サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

2016年10月

ちょっと前、昔から知ってるマンションが解体されるという日記を書きましたが、
今日も前を通ってみると、どうも普通に人は暮らしているし、
ちょっと工事内容のプレートを確認してみたら、解体じゃなく「大規模修繕工事」でした(照)。
壁面という壁面に工事ネットが張られていたから勘違いしてしまった(汗)。

でもまあノスタルジー的にはその方がありがたいのでよかった(笑)。
あのマンションをご存じの方、お騒がせしました(照)。

ネタバレ入ります。


ついに真の意味で「鉄血のオルフェンズ」が再開されたな。
つまりモビルスーツ戦がまったくないということで(笑)。

個人的にそこは全然気になってないんですが。
それどころか毎回ドンパチやってる方が嘘くさく、
ドラマに深みや趣が出なくなるから好きではないんですが、
そういうツッコミがあるのは確からしいので。
それも「ロボットアニメは毎回戦闘シーンがなければいけない」という思い込みやスポンサー要請でしかなく、
うれしそうに鬼の首を取ったようにツッコんでくる方がどうかしてると思うんですが(苦笑い)。
少なくともガンダムみたいな「ロボットアニメ」が好きな人は、
戦闘シーンがないくらいで文句を言うほど幼くはないでしょう。


鉄華団の子供たちは最初から悪い大人と戦ってきたけれど、
これからはこれまでと違う悪い大人と戦わないといけなくなってるか。
これまでは「野卑」「粗暴」と、
どっちかといえば鉄華団と同じ方向の大人が相手だったけど、
これからは「陰険」「狡猾」って種類と戦わざるを得ず、
こっちはまったく鉄華団の苦手分野だからいいようにされてしまう。
頭を使う方の団長でさえ、こっち方面じゃ二流以下だろうもんねえ。


鉄華団は「大人」が決定的に不足しているのが致命的だ。
このままだと立ちゆかなくなって崩壊してしまう。
かといってラディーチェさんみたいな大人を入れても内部から自壊するし、
かといって下手に優秀な男だと
今度はオリジナルメンバーが追い出されて乗っ取られてしまいかねない。

本当は名瀬あたりの傘下に入って、戦闘部門だけを受け持ちつつ、
その他の実務面の経験を積んでいくのがいいと思うんだが。
でもそのあたりはいきなり「実戦」をこなす方が成長も早いかもしれない。
名瀬も年齢からすれば、
オルガたちとどっこいくらいの頃から現場で指揮を取ってた風にも見えるものなあ。


テイワズは超放任主義なんだな、きっと(苦笑い)。
現実社会という谷に蹴り落とし、這い上がって来られなければそのまま捨て去り、
使えるヤツだけ傘下に置いて保護しつつ、適正な利益を吸い上げる。
責任は負わずに成果だけ得られる、見事な教育法だ(笑)。


でもまあラディーチェさんは死亡フラグが可視化すらして見えそうだけど(笑)。
再来週まで生き残れるかなあ(笑)。

タカキとアストンには見え隠れするが、大丈夫か?(汗)
これでタカキが死ぬと、
ビスケットに続いて「かわいい妹がいる兄貴は死ぬ」というジンクス(?)ができてしまう(笑)。


しかしミカはいつまであれ食ってんだ(笑)。
もしかしたら一種の運試し、ゲンかつぎもあるかもしれないけど。
でも時々他人に迷惑をかけるのはヤメロ(笑)。
予告ですら言われていたからな(笑)。

最終節を前に名古屋が16位をキープ。
今日0-3で負けたため同じ勝ち点で15位の新潟との得失点差も3に広がり、
「勝っても他力」といよいよシャレにならない状況に陥ったか。


磐田は引き分け以上の自力で、
たとえ負けても下の3クラブのどこか一つがコケれば残留決定だし、たぶん大丈夫だろう。
これで駄目だとそれはそれで問題だ(汗)。


甲府はまだヤバいかもだが、ダヴィもドゥドゥもいるし、一発が出れば安泰だ。
ただ、今日の甲府vs湘南は観てたんだけど、
自分で打てるところをわざわざマークが複数ついてるドゥドゥにパス出したり、
なんか他の選手が遠慮してるように見えて、そこが心配かな。
そのせいもあってか今日は得点どころかシュートもほとんど打ててなかったしなあ。


状況的に一番ヤバそうなのは新潟か。
今日負けた上に退場者が複数出て、最終節に中心的外国人選手がいないときたもんだ。
ただ最後はホームで戦えるのと、
(人のことは言えないが(汗))今年はイマ一つ調子のあがらなかった広島が相手でワンチャンあるかもしれない。
ラファエル・シルバもレオ・シルバもいないけど、
逆にそれで日本人選手がまとまって小気味いいサッカーができるって可能性もあるしね。

ただし今日のガンバ戦、
負けるにしても1-2で終われず最後に失点して1-3と、
せっかく名古屋との得失点差を2広げられるチャンスを1しか広げられなかったのがどうなるか、
ちょっと気になる。


