サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

タグ:アイドルマスターシンデレラガールズ

今期のアニメすべてを観たわけじゃありませんが、
個人的に今年は「アイドルマスターシンデレラガールズ」がダントツでした。
もしかしたら今年というより、ここ数年でダントツだったかもしれないな。
そして最初に言っておく。
おれはゲームはやっていない(爆)。
デレマスの知識は、基本ニコニコ動画や静画、Pixivだけです(照)。
でもだからこそっていうところもあるのかもしれないな。


今期ナンバー1の根拠はいくつもありますが、
究極のところ「ぼくの感性にバッチリ合った」というしかないです(苦笑い)。
デレマス(アイドルマスターシンデレラガールズの略語)も
言ってみれば萌えアニメ(死語?w)の一つにすぎませんが、
本当に作りがていねいだったところがまったく違った。
それは作画がとか脚本がとか演出がとか演技がとか、そういう端的なことだけじゃなく、
総合的に俯瞰(ふかん)して作品の全体像を明確にイメージしつつ、
それを表現するために意図をもって細部を作り上げていったという感じ。

しかも全体像自体が、確かに存在するけどはっきりと見えるものではない。
もちろん「アイドル活動を通じて仲間と一緒に成長する」というのがテーマだろうけど、
それだけでとどまらない深さと寛さが感じられたんですよね。
ぼくはこういう「確かにあるけど感じきることのできないものを表す」というのが大好きなんです(笑)。
10年くらい前になりますが、
「D.C. ~ダ・カーポ~」のアニメ一期がデレマスとテーマは違うけど
この感覚を味わわせてくれて今でもとても感謝しています。


感覚による高評価だからそれこそ他の人には伝わらないかなーとわかってはいるんですが、
昔「湾岸ミッドナイト」ってマンガで、おもしろくてわかりやすい比較表現がありました。
「同じコーヒーカップでも、100円ショップで売ってるものと名人と呼ばれる人が作ったものじゃ、形はほとんど同じでも持ってみたときの感覚がまったく違う」
うろおぼえなので一字一句同じじゃないだろうけど、
ぼくにとってのデレマスのアニメはまさしくこの感覚だったんですよね。


ちょっと他の作品の名前を出して申し訳ないですが(汗)、
「艦これ」のアニメも、シナリオが駄目だとか、如月が早々に轟沈してしまったとか、
シリアスなのかギャグなのかあやふやだったとか、
酷評の理由はいくらでも挙げられるだろうけど、
そういうハッキリした部分だけであそこまで言われることはないと思うんですよね。
それだったらもっと他のアニメも同様にボロカスに言われても仕方ないのもある。
もともと大人気ゲームで言う人が多かったからここまで炎上しちゃったっていうのもあるだろうけど、
もっと何か、言葉にしての説明は難しいが
根本的な部分がズレていたからこその酷評だったんじゃないかと思ってます。


それから全体像を表すための細部と書きましたが、
細部自体がそれぞれスゴい出来というのも驚きでした。
ライブシーンとかもだけど、視聴者の意表を突くアイデアがね。
いい意味で、という言葉では足りないくらい
ピンポイントでジャストフィットのアイデアばかりでした。
ユニットのシャッフルはアイドルの新たな魅力を気づかせてくれたし
(*ことみくりーなが顕著だったかな)、
声のついていなかったアイドルに何の前触れもなくいきなり声をつけるなんて、
プロデューサー全員が驚喜したんじゃなかろうか(笑)。

そして何より武内駿輔くんの発掘だ(笑)。
この一点だけでもデレマスは今期最高のアニメと言っていいかもしれないな(笑)。
これからはぜひ腐のお姉さんたちにも気に入ってもらえるような役にもついて、
大人気声優になっていただきたい(笑)。
そして将来は羽佐間道夫さんとか玄田哲章さんとか、
いるだけで重さを感じ、圧倒され、それでいて安心感を与えてくれるような
本格派声優になってほしいもんです。
そして将来おれたちに
「武内さんが最初に人気出たアニメはねえ~」とか自慢げに語らせてくれ(笑)。


