ダイヤルアップの時代かあ。我が家にもあったなあ。
うちはぼくら子供より親、特に父親の方が流行りに敏感なので、
最初にパソコン買ってきたのは親父でした(笑)。
ちょうど西暦2000年だったな、たしか。


で、ぼくも「ピーギョロロ~」という音を聞きながらネットを始めたんですが、
よく行ってたのが「HAND MAID メイ」っていう、
当時WOWOWでやってたアニメの公式サイトだったんですよね。
パンチラハーレムアニメですが(笑)、
でもいろいろ小ネタが入ってたり、造りがしっかりしてたりで、
実は相当完成度の高い作品だと思ってます。
実力あるスタッフが造ったB級映画みたいな感じ?


それはともかくとして、その公式サイトの掲示板の常連でして。
そこで知り合った人たちが最初のネット上の友人たちでした。


いやあ、めっちゃ楽しかったですねえ。
当時、ネットで何が楽しかったかって、
とにかく「同じ趣味で同じ感覚」を持ってる人たちとたくさん出会えたことが楽しかった。
リアルの友達だとどうしてもそこまでピッタリ合う人とめぐり合うのが難しいんだけど、
ネットだとめっちゃ出会えますから。
mixiがメチャメチャ流行ったり楽しかったりしたのは、
そういう要素が濃かったところもあるんじゃないでしょうか。


そこでやり取りをしたり、オフ会をやったりして本当に楽しかったんですが、
最初にネットの弊害にあったのもそこででした(苦笑い)。
ちょっといざこざが起こって、なんとか理解を求めようともしたんですが、これがまったくダメ。
こちらが伝えようとしてることを曲解され、それを正そうとしてさらに曲解され、さらに正そうとしてさらに曲解され、もうなにがなにやらわからないドロ沼(苦笑い)。
結局どうしようもなくなり、縁を切る形でそれっきりになってしまいました。
あれ以来「ネットで議論はしない」が、ぼくの中で絶対の不文律になってます。


ただ嫌なことも強烈でしたが、他にも楽しいことはありました。
ぼくのネット上の活動の基礎になってることですらある。


まずその掲示板でメイの二次創作、三次創作の小説が流行ったんですよね。
で、ぼくも書いて感想をもらえ、読んでもらうことの喜びを知りました(笑)。
もともと小説は書いてたけど、手書きで自分で書くだけだったから、とても快感でねえ(照)。


それとここで知り合った女の子とつきあったりもしました(照)。
結局別れちゃったけど、もう結婚してたりするのかなあ。


ダイヤルアップの次に我が家にやってきたのはISDNで、
その次はケーブルテレビの光ファイバーで、今に至ります。
我が家ではいまだに有線ですよ(笑)。
無線にする必要がないのと、変えるのがめんどくさいが主な理由ですが(苦笑い)、
有線の方が安心感があるのも理由です。
でも次のときは、もう無線とかにする方がいいんだろうなあ。