サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

タグ:アルスラーン戦記

アルスラーン戦記全体のネタバレ入ります。


田中芳樹さんの「アルスラーン戦記」最終巻が脱稿されたそうです。
ぼくが田中先生のファンになったのは比較的遅く、高校三年生のときだったんですが、
銀英伝にハマってから、アルスラーン戦記はもちろん、
創竜伝、マヴァール年代記、タイタニア、
自転地球儀シリーズ、夏の魔術シリーズ、灼熱の竜騎兵、等々、
買いまくって読みまくりましたよ(笑)。
とにかく20代の頃は、
田中先生の本を読まない日がなかったんじゃないかってくらい読みまくっていたので、
ぼくの文章は完全に田中先生の亜流です(苦笑い)。
まあ亜流やパクリにも届いてないかもしれませんが、
とにかく影響はメチャメチャ大です。


田中先生は当時ご自分で「作品を完結させないと気が済まない病」(だったかな?)とおっしゃってたんですが、
言葉とは裏腹に、作品のことごとくが未完だった(苦笑い)。
上に書いたシリーズものでスムーズに完結したのは、
銀英伝とマヴァール年代記だけじゃないかな?
それだけに「お前は何を言ってるんだ」的なツッコミも多かったんですが、
ここ数年、夏の魔術シリーズ、タイタニアと完結されてゆき、
今回はついにアルスラーンが終わるということで、
30年をかけて続々と有言を実行しているすごい状況になっています(笑)。


ただ、終わるということは、作品との別れが来るということで、
30年も未完、つまり人生の大部分を過ごしていたアルスラーンとの「共生」状態が「完結」になって終わる、
体の一部がポロッと取れて別の存在になるような寂しさがぼくの中にはあります。


実は15巻は1回しか読んでません。というか読めてません。
読めねえって、ナルサスとアルフリードが死んじゃうお話なんて、何回も何回も!(泣)
これも30年分のつきあいがある友達が死んだような感覚があるせいなんですよね。
最終16巻で誰が死ぬかわかりませんが(爆)、
今回は死なないキャラとも確実にお別れになる。
その意味では、読みたいような読みたくないようなという気持ちは拭えません。
でも読むけどね。読まざるを得ないよ、そりゃ(苦笑い)。


しかしアルスラーンが終わるということは、他の作品にも取りかかるということかなあ。
次は創竜伝か…? 
でも自転地球儀シリーズは他の人に続き書かせてたり、
灼熱の竜騎兵も別の人にオムニバス的なの書かせてたりしてたけど、
どうするんだろう(苦笑い)。


だけどなんだな、「冨樫仕事しろ」はほとんどネタになってるけど、
田中芳樹ファン、永野護ファンからするとあんまし同調できなかったというか、
「何をその程度で」という気分ではあった(笑)。
だから今のニュータイプでは奇蹟が起こり続けてると思ってるし、
タイタニア、アルスラーンと続々完結している状況に、
逆に戸惑いを覚えてもいます(笑)。

ネタバレ入ります。
原作のネタバレも入ります。


第二期が終わったね。
「風塵が舞うであろう」ってアンドラゴラス王のセリフで、
今期のサブタイトルもちゃんと回収されたし(笑)。
ボードワン将軍との前哨戦があるかと思ったけど、中途半端になるからやめたのかな。


今日は最終回だけど、第三期へのつなぎとしてのお話だったから、
そこまでいろいろ盛り上がるところはなかったかもしれない。
だけどそれだけに、
第三期「王都奪還」はぜひやってもらわないと収まらないな(苦笑い)。
さすがにやることは決まっていると信じたいよね。
むしろ「王都奪還」までの前振りがここまでと言っていいくらいだし。


しかしルクナバードがこの時点でヒルメスの手にあるということは、
デマヴァント山での話はなくなっちゃうのかな。
あそこが第一部では一番好きなシーンなんだが…
おそらくエクバターナかその近くに場所が移されてということになるだろうけど、
あそこはサラっとやったり省いたりしないでいただけるとありがたい。
実はすでに今日アルスラーンが「私は王になる」って決心しちゃって、
軽くずっこける気分なものですから(苦笑い)。
タハミーネ王妃との会話が重要なキッカケになるはずだったんだけどなあ…


いろいろ原作厨っぽく齟齬をあげつらって申し訳ない気分だが(汗)、
やはりついつい「あそこはしっかり観たい!」っていうのもどうしてもあるもので、
勘弁していただけるとありがたい(苦笑い)。


三期があるとすれば年が明けてからかなあ。
でも「鉄血のオルフェンズ」の二期もあるわけだし、一年後くらいかもしれない。
それでもいい、ぜひこのペースで第一部「ルシタニア侵攻編」だけでなく、
第二部「蛇王復活編」もやってほしいもんです。
その頃にはさすがにきっと、原作も完結しているはずだからね(笑)。
いや、田中先生はあなどれないかもしれないが…
三十年近くのつきあいからくる不信感、
あるいはその方向への信頼感というのを考えれば(苦笑い)

