横山智佐
パイオニアLDC
1995-06-28


以前、日記に書いたからOVAそのものについては特に書くことはないんだけど、http://suntu500.blog.jp/archives/1069140061.html
今日の昼間、偶然にも「そういやOVAはおもしろいのが多かったなー。プリティサミーはTVよりOVAの方がよかったなー。天地無用そのものもそうだったなー」みたいなことを考えてて、あまりにタイムリーだったもので(笑)。


OVA時代の一角を確かに占めていたアニメ会社AIC。
「エルハザード」「大運動会」などなどあれど、代表作はやっぱり「天地無用!」だろうな。
ぼくは「天地」の存在は知ってたけどOVAは観てなくて、TVシリーズを観て興味を持ってOVAにも手を出したんですが、おもしろかった(笑)。
TVシリーズもおもしろかったし、人それぞれの好みがあるだろうけど、ぼく個人としてはやっぱりOVAの方がおもしろかった。


OVAも二期以降はしばらく音沙汰なしだったのが、最近三期、四期と作られてるようで、すごいなと驚いています(笑)。
ただまだちょっと観てなくて、チャンネルNECOやファミリー劇場あたりで放送してくれないかなと期待しています(苦笑い)。


で、「プリティサミー」は「天地無用!」のヒロインの一人、柾木砂沙美を主人公にしたパロディなんですが、最初は本当に一度きりのシャレや冗談の類で作られた印象だったんですよね(笑)。
それが人気が出たのか、完全リニューアルで設定をしっかり作り直したスピンオフOVAが作られ、漫画化や小説化もされ、ついにはTVシリーズにまでなってしまった(笑)。


これ以降、「登場人物のロリキャラを魔法少女にしたスピンオフ」という流れをチラホラ見かける気がする(笑)。
最高峰は「リリカルなのは」かな。
「ゆるゆり」の「みらくるん」はちょっと毛色が違うが(笑)。


前述したように「天地無用!」も「プリティサミー」もOVAが一番の好みです。
なんだろう、なんか設定のバランスがいいというか。
やっぱりOVAがオリジナルだから、エッセンスが一番しっくりするし、いい感じに「濃い」んだろうな。


で、OVAのサミーは主題歌もすごく好きなんですよ。
砂沙美役の横山智佐さんが歌う「ちゃんと夢を見ましょ!」。
なんというか、正統派のアイドルソングと正統派のアニメソングが見事に融合していて、聴いてるとケレン味なく心と体に染み込んでくる感じがして。
今日の脳内リフレインはこれでした(笑)。


シリーズ構成は黒田洋介さんで、富士見ファンタジア文庫の小説も黒田さんが書いてらっしゃいます。
もちろん全巻買いました(笑)。


「サミー」といえば、笠原留美さん演じるピクシーミサだったり天野美紗緒ちゃんだったりしますが、ぼくは美紗緒ちゃん好きです(笑)。
演じるのはミサの方が楽しそうだったけど(笑)。


そういや「サミー」のOVAというと常に思い出しちゃうんですが、二巻「電脳帝国の逆襲」(1996年発売)の作中で「『秋葉原は?』『メシ屋が少ない』」という合言葉がありまして。
なんというか、今のメシ屋だらけの秋葉原に行くと隔世の感があるなあと(笑)。