Jリーグの放映権を買い取ったDAZN。
回線が不安定でアクセスできない、画像がカクカクする、という懸念はあるみたいで、
きっとそういうトラブルは起こるだろうけど、これは時間が解決していってくれる問題でしょう。
ほっとけば解決するってんじゃないけど、このテの技術は日進月歩だ。
もともと携帯電話だって、地下じゃ電波が届かないとか、
人が多いところではつながらないとかトラブルだらけだったけど、
今これらの不具合を聞くことはほとんどない。
地下鉄の中でもスマホは使えるし、コミケでだって電話使い放題だ(笑)。
必要と思ったときの人間の創意工夫と行動力は、とてものこと尋常じゃないよ。


それにこれから先、どうやったって映像はネットの方が主力になっていく。
「ネット環境さえ整っていればいつでもどこでも」って、ものすごいアドバンテージだ。
これまでの受像環境からすれば、新しくアンテナやケーブルを設置して環境を整え、
なおかつ見られるのはつなげた受像機(テレビ)が置かれた場所だけ。


さらにケーブルなどは番組表で時間割された指定時間にしか見られないが、
おそらくネットの方では、ライブ映像以外はいつでも過去の試合が見られる。


現状のアドバンテージは「安定感」「画質」などになるだろうけど、
さっき書いたように、技術の進歩でそこが肉迫され、並ばれれば、
なかなか対抗するのは難しい。


あと個人的には「つながらない」とか「カクカクする」などはさすがに気になるけど、
画質の悪さなんてのはほとんど気にならない性質です。
というかサッカー観戦で最高の環境はスタジアムなんだから、
「一番」を求めるならそこへ足を運ぶだろうからね(笑)。
「画質」もこれ以上のものは求められず、「臨場感」は明らかに大きく上回るものね(笑)。