それに二部は一部に比べて暗いというか、ショックなシーンも多いから、
そのあたりは難しいかもしれないな。
アニメでエトワールとか観てると、いろいろね…

ネタバレ入りますよ。




ギラン編が実質的に終わった回だったな。
次は王都奪還へのスタートだ。
と思ったら次回がもう最終回か(苦笑い)。

いろいろ変則的だけど、こういう制作ペースも必要だな。
べつに1クール、2クールにあわせて
12話、26話とかにしなくちゃいけないという法があるわけでなし、
むしろそれに縛られて自由に、手を抜かず作れる環境ができて、
悪いことじゃないはずだからね。
大昔、30年くらい前なんて、4クール1年モノが普通だったから、
いろいろ変わっているものだ。


このあとは原作厨の希望が入っているので、
そういうのが嫌いな人には注意です(苦笑い)。


アニメは小説に比べ、シーン的な盛り上げや、
不自然にならない説明セリフを使わないといけないだろうから、
原作といろいろ変更したり、削ったりしなくちゃいけない。
それはわかるんだけど、このセリフは聞きたかった、
このシーンは観たかったというのはどうしてもあるから、
そこは申し訳ないね(苦笑い)。
今回は特にそういうのが多かった気がするな、個人的な嗜好からすると(笑)。


「ナルサス、きさま、はかったな!」
「このていどの策に、はかられるなよ。なさけない」

まずこれがなかったのが残念だった(笑)。
ナルサスらしい言い草でもあるし、ナルサスとシャガードの、
現状における人格と能力の絶対的な差を端的に表したセリフでもあったので。

だけどさっきも書いたように、
ここでナルサスがどうしてシャガードの策を見破ったのかを
セリフで説明しなくちゃ視聴者に伝わらないだろうし、なかなか難しいか。


ナルサスがシャガード討伐と追跡に
積極的に参加していたのも原作とは違っていたかな。
原作ではむしろ、策を立てて現場にもいるけど、
そこで突っ立っているだけという印象だったから。
これはいくら凶悪な反逆者とはいえ、
旧友であるシャガードを直接捕らえたり殺したりするのは忍びないという心情があったせいだと思うし、
あるいはそのあたりを汲(く)んでアルスラーンが制止していた可能性もある。
シャガードを一年間だけ奴隷商人に売り渡すという判決も、
ナルサスの心情を思いやってのことだったからね。


この判決はアルスラーンの「アドリブ」だったようだけど、
ナルサスが止めなかったのは、情以外の理由もあったらしい。
シャガードが一年経ってアルスラーンたちに復讐するため策謀を練って仕掛けてきても、
ナルサスはそれを跳ね返せると、
シャガードの器量や能力を見切ったというのもあったろう。

それにこれは原作にも書いてあったけど、
シャガードが国内外で策謀を仕掛けてくれた方が、
いろいろやりやすい面もあったらしい。
実際、二部ではその側面もずいぶんあったしね。


あと細々したところでは、
ダリューンが縛られたシャガードをぶん殴らなかったとこかな。
「ダリューンが縛られた相手を殴りつけるという歴史的な事件」
というくらいだったから(笑)。

だけどそのあとの、アルスラーンのシャガードに対する願いは、
アニメオリジナルだったけどよかった。
あれを活かすためにぶっ飛ばすシーンはカットしたのかもしれない。
アルスラーンはここのところ頓(とみ)に情のこもった威が増してきて、
そういう表現ができるアニメスタッフはすごいなと感心しています。


いやー、それにしてもシャガードが血を吐いて倒れたところでは、
てっきりナルサスが斬り殺しちゃったかと思って
「え、二部どうするの? 二部はアニメ作らないことで決定してるの? それともオリジナルキャラとか出すの? それはどうだろうなあ」
と、シャガードが縛られて連行されるシーンを見るまでの数十秒蒼ざめていたんですが、
生きててよかったよ(笑)。
あとで録画したのを観なおしてみたら、ちゃんと剣の腹で撃ってるんだね、ナルサス。


細かくいい改編だなと思ったのは、原作ではナルサスのセリフだった
「なんならおぬしの身も買ってやるぞ」云々を
シャガードのいなおりで言わせたところだな。
でもあらためて読み直してみると、
これってもともとシャガードのセリフのようにも読めるか。
だとすると20年を越えて読み間違いを正してもらえたということで、
ありがとうございます(笑)。