とまあ他にもいくらでも語れますが、
ぼくがデレマス推しの理由の中心は、だいたいこんな感じです。
何度も書いていますが、このあたりはぼくだけしか感じていないのかもしれないけど、
スタッフもそんなつもりで作ってはいないのかもしれないけど(苦笑い)、
それでもいいんです、そう感じちゃったんだから(笑)。
次にこのスタッフが作る作品も観なくちゃね(笑)。

余談というか、
最初に書いたように、ぼくはニコニコやPixivがメインでデレマス好きになりましたが、
中でもこのお二人は別格です。

ハリアーP
http://seiga.nicovideo.jp/comic/9077?track=mym_favorite

かめれさん
http://seiga.nicovideo.jp/user/illust/531090

ハリアーPの方はテニプリ好きにもおススメです(笑)。

この前の第4回アイドルマスターシンデレラガールズ総選挙で
何と2位に躍進したみくにゃんこと前川みく。
アニメでの扱いがよかったからという意見もよく見るけど、
個人的にはそれだけが理由じゃないなと感じてもいます。
なんというか、みくにゃん自身がどんな反発や反感にも考えを曲げず、
繰り返し繰り返し続けてきて、その力で評価をひっくり返したようなイメージ。


ネコ耳をつけ、語尾に「にゃん」をつけ、あざといほどキャラクターを作ってきた前川みくにゃん。
そのあざとさが鼻についたか、ファンの間でも素直に応援したり好きになったりする人はまれで、
どちらかといえばネタキャラ扱いだったように感じます。
その端的な例が動画などでよく見かけた
「失望しました。みくにゃんのファンやめます」というネタコメント。
べつにみくにゃんの話題じゃなくても入れられてしまうこのコメントにみくにゃんの扱いがわかる。


だけどみくにゃんはそんな逆境の中でも、ずーっと自分を曲げずにキャラを押し通してきた。
そこに「輝け青春☆スクールガールガチャ」カードの
通称「前川さん」こと制服姿のみくにゃんの
普通のかわいさ、ギャップのかわいさにしてやられ(笑)、
さらにアニメで実は他の誰よりも貪欲に真剣にアイドルになろうと努力している姿が描かれて、
一気に評価が覆る。


でもアニメでよく描かれただけで評価が急上昇するなら、
他のキャラももっと上がってもいいように思うんですよね。
その中でみくにゃんだけが想像以上に上がったのは、
こういうブレない活動を初登場からずっと積み重ねてきたことを観ている方が知っていて、
アニメをきっかけにそのすごさ、すばらしさに気づかされ、
予想以上に感動したからなんじゃないかなと。


みんなにバカにされ、揶揄され、妨害される逆境・逆風の中、
ずーっと自分を曲げずに繰り返し続けることによってついに成功する。
それは現実世界でもしばしば見かけるし、二次元のキャラが作中で達成することもよくある。
だけど今回の場合
「二次元のキャラが本人の努力で三次元の人間の評価を覆した」と感じさせられるのが
ものすごい話だなと。


もちろん二次元キャラはあくまで架空の存在だし、
「前川さん」やアニメで制作側が「狙って」人気を逆転させたってのはあるでしょう。
でもたぶん、制作側の意図や予測を越えた部分もあったんじゃないかなというのもあります。


IM@Sに顕著だけど、
最近は制作側と視聴者側が呼応してキャラクターを育てたり作り上げたりしていくところがあり、
それがおもしろいところだけど、
今回のみくにゃん躍進は、またこれまでにないものだったんじゃないかなと思ってたりします。

春アニメが始まってちょっと経ちましたが、冬アニメ最後の感想を(笑)。
今回の冬アニメでは個人的に3つお気に入り。
「Gのレコンギスタ」「ユリ熊嵐」は前にも書きましたが、
この二つはどっちかというと例外的というか今の主流とはハズレてるというか、
そういうのと関係なくおもしろかったですけども、
「アニデレ」ことアイドルマスターシンデレラガールズは時流の中でおもしろかったね!
もともとアイマスびいきのところがあると自覚してはいるけど、
それ抜きにしてもおもしろかったと言い切れるよ、絶対。


