2008年のガンバ大阪以来優勝がなく、
Jリーグ勢の低迷が続いてるとされるACLことAFCチャンピオンズリーグ。
ぼく個人の感覚としては、優勝はなくても毎年ベスト16には2クラブ以上入っているし(2013年をのぞく)、
全体的にそこまで低迷している感はなかったんですが、
今年は久々に3クラブがベスト16へ、しかもすべて1位抜けと、
近年では最もいい成績でグループリーグを突破できたんじゃないでしょうか。
ガンバも第5節にギリで追いつかれなければ最終節で充分突破の可能性は残っていたし。


これまでACLでJリーグ勢が今一つ結果を出せなかったのは複数の理由が連なってのことで、
韓国・中国をはじめ他国の事情も関わってくるだけに、一慨に「これだけが原因」とは言えない。
ただ、国内だけを対象に一サポーターの感覚・印象だけで言うと、
ここ数年でようやくJリーグ全体でACLを戦う体制が整ってきたのが大きいかなと感じています。
それも物心両面で。


ぼくの中で10年くらい前までのACLの立ち位置は「ついでの大会」というところでした(苦笑い)。
まだ体制もレギュレーションも確立されておらず、
Kリーグ以外の国と戦う場合は、内容も結果も大差がつく楽勝も多かった。
負ければそりゃあ悔しいが(苦笑い)、出たからといってさほどの喜びもなくて、
存在自体にたいして「重み」やステータスがなかったんですよね。


また当時の日本は「国内」の次は直接「世界(欧州)」を意識していて、
アジアをそれほど重視していなかった。
今もその傾向はあるけど、当時はそれ以上だったと感じます。
韓国や中東の強豪以外には「勝って当たり前」的なところもあったからね。


だけど浦和やガンバがACLで優勝して、
中東の視界にJリーグクラブが入ってきたあたりから雲行きが怪しくなってきた(苦笑い)。
Jリーグで活躍する外国人選手をバンバカ引き抜かれ、クラブのチーム力が低下する。


さらに中国の「爆買い」がほとんどブームになり(苦笑い)、
中国のクラブチームの実力がこれまでと比べものにならないくらい強大になってしまった。
もともとトーナメント向きの戦い方が得意な韓国も今まで通り強力。
加えて中韓の二国は、日本より外面を気にする性質だから、
ACLにはより力を入れてくる(苦笑い)。


もう一つ、まだ顕著とは言えないけど、アジア各国、
特に東南アジアの各国が徐々に力を付けてきて「ボーナスステージ」とは言えなくなってきた。


それやこれやでこれまでは、
言い方は悪いがJリーグの「片手間」で勝てていたACLが、そうもいかなくなってしまった。


だけどここ10年で、ようやく様々なものが変わってきたような印象があります。
「カネをかけて強い選手をたくさん集め、
JリーグとACL両方を戦えるようにした」なんて単純な話ではないですよ。
もちろんそういう要素もありますが、それだけでなく、
クラブがACLを戦う前提でチーム編成を考え、そのための予算を組んだり、
リーグも全体でACLに出場するクラブの負担を軽減する方法や支援する方法を考えたり、
また選手も「ACLに出たい」という意識が強まったり、
サポーターの中でもACLの存在を相応の重みを持って受け入れられるようになったり。


そういういろんな要素が絡み合い、またACL経験も蓄積され、
リーグ全体の「ACL仕様への肉体改造」が実を結び始めたような、そんな感覚があります。


また、他国の状況を見てみても、徐々に状況は変わってきている。
中国の爆買いは、ビッグネームから断られることも増えてきたようで、
ようやく終息に向かいつつある。
韓国は経済の低迷もあり、企業チームの多いKリーグはその影響をもろに受け、
強化もままならないようです。
今年に限って言えば、K最強の全北現代が八百長問題でACLに出場できなかったりと、
サッカー界そのものにも問題があるらしい。
この辺、最近はJリーグも妙に問題が増えてきたから気をつけないといけないが(汗)。


それとACLの出場規定が今年から大幅に変わることも、
タイミングよくJリーグ勢の発憤材料になった面もあるか。
これまでは過去三年の、クラブ+代表の成績で各国リーグのACL出場枠を決めていたのが、
2020年からは過去三年の「クラブ成績のみ」に変更されたらしく、
つまり「今年から三年の成績」で2020年の出場枠が決まっちゃうんですよね、たしか。
日本は代表の成績はアジアトップクラスだけど、
そのアドバンテージが使えなくなるのは痛いからね。


今年もまだグループリーグが終わったばかりで予断は許されないけど、
今は追い風が吹いてきてるのは確かだと思います。
これで結果=優勝ができれば、さらに勢いに乗れるからね。
東京以外のクラブというのが気にくわないが(苦笑い)、
とにかくがんばってほしいもんだ。