「水戸黄門」とか「暴れん坊将軍」みたいに完全娯楽作品としての時代劇は別にして、
歴史ドラマは、どれだけ史実を損なわずに「ねつ造」するかにかかってるところはありますが、
歴史好きにも関わらず個人的にその手の作品(ドラマに限らず小説やマンガその他の媒体でも)
を観る気が失せてきています。


「新選組」は観てないですけど、
坂本龍馬と近藤勇がもともと仲良かったという「因縁」が、
将来敵対してゆく両者の立場や悲劇性がドラマを盛り上げてゆくというのはあります。
が、この手の作品では、
どの作品でもほぼ確実にこの手の盛り上げを意図した「インネン」がねつ造されているため、
最近では返って見飽きて辟易しているのです(苦笑い)。
特に敵対する国の最高指導者同士が、
実は一人の女を奪い合って戦いを起こしているなんて話はゲンナリの極地のため、
最初から完全に観る気がなくなってしまいます(苦笑い)。

とはいえぼくのようにスレた奴はともかく、
歴史モノにまったく興味ない人を引き寄せるには恋愛とか因縁とかを題材にするのは有効なので、
それはそれで全然問題ないです。
が、たまにでいいのでぼくみたいなのも楽しめるような作品があるといいなーというのも本音(照)。


そんなわけで歴史関係の番組その他で近頃一番好きなのは、
演出の少ないドキュメンタリーになってしまっております(笑)。