今日は夏コミの初日。
いつも売り子の手伝いをしている(といっても座ってるだけ(爆))人のサークルへ、今日も行って座ってきました(笑)。


まーねー、夏のコミケといっても、開場前はまだいいんですよ。
午前中の早い時間帯だし「ちょっと暑い」くらいで。
暑さ対策しすぎると「ちょっと寒い」になりかねないくらいだし(笑)。
それが開場して人がドバーッて入ってきてしばらくしたら、もう蒸しブロですよ(苦笑い)。
人の体温ってスゴいなー、と毎回思うと共に、この蒸し暑さをどうにかして冬に取っておけないかと考えたりもしています(笑)(逆に冬の乾いた寒さを夏に取っておきたいと)。


で、今日は早めにコミケは上がって、日陰を選んでチャリで帰ってたんですが、とある本屋の前で「あ、今日はあ~るの発売日だった!」と思い出して急ブレーキをかける(笑)。
普段だったら忘れないんですが、今日はまずコミケがあったんでうっかりしてた(照)。


あとなにしろ「31年ぶりの最新刊」だからね(笑)。
「特別編」とか「番外編」ではなく、「第10巻」としての発売だからね(笑)(「究極超人あ~る」は全9巻でした(過去形(笑)))。
全巻持ってますし、9巻は初版を買ったはずだから、続けて初版を買ったことになるな(笑)。


この流れで11巻、12巻と出ないかな~。
ゆうき先生が無理せず楽しく描ける範囲で、隔月とか季刊とかでもいいから、短期連載とか読み切りを描いてもらって、それをまとめて出す…という感じで。


でも結構マジでいけるんじゃないかなと。
実は今日10巻を買った本屋さんでは、平積みになってたのがほとんどなくなってたんですよね。
ぼくが買った時点で残り2冊。
おそらく今日中に売り切れるでしょう。
横に並んでいたおそらく同日発売のマンガと比べても、あ~るのとこだけボコッとへこんでいて、明らかに突出して売れてたからね。


あと今さらながら「1987年」というのにニマついてしまう(笑)。
昔なつかしというのもあるけど(マックの「サンキューセット」とか懐かしすぎる(笑))、ぼくはちょうど1987年に高校一年だったので、これまでの日記にもちょいちょい書いてますが、ベンジャミンたちと同学年なんですよ。
だからなんとなく光画部の面々が本当に「センパイ」の感覚があるんですよねー(笑)。