子供の頃から歴史が好きで、
文章を書くのも読むのも同様に昔から苦ではなかったため、
いつしかその二つを合わせた仕事をしたいなと思うようになっていました。
だけどいくら好きでも知識は乏しいため、
本物の歴史を題材にした作品を書くには勇気がいる(苦笑い)。
それにぼくが歴史をより好きになったのは、
「銀河英雄伝説」とか「アルスラーン戦記」のような架空歴史小説を読んだおかげでもあります
(田中芳樹先生は心の師匠です(照))。


そんなわけでぼくも最初は臆することなく、
自分で歴史を創りだして書き上げていこうかなと思って、こんな話を書いています。
本物の歴史の雄大さや広大さには遠く及ばないけど、
それでもそれらから感じたこと、触れたことの一部でも表現できればと。


本当は架空にしても中世欧州をイメージしたものの方が読んでくれる人もとっつきやすいかなと思ってはいるんですが、
どうしても一番知識のある古代中国をイメージした方が書きやすくて(照)。
もっとも最近は、昔に比べて古代中国を舞台にした作品も多いし、
それほど読んでくれる人も抵抗ないかなと、都合よく期待しております(照)。


どんなのを書いてるかは上のブログタイトル下のリンク先になっております。


※…と思ってたんですが、指摘していただいて10代の人はやめておいた方がいいかなーという描写があったのに気づきました(照)。
エッチぃ方じゃなく残酷描写の方ね(汗)。
つい自分が10代の頃からそんなのも普通に読んでたものですから(照)。