけど、それにほとんど全部答えてくれていた(笑)。
このあたり脚本家さん実力者だな、すごい。

一個だけ残念だったのは、宇宙組再登場のタイミングかな。
演出上あれより早く出すと悲愴感や盛り上がりに欠けちゃうし、
遅いと間に合わないしで仕方ないとわかるんだけど、
それでもあそこだけちょっとベタで残念だった(苦笑い)。


宇宙組を連れてきたのはモンターク商会だったんだろう。
でもマクギリスは先に地球に降りてきていたわけだから、実際に連れてきたのはトドか?(苦笑い)
だとすると宇宙船の中で相当いろいろ揉めたかもしれんなあ(苦笑い)。


マクギリスも暗躍しまくってるな。
全部が全部マクギリスの掌の上というわけではなく、
ある程度流れに任せて、自分の望む方向へ軌道修正するときだけ手を出すという印象だ。
この場合、蒔苗が間に合わなかったら
ギャラルホルンの内政干渉もうやむやにされる可能性があるけど、
間に合って蒔苗が選挙で勝てば、世界的な問題に持って行ける。
だから鉄華団宇宙組も連れてきて戦力増強をはかったし、
万が一のため自分もMSで待機していたんだろう。


ただマクギリスの中でのアインの立ち位置が、今一つつかめなかったんですよねえ。
アインくんのMSとの一体化を強硬なまでに押す理由。
そして今アインを投入して鉄華団の戦力を減殺することに意味があるのか。
鉄華団はマッキーにとって大した存在ではなく、
究極のところ使い捨てても惜しくない連中だろう。
だけど今のところは使い勝手のいい駒でもあるだろうから、
使おうと考えるなら戦力を減らすのは矛盾する。


でも今回だけのことではないと考えると、なるほどと腑に落ちるところはあります。
あれだけ三日月たちにしてやられてる以上、
マッキーにしても阿頼耶識パイロット(MS)を手にしておきたかったんだろう。
だけどこのご時世、特にギャラルホルン内で入手しようとすれば、
人道的な問題にもなりかねない。

そこへアインという願ってもない素材が手に入った。
しかもマッキーの直属ではなくガエリオの部下だ。
もし何かあっても責任はガエリオに押しつけられるし
(それどころかうまく誘導したからガエリオ主観で自主的に責任を取る気持ちにまで持っていけた)、
それなのにガエリオを通して間接的に自分の駒として使うことができるようになった。
これほど都合のいい存在があるだろうか。


今回このタイミングでアインを投入してきたのは、
調整に今までかかってしまったというのが一番の理由だろうけど、
アインがどれくらい使えるかのテストもあったんじゃなかろうか。
アインの戦力が実際にはどのくらいなのか、自分は彼をどの程度コントロールできるのか。
そのためには、阿頼耶識を持っていて、しかもアインの恨み連なる鉄華団で試すのが一番だ。
もともと使い捨てOKの駒だから、結果的に鉄華団が壊滅してしまっても特に惜しくないし。


で、その結果は、戦力としては圧倒的だけどコントロールは難しいというところかな(汗)。
マッキーにしてもガエリオにしても、
まさかアインが市街地へ突入してしまうとは考えてなかったんじゃなかろうか。
ガエリオは常識的に、
そんなことをすればギャラルホルンの立場が最悪になってしまうと考えてただろうし、
マッキーは最終的には蒔苗を議場へ届けるつもりだったから、
どちらにとってもアインに突入してもらっては困る。
だからマッキーも、唯一、
今のアインを止められる可能性のある三日月に追わせるために、
ガエリオの邪魔に入ったんじゃなかろうか。


でもあそこでマスクを脱ぐ意味はあったんだろうか?(笑)
いや、通信はつながっていなくてガエリオに誰がパイロットかはわからないのかもしれないけど。
だとするとなんで脱いだのか…気分の問題かな?(笑)


ついに来週が最終回かあ。
物語的にはまったく終わる感じがしないから、きっと二期があると信じてる。
おれが知らないだけでもう決まってるのかもしれないけどね(照)。