ネタバレ入る上に長いです(照)。


まずなにより作りがていねいだった。
作画的にもものすごく細部にこだわっていて、
それだけでも観ていて感心したんだけど、シナリオが絶妙だったのがなによりすごい。


最近の1クールアニメは3話までで視聴者をつかまないといけないらしく、
アニデレもそうだったんだけど、この3話にまず圧倒された。
アイドルになりたての主人公格3人が、
トップアイドルたちのイベントのバックダンサーに抜擢された演出が見事。


ダンスの練習を懸命にこなし、なんとか形になったところで本番の日。
それでもステージ経験なんてまったくない三人だけに、
リハーサルでの他のアイドルの慣れた様子や、
スタッフたちのキビキビした緊張感のあるプロらしい仕事ぶりに押され、
あまりにも場違いなところに放り込まれた不安感がこっちにまで伝わってきた。
なにしろ三人とも普通の高校生に毛が生えた程度どころか、
これから生えようかというような状態だ。
文化祭で舞台に立つレベルで緊張しまくりだろうに、
それがプロのステージなんだから緊張状態もハンパじゃない。
未央なんて脳が飽和状態になって会話すらままならなくなり、
観てるこっちも彼女の心情が手に取るように感じられ、
不安感がたまりませんでした(苦笑い)。


ここで未央と凛のキャラクターを際立たせたのもすごかった。
普段は元気で明るくみんなを引っ張っていくタイプの未央が、
こういう土壇場ではいっぱいいっぱいになってしまうメンタルの持ち主で、
普段あまり前に出るタイプではない凛が他の二人を励まして引っ張っていく。


これで未央はメンタル弱いとする見方もあるけど、
個人的には「メンタルの種類の違い」と考えています。
たとえば順風で思い切り帆を広げてグングン加速して距離を稼ぐのと、
逆風の中、帆の角度を変えてジグザグながらしっかり前に進んでいくのと、その違い。
逆境に強い方がメンタル強いとされることが多く、
それは一面の真理ではあるけど、
たとえば凛みたいなタイプは順風でも帆は広げず、さほど距離は稼げない。
これは目立たないけど実は相当マイナスなんですよね。
順境でそれを最大限活用するというのも、立派な才能と実力です。
だからちゃんみおは順境におけるリーダー、凛は逆境におけるリーダーで、
実はニュージェネレーションズのバランスは抜群という見方もできると思っています(笑)。


で、ここまでの演出だけでもすごかったのに、ここからがさらにすごかった。
出番が来て、舞台裏にやってきて、
先輩アイドルの励ましやアドバイスを受け、
徐々に開き直っていく過程。
そしてステージに上がった瞬間、
それまでのプレッシャーから一気に解放され、「ステージの喜び」を享受する三人。
それを観てるこっちにも存分に感じさせる演出が、感動的ですらありましたわ。


普通のアニメだとここでは失敗してしまい、
それを糧に次回がんばって成功させるとか、
あるいは天才をモチーフにした作品なら、
失敗を逆手に取って大成功させるという演出になるだろうけど、
それを越えてみせた、少なくとも一味違うものを表現しきってくれたのがたまりませんでした。


そしてさらに圧巻だったのが、この「成功」すら6話の伏線だったというね。
さほどアイドル界の知識もなくアイドルになってしまった未央が、
最初に出演したトップアイドルのステージを基準に考えていたため、
自分たちのデビューイベントでの人の少なさに愕然。
これが普通だしここからがんばっていくんだというのを、
プロデューサーや他のアイドルはわかってるだけに
(凛もわかってなかったっぽいけど気にはしてなかった)、
このイベントも「成功」だったんだけど、
プロデューサーの言葉が足りなかったのもあって、
見た目以上に繊細な未央が激昂して一気に状況が暗転ときたもんだ。


これの展開はまったく予想外、想定外。
視界の外から奇襲を受けたような感覚で、
スタッフにあまりに心地よく掌で転がされてしまいましたわ(笑)。
というか、こうやって転がしてもらうのが視聴者の快感でもあるからね、
たまらなかった(笑)。
そして視聴者の方が未央よりアイドル界の知識があるから(笑)、
あれが「成功」というのもわかるし、
でもちゃんみおの気持ちもわかるしで、
相当本気でハラハラしてしまったよ。