それでも個人的には名古屋が一番ヤバいと感じてはいる。
順位的なこともだけど、なによりメンタルの部分で。
当該4クラブの中、降格争い初体験は名古屋だけで、
プレッシャーはハンパないだろう。
うちも何年か前に降格しちゃったけど、
観てるだけのこっちすら吐きそうな重圧だったからね(汗)。
東京は最終節で勝てば残留できるという自力ですらあったのに、
結局負けて神戸にまくられての降格だった。

上位争いとか降格争いとか、
ギリッギリの戦いの経験があればまだしもだったかもしれないが、
中位が定位置だったうちにあのプレッシャーはキツすぎた。
そしてうちと同様、中位力抜群の名古屋。
監督交代という劇薬も切れ、復帰した田中くん効果も薄れた今、
しかも勝利が絶対条件とくれば、
外から見た限りメンタル的には勝てる要素が見当たらないんだよなあ。
まあチーム内で即効性の何かもあるかもしれないが…


相手が湘南なのは有利という意見もあるかもしれないが、これもそう単純じゃない。
なにしろうちが降格したときの最終節、0-2で負かされたのは、
その年すでに降格が決まっていた京都だったからね(苦笑い)。
今日も湘南は甲府に勝ったけど、降格争いのプレッシャーから解放された分、
選手もノビノビ戦える利点がある。
多少の戦力差は無意味だろう。


名古屋も最終節はホームで戦えるし、サポーターもめいっぱい来ると思うけど、
これも吉凶どっちが出るかわからん。
なにしろサポーターも降格争い初体験で、
応援より悲愴感がスタジアムに満ちたりしたら、
選手へのプレッシャーはまともに走れないほどのものになるんじゃなかろうか。
そして湘南に先取点を許したりしたら、そうなる可能性は一気に跳ね上がる。


どうにも名古屋不利というか、
名古屋に落ちてほしいような書き方をしてしまっているかな(苦笑い)。
そんなこともないんだけど、
落ちてもすぐに上がってこられそうなのが名古屋と感じているのはあるかな。
一年で復帰できれば降格のダメージはさほどじゃなく、
来年の今ごろには
「J2も楽しかった」「これはこれでいい経験だった」とか言える可能性も高いしね(苦笑い)。
たぶんうちとかガンバのサポーターも同じことを言っていたはず(笑)。
ホント、一年で復帰できたからこそ言えるんだけどさ(笑)。


でもまあ、どうなるかは本当にわからん。
これで名古屋が生き残ったら
「みっともねえ予想しやがって! バーカ、バーカ!」と言われる覚悟はできています(笑)。
土下座の練習もしておこうか(笑)。

まったく個人的な話ですが、
ちょうどダイレンジャーを放送していた時期に自動車教習所に通っていたのです。
だからダイレンジャーと聞くと、あの頃の記憶がよみがえる。
苦しかった…(笑)


ぼくもご多分に漏れず、自動車教習所では苦労しました(苦笑い)。
特にギヤチェンジと縦列駐車が苦手でねえ。
今はペーパードライバーだからさらに苦手になってるはず(苦笑い)。
それに当時はバリバリの現役ニートだったせいもあり、
それもまた苦い記憶に拍車をかける(爆)。


通ってた時間もニートらしくだいたい午後遅くだったし、
冬場だったこともあって、夕方から暗くなって。
今は無くなっちゃった晴海のコヤマドライビングスクールってところに通ってたけど、
帰りとかすっかり暗いから、気分も一緒に暗くなって。


実技だけじゃなく学科ももちろん受けていて、
机に座りながら金曜の5時とか6時になると
「あ、そろそろダイレンジャーだ」「あ、そろそろチャチャ(赤ずきんチャチャ)だ」とか考えてた(照)。
もちろんタイマー録画して帰ってから観るわけだけど(笑)。


そんなこんなで数ヶ月かけて取った免許でしたが、
金銭的に両親に負担をかけた自覚もバリバリにあったので、
取得後、運転手を頼まれたらどんなときでも二つ返事で引き受けていましたよ。
そのくらいはさすがにね(苦笑い)。

肝付兼太さん。
「オタク」になる前、子供のころから名前を知っていた数少ない声優さん。
ドラえもんのレギュラーだった人はやはり強い印象がある。
あとはタイムボカンシリーズか。
そういう方たちが次々と亡くなってゆく。
当たり前のことだし仕方のないことかもしれないけど、
自分の子供時代がどんどんおわっていくような寂しさも感じずにはいられません。

だとしても、生きてる間はぼくも、ぼく以外の人たちも、
肝付さんや他の亡くなった方たちのことを忘れないでしょう。
それがみなさんが「役者」として生きてきた最大の証で、
ぼくらにできる最大の恩返しになるでしょうから。

ジャイアンが逝ってスネ夫が逝った。
あの世の定員は「三人用」どころか無量大数だろうけど、
のび太たちの席はまだ用意しないでいてね。

偶然ですが、聴いていた音楽から
ちょうどささきいさおさんの「銀河鉄道999」が流れてきました。
車掌さん、どうぞすてきな終点まで送ってあげてください。


肝付さん、楽しい子供時代をくださってありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。

このページのトップヘ