先週が最終回だった「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」、
当然今週から放送がないわけで、
日曜はここにタイミングを合わせて生活していたところがあっただけに、
軽く鉄血ロス状態に入っております(苦笑い)。


とはいえこの作品の場合
「続編」とか「三期」を希望する気持ちには、あまりならない。
これ以上は続けようがないというか、
続けるとしたらまた彼らが戦いに赴かなきゃいけなくなるわけで、
あんなに苦しい思いをして、
仲間も何人も死なせてようやく手に入れた平穏な生活を壊させるのは、
観てるこっちがしのびない。
その上どうしても三日月とアトラの息子である暁も巻き込まずにはおかず、
さらに「それはダメ!」感が強まるよ。


他のガンダムだと結構続編を希望しないでもないが、
鉄血でそれを求める気にならないのは、
やはり負けて終わったガンダムだからだろうな。
ぼくはガンダム全編観ているわけじゃないけど、
他のガンダムのだいたいは、機体が壊れることがあっても、
主人公サイドが勝者やそれに近い立場で終わることが多い。
死んじゃって終わるのは、さらにない(行方不明や精神崩壊はあるけど)。


それだけに観てる方も、
より悲惨さに共感し(まだ消化しきれてない視聴者もいるみたいだ)、
せめて生き残った連中にはこれ以上苦しい思いをさせたくない、
という気持ちになるんじゃないかな。


ただ、だからといって「鉄血」の世界観をあのままで終わらせちゃうのはもったいないなーという気持ちにもなるのです。
個人的には久しぶりに最初から最後までしっかり観たガンダムだったっていうのもある。
特にマクギリスをはじめとしたギャラルホルン側の事情や、
彼らの時代に大きな影響を与えている「厄祭戦」について、もっと知りたい。


アニメは鉄華団視点で描かれていたわけだけど、
実は作中世界での彼らは脇役なんですよね。
あくまで事態の中心はギャラルホルンや四大経済圏。
だからこっちサイドの事情や事態の流れをきちんと描けば、
さらに物語が深くて広いものになる。


それだけでなく過去、厄祭戦がどういうもので、
どういう経緯で起こって終息したかがわかれば、さらに雄大な物語になりうる。
特にアグニカ・カイエルがどういう人物で、
どういう事績を残したのかがわかれば、
マッキーがあれだけこだわった理由や、
マクギリスの本性や真意をもっと知ることができ、
本編もより楽しめること請け合いだからね。


なんてことを書いてますが、
要するにぼくがこの辺を一番知りたいというだけではあるんですけども(笑)。
だってやっぱりマッキーはクーデターを起こしてから、どうもパッとしなくて。
それをだいたいの視聴者は「ヘタレ」「バエル頼み」「無能」で終わらせちゃうと思うんだけど、
個人的にはそれじゃ納得できないし、つまらないし、もったいないと感じちゃうんですよね。
彼の中ではそれ相応の理由があり、だからこそああなってしまったんじゃないかーというね。


ただこのテの話をする場合、アニメより小説の方が合ってる気もするんですよね。
登場人物の思考や心情の情報量がアニメでは表現しきれないほど膨大になる。
それになにより、あまり派手な戦闘シーンもなく、
アニメ的におもしろいものにはなりにくいとわかるだけに(苦笑い)。
厄祭戦の方はそうでもないかもだけど、
逆にモビルアーマーもモビルスーツも大量に出てきて本編より派手なものにしないといけないから予算的に厳しいだろう。
視聴率も取れないだろうし(苦笑い)。


だから矢立文庫という、またとない媒体もあるんだから、そこを活用してはどうかと(笑)。
http://www.yatate.net/
何なら俺が書くぞと結構本気で思ってはいますが(笑)、
でもそのためにはもっと世界観について知らないとなあ。
ウィキとかネットで調べた程度しかわかってないし、
もっといろいろ確認したいこともあるからな。