ここでの島村さんの「天使」っぷりもすごかった。
ここまで未央と凛のキャラの強さに目立たなかったけど、
あの自然なブレなさかげんに、
プロデューサーだけでなく視聴者がどれだけ癒されて勇気をもらえたか。
島村さんが無自覚ながら「アイドル」がどういう存在なのかをしっかり理解しているのが感じられて、
さすがお姉さんというか、誰がニュージェネレーションズの「核」なのかもはっきり伝わった。
引っ張っていく未央と、押してゆく凛と、核・基盤となる卯月とね。
バランスや構成が完璧じゃないですか、ニュージェネは(笑)。
もともとキャラ設定がしっかりしているとしても、
アニメスタッフのその活かしっぷりも見事すぎましたわ。


そして島村さんに勇気づけられたプロデューサーの決心が、
時間が経って自分のいたらなさをじわじわと自覚していたちゃんみおをもう一度引っ張り上げ、
ブレてしまった凛も引き上げて、また最初からしっかりやっていこうという。


で、ここまでが前半6話で、後半は一話ずつ他のアイドルたちにスポットを当ててゆく。
この全体の構成も見事でした。


さらに視聴者にとって思いもかけないアイドル同士でユニットを組ませるのも
予想外でおもしろかった。
他のユニットも相当予想外だったけど、
中でも杏ときらりは鉄板だとみんな思ってたのにそれをはずし、
おそらく誰もまったく考えていなかっただろう、みくにゃんとだりーなを組ませる意外性。
しかもそれぞれのユニットで、
しっかりアイドルたちの新しい特長や魅力を引き出してる演出がすごかったねえ。
特にユニット名「*(アスタリスク)」の前川さんとだりーは、
鉄板だっただりなつに匹敵するくらいの印象になってる、自分の中では。
すでに視聴者の中では「解散芸」も確立されているしな(笑)。


それと声がついていなかったアイドルたちに、
ちょいちょい声がついて出演するのもすごいサプライズだったね。
それぞれのアイドルのプロデューサーたちは画面の前で悶絶していただろう(笑)。
ただ個人的には
「それならアニメ放送直前にやってたボイス争奪戦はいったい…」
という気分にはなってるんだが(苦笑い)。
橘さんアニメにも出てこなかったし、
彼女のプロデューサーたちは複雑かもしれないと(苦笑い)。


最初にも書きましたが、作りが丁寧というのも随所に感じました。
346プロのフロアの雰囲気とか、
「自分の会社があんな感じ!」と感じた視聴者も多かったんじゃないかな。
他にもアイドルの服とか、乱れた髪とか、本当に細かいところまで。
ライブで凛と卯月の髪が汗で貼り付いてるところとか、
熱出して寝込んだ島村さんの髪が寝癖でもじゃむーになってるところとか(笑)、
ああいうところがしっかりしてるとホントに作品が締まって深くなるんだよなあ。


あとシナリオで個人的に「うめえ…!」と感じたのは、
原宿で凸レーションと美嘉とプロデューサーが行き違いになるシーンです。
ああいうのってたいていご都合主義で強引になったりわざとらしくなったりするのに、
そういう感覚がまったくなかった。
シナリオは全話通してマクロもミクロも本当に隙がなく、
観ててコンプレックスすら感じてしまいましたわ(苦笑い)。


そしてこのアニメ最大のサプライズ&最大の収穫(笑)。
外の人・プロデューサー&中の人・武内駿輔くんですわ~。
これは抜擢したスタッフすら予想外・予想以上の大人気だったんじゃないかなあ。
アイドルより武内Pを目当てで観てた、
少なくともアイドルと同程度に武内Pを目的に観てた人がほとんどだったんじゃなかろうか。
自分もそうですし(笑)。
武内Pの出番が少ない時なんて不満だったしなあ(笑)。


武内Pについては前に日記に書いたから今回はスルーだが、
http://suntu500.blog.jp/archives/1017356350.html
http://suntu500.blog.jp/archives/1020764687.html
武内くんのインパクトは本当にすごかった。
どんな分野でも、素人が見てすらモノが違うとわかる才能や素質があるけど、
武内くんはその域にいる人だろう、きっと。
ちょっと前、同じ声優界でいえば沢城みゆきちを初めて観たとき、
似たようなものを感じた人は多かったんじゃないかな。
サッカーファン限定のわかりやすい例を挙げるなら、ガンバの宇佐美みたいなもん(笑)。
そのくらいすごいんですよ、本当に。