あとは「おぼえてろーお……!」も聞きたかったが、
原作に比べて真面目というかシリアスな流れだったから無理だったかな(笑)。
「聡いアルフリード」からの会話とか、
ギラン編のあのあたりは全体的に明るい雰囲気だったけど、
アニメはそうじゃなかったからしょうがないか。
今週じゃなくて先週だけど、「ナルサスの拷問」もはしょられていたからな(笑)。
アニメのシャガードは全体的に原作よりカッコよく描かれていて、
そこはよかったね(笑)。



あとはねえ、ちょっと前から予告がなくなっちゃって寂しいんだよなあ。
アニメ本編とほとんど関わりない箇所を一節、
原作から引用してくるのが好きだったのに。
選ぶ人のセンスも好きだったからなおさら(笑)。



来週は最終回か。
またしばらくしたら「王都奪還編」をやってくれるかな。
原作でもここからは名シーンの宝庫だからな。
特にダリューンの「われらが国王(シャーオ)よ…」は絶対観たいからね。

ネタバレ入りますよ。
特に原作のネタバレが入りますので未読の人は注意です。




今日もアルスラーン戦記おもしろかったです。
今回はギランのゆかいな面々ではなく、エクバターナの陰鬱な人たちのお話でしたが、
主要人物は、ギスカール、ヒルメス、イリーナ、メルレイン、
イノケンティス七世、そしてエトワールことエステル。
このメンツを見てパッと思ったのが、半分が死んでるなと(苦笑い)。

原作15巻までの段階で生き残ってるのは、
ギスカール、ヒルメス、メルレインの三人だけで、死亡率五割(爆)。
ああ、ザンデやボードワンも入れれば死者は過半数だな(苦笑い)。
しかも最終巻では生き残った三人のうち、まず確実に誰か死ぬだろうし、
下手すると三人とも死にかねんからな(汗)。


しかしイリーナ姫様がもうちょっと長生きしてくれてたら、
ナルサスやアルフリードも死なずにすんだんだろうなと思うと、
ちょっといろいろ感慨深いです…

先週「アルスラーン戦記」を観のがして、
録画してるのも観てなかったので確認してなかったんですが、
シャガードの中の人は櫻井孝宏さんだったんだな。
そうなると策士という面や、日5という放送時間帯もあって、
「鉄血のオルフェンズ」のマクギリスも思い出してしまった(笑)。
もっともシャガードは策士としては二流、よくて一.五流というあたりだし、
人間としても器が小さく卑劣だから、マッキーとは一線を画すかな。
ぼくはマッキーはかなり高く評価しているので(笑)。

(「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話 最終回「鉄華団」感想」http://suntu500.blog.jp/archives/1054713224.html
「クーデリアとマクギリスが組んだら理想的かもしれないな」http://suntu500.blog.jp/archives/1054944371.html )


シャガードはナルサスにやられっぱなしの上、
そのことにこだわったせいで負の連鎖に陥り、
能力も人格もすり減らしていった観があるけど、
元々はナルサスも一目置くほどの男だったわけだし、
決して無能じゃなかったんだろう。
それにナルサスに負け始める前からも、
詐欺師のように無警戒の人間ばかりを相手にしてきたせいで、
力が落ちていたというのもあるんだろうな。
ナルサスも隠遁生活を送っていたけど、
ほんの数年前まで三カ国連合を舌先三寸で撃退したり、
宮廷でアンドラゴラス王たちとやりあってたこともあって、
実戦経験は豊富だ。
隠遁後もいつ狙われるかわからないということで警戒も解いてなかったし、
その意味ではずっと「知力以外では自分より強い相手」と戦い続けていたわけだしね。


アニメ化される場合、原作にはないシーンやセリフを挿入されることも多いけど、
今日の「シャガードが理想を語り、ナルサスがそれに水を差す」という、
二人の学生時代を語るシーンはよかったな。
感傷を感じさせようとするシーンだったんだろうけど、
個人的には「さもありなん」と、その情景が頭に浮かんだりしたもんで(笑)。

ナルサスって学生時代、周りがバカにしか見えず、
しかも10代なら相手に対して容赦もなく論破してこき下ろしたりもして
(20代の今でも結構容赦ないし(笑))、
すんげえやな奴だったんじゃなかろうか(笑)。
たぶん友達もいなかったろうし、
シャガードくらいだったんじゃないかなー、
なんとかナルサスの知力についていけた同級生(?)って。


カットされてた原作のセリフでは、
ファランギースの「わたしのような絶世の美女がふたりとおるとでも思ったか」とか、
ギーヴの「まことに役に立つ男でござる」とかがなくて残念だった(笑)。
ある意味、この二人は似た者同士でお似合いかもしれんのだがなー(笑)。
どちらかが死ななければ、最終的にはうまくいってほしい気もするが、
一生このままでもいいような気もする。
なぜか二人とも年は取らないようなイメージもあるしね(笑)。

このページのトップヘ