アニメ「銀河英雄伝説」のネタバレ、ちょっと入ります。


前々から話のあった「銀河英雄伝説」再アニメ化、ついに本格始動か。
ホントにやるんだなあ(笑)。
懐古厨からすると、もともとのアニメが滅茶苦茶すごいんで今度のアニメ化は
「無茶するなあ」「勇気あるなあ」という気持ちも強いのです(苦笑い)。
だってOVAで10年かけて完成させたアニメだからね、前作は!
そんなの空前絶後ですわ、きっと。


あとは「銀河声優伝説」と言われるほどの豪華なキャスト陣。
男性ベテラン声優さんで出ていない人はいないんじゃなかろうか(笑)。


ただ個人的に前作も、
映画から第一期まではあまり好きではないんですよね(苦笑い)。
現に一期~四期+外伝まであるアニメも、
二期以降は何度も観直してますが、一期はほとんどスルー(苦笑い)。
ちょっとアニメオリジナルのエピソードや演出を入れすぎて、
原作からはずれがちなところがあるというかねえ。


本編が終わってからの外伝、
アニメオリジナルエピソードの「叛乱者」「決闘者」「奪還者」は全然OKなんです。
すごくおもしろかった。
これはスタッフが銀英伝のキャラクターや世界観を完全に理解した上で作ったものだからだと思います。


だけど映画や一期に入ってくるオリジナルの演出は、
たぶんスタッフがまだその辺をわかってなくて、
はずれちゃいけないところまで逸脱しちゃってる気がするんですよねえ。
やらないでしょう、未遂とはいえヤンとジェシカがキスとか(苦笑い)。
それに「女優退場」をあんなサラっと流されて作られたのももったいないし。


たとえばマンガでも道原かつみ先生のと、
いまヤンジャンで連載している藤崎竜先生のとがあり、
道原先生の方は原作をほぼ忠実に再現しているのに対して、
藤崎先生は相当おもしろおかしく崩している(笑)。
だけど藤崎先生は銀英伝のキャラや世界観を完全に理解していて、
そのラインをはずれないからまったく不快じゃなく、
「そうくるか(笑)」という感じで楽しめてるんです。


だから今回の新作アニメも、
銀英伝への「愛」があれば全然大丈夫だと思っています(笑)。
むしろ「そうくるか」という新しい楽しさが感じられるんじゃないかな。


そうそう外伝といえば
「ダゴン星域会戦」と「ユリアンのイゼルローン日記」のアニメ化も、
まだあきらめていない(笑)。
前作でも作ってほしいけど、今回の新作で作ってくれてもいいのよ?(笑)