軽く余談っぽくなるけど、
最近の1クールアニメは途中で総集編や出演者・スタッフのトーク回があったりすることが多い。
これはいろいろ言われることもあるけど、
個人的には作品のクオリティを保つには仕方ないだろうという気分があります。
まったく鬼の首を取ったように「作画が作画が」と文句を言うくせに。
そんなだったら少なくともカネを出せカネをと。


それはともかく(苦笑い)、
アニデレも出演者のトーク回がありましたけども、
これすらうまく使っていたのがお見事(笑)。
ニュージェネの声優さん三人もですが、
やはりなにより武内くんを出演させるのがね(笑)。
そのくらいみんな武内くんが好きで、
だから周りも大事に育てて、本人も自覚をもって育ってほしいと感じます。
身勝手だけど観てる方は、これからが本当に楽しみでならないから。


アニデレは女性スタッフが中心だったみたいだ。
ぼくがそう感じるだけかもしれないけど、
こういう男性向けアニメを女性が作ると、
本当に傑作が生まれることが多い気がする。
10年くらい前になるけど「D.C. ~ダ・カーポ~」のアニメも本当に出来がよかった。


やっぱり男性スタッフだと、どうしても女性を理想化したり、
男にとって都合のいい性格や振る舞いをさせたりしてしまいがちで、
それが男の視聴者にとってはいいかもなんだけど(笑)、
でもやはりリアリティのある繊細さは女性スタッフにしか出せない気がする。
そのあたりが男が作る女性キャラでは突けない「ツボ」を突いてくるんですよね。


あんまり女性らしさを出し過ぎると、
ややドロドロして個人的には観にくくなるんだけど(苦笑い)、
そのあたりを絶妙な匙かげんでコントロールしてくれた作品は本当にお気に入りになる。
アニデレも間違いなくそういう作品でした。


また男性女性関係なく、スタッフの力量自体が本当にすごかった。
全体的にも、微細的にも、作品を完全に自分たちのコントロール下に置いて、
1話ごとだけでなく13話を「一つの作品」として描き切ってしまった。
この総合力はちょっと感動的ですらありましたわ…


まだまだいくらでも語れますが(笑)、3ヶ月後、第二期。
すでに制作に入っているだろうけど、とても楽しみにしています!
お世辞抜き、ガチでね!
しかしちょっと不安なのが、まさか武内Pがいないってことないよね…?(汗)
もしそうだったら自分的にはテレビの前で「ノオオオオオオ!!」って崩れ落ちるだろうから(笑)。

昨日の「アイドルマスターシンデレラガールズ」は総集編というか特別企画だったけど、
一番の見どころはプロデューサー役の武内駿介くんの顔出し出演だったね。

アニデレ第一話ででかい・こわい・無口・不愛想、
しかし渋いイケメンボイスの大インパクトで登場したプロデューサー。
おそらくアイドルたちよりインパクトがあって、
今現在彼を一番の目当てに観ている人も多いはず。
ここにも一人いるし(笑)。

その人気の大きな要因の一つが中の人、武内駿輔くん。
さっきも書いたように渋いイケボのプロデューサーの声を当てているんだけど、
その正体(?)がなんと17歳の現役高校生と知った時のインパクトは
プロデューサー登場時を越えた(笑)。
もちろん子役的にローティーンの男の子が声を当てたりすることはあるし、
多くはないけど中学生、高校生で声優デビューして第一線でやってく子もいる。
だけど男子のハイティーンで、しかもあれほどのイケボ
(一部では「耳が孕む」と言われている(笑))を出せる人はざらにはいない。
実際、そのケはまったくないんですが、
ぼくも耳元でささやかれたら思わず腰が砕けそうになるんじゃないかと(笑)。

外見的にも高校生離れをした落ち着きがあり、
「中堅アナウンサー」「二人の子持ち」等々、
本人が聞いたらショックを受けるんじゃないかとも思うんだが、
しかし否定はしにくいとも感じて(苦笑い)。
だから昨日、動く武内くんをはじめてしっかり見られるということで、
楽しみにしてたんですよ。

スーツ姿で登場(笑)。
やはり高校生離れした外見だったけど、思ったよりは華奢だったな。
いや、充分にしっかりした体格だけど、
無意識にプロデューサーのイメージと重ねていたらしい(苦笑い)。
そして受け答えやトークもしっかりしていて、
やはりここも高校生離れしていたが、
でも端々に10代の雰囲気が感じ取れて、ちょっと安心した(笑)。
ちょっと学校の制服姿も見てみたい気はするが、どうだろう(笑)。


どの業界(?)でも、
プロになるような人は一般人から見れば天才クラスに才能があるけど、
その中でもさらに飛び抜けた力を持つ新人がいたりする。
素人が見てもモノが違うのがわかる、というレベルの人で、
ここまでの人はそうそう現れるもんじゃない。
よく言われる「10年に1人」というやつね。
90年代くらいまでの巨人のドラフト1位は毎年10年に1人の天才が入団してたが(笑)、
そういうのじゃなくホンマモンの人だ。
おそらく武内くんはこの部類じゃないかなと。


ただそういうバケモンクラスでも必ず大成するとは限らないってのもよくある。
だから本当に大事に育ててほしいし、自分でもしっかり育ってほしいと心から思うよ。
なんか、なんとなく初めての気がするんだよなー。
こう、中の人と外の人を同じように好きになってファンになるっていうの(笑)。
異性だと結構ある気もするんだが、同性だと初めてだ。
なかなか新鮮なおもしろさを感じているので、ぜひこれからもよろしく(笑)。

ネットで「だりーなは観てると昔の自分を思い出し、いたたまれなくなって笑えない」
というのを結構見かける。
アイドルマスターシンデレラガールズってソーシャルゲームのキャラクター、
アイドルの一人である多田李衣菜(愛称だりー、だりーな)ですが、
もう一つの通称は「にわか」(笑)。


なぜそうなったのかわからないですが、なんだか急にロックに目覚め、
なにかというと「自分はロックをわかってる」を前面に出してくる。
だけどロックについての知識はほとんどないし、楽器も弾けないため、
知ったかぶりやとんちんかんなことを言ったりしたりする「にわかわいい」設定のキャラなんですが、
そのあたりに古傷をえぐられる人が多いらしい(笑)。
中学生くらいになるといきなり洋楽に目覚め
「やっぱ日本の音楽はダメだよなー。本場の足下にも及ばないわ」とか言い出すアレだ。


ぼくの場合、洋楽にもロックにも目覚めることがなかったので、
だりーなは普通におもしろかわいいだけなんですが、
モバマスの場合、アイドルの数が多いだけに油断が出来ない(笑)。
だりーなはもともと中二病設定ではなく、
結果的に視聴者やファンの中二的古傷をえぐっているだけだけども、
モバマスにはあと二人、種類の違う中二病キャラ(刺客)がいる(笑)。


一人は神崎蘭子。
邪気眼とか天界とか魔界とかそっちに意識がいっちゃってるタイプ。
ただぼくらが中二病世代まっさかりの頃は、
このタイプはまだほとんど生まれてなかったんですよね。
SFブームが終わりかけ、ジャパニーズファンタジーが流行り始めたくらいの時期だったから。
おかげでここもぼくはスルー出来ており、普通におもしろかわいいで観られる(笑)。


だけど最後の刺客からは逃れられなかった(苦笑い)。
二宮飛鳥。
世の中を斜に構え諦観したように見て、わかった風な口を利くタイプ。
この子には思い切り古傷をえぐられて、見てていたたまれなくなります(苦笑い)。
別に本当にこの子みたいなしゃべり方をしてたわけじゃないんだけど、なんかわかる。
わかるだけでえぐられる(苦笑い)。

まだこの子はアニデレには出てこないけど、出てきたらキツいだろうなー(苦笑い)。
フュージョンPの動画ではものの見事にそこを表現してくれていて、
奈緒ちゃんの気分を味わっております(笑)。



このページのトップヘ