サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

タグ:コミケ

今夏コミケも全日程終了。
明日から非公式の「四日目」が秋葉原等でおこなわれるでしょうが(笑)、
三日間合計来場者数は延べ50万人で、
前回冬55万、前々回夏53万に比べると減少傾向にあるようです。
理由はいろいろあるでしょうし、
今回だけ特別な事情もあったかもしれないけど、
ネットでの通販や同人販売ショップなどが常態化してきた現状では、
少しずつ減っていく傾向にはなるんだろうな。


ぼくはコミケは、毎回一日だけ行って場の空気を楽しめればそれで充分という、
裏事情も知らない、マジメに参加してるとも言い難いスタンスです(汗)。
それに現在のコミケはすでにただの同人誌即売会の域を越えて、
一つの巨大経済効果になっているだろうからあまり軽々なことも言えないかもしれない。


でもやはり、転売とか徹夜とか、
諸々のルール違反や迷惑行為が湧いて出るのもやはりおかしな話で、
それも関わる人が多いがゆえの弊害。
またルールを遵守するためとはいえ、
始発ダッシュもやはり危ないし、
炎天下や寒空の中何時間も並ばないといけないとなれば、
参加する人も大変だ(汗)。
そういうのがまた楽しいというのもあるでしょうが(苦笑い)、
人が減るというのは、それらの弊害が自然に解消してゆく契機にもなる。


人が減っていくのはやめていく人が増える以外に、
参加する人が減ることも原因ですが、
なんとなくそれも心配ないかなという気はします。
ぼくは同人活動という点では、
もう15年以上やってると言っていいかもしれないけど、
それも全部ネット上の話で、今回はじめて同人誌を作り、販売させてもらいました。
そしてこれはなかなかに刺激的でした(笑)。
自分で原稿を印刷し本にまとめる行為もだけど、
やはり目の前で自分の書いたものをお金を出して買ってもらえる経験は、
ネットで読んでもらい、感想や「いいね」をもらえるのと違う快感や喜びがある。
クセになってハマる人がいるのもうなずけるね(笑)。


だから一度でも買う側としてだけでなく、作る側、売る側として参加した人が、
新たな人材として一定数以上確保されていくのも確実なんじゃないかと思います。
もちろん買う側、その他のスタッフもね。


それにコミケへの参加人数が減ると言っても、
同人活動・創作活動が減るわけではない。
ネットを主戦場にする人はこれからも増え続けるだろうし、
同人誌もコミケ以外の即売会やネットで売り買いする人も増える。


また人数が減っていくにしても急激に減ることはありえず、
徐々にであれば変化への対応も負担は少ない。
体質が少しずつ変わっていくようなもので、
それにあわせて無理をせずにすむようになる。
だいたい50万人が半数になっても25万人で、
それだけでもエラい人数なんだから(笑)。


これから先、何十年かが経てば、さすがにコミケも今の形ではないでしょう。
ビッグサイトのような巨大コンベンションセンターで開催されることもなくなってるかもしれない。
だけど人間の創作意欲と、自分で本を作り、直に買いに行くことが楽しく、
買ってくれる人との触れ合いに喜びを感じる人がある限り、
コミックマーケットが消えることはないでしょう。

本日コミケ2日目。
ぼくもいつもサークル参加してる友人の手伝いで売り子をしていますが、
今回は勧められて、生まれて初めて自分で作った同人誌を置かせてもらいました。
昨日の日記にも書きましたが
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の二次小説「アグニカ・カイエル伝 厄祭戦 終戦」。
おかげさまで完売しました(笑)。


もちろんすんごい売れたわけじゃないんですけどね(照)。
あんまり売れないだろうなーと最初から4部しか置かなかったし、
場所がガンダム系サークルの集まった場所だったので、
お客さんも同好の士が多かったこと。
それとアグニカ・カイエルは「オルフェンズ」本編でもかなり特殊な存在で、
過去の英雄として相当重要な人物として扱われていたのに、
顔も、具体的な事績もまったく映像化されなかった謎の男なんですよね。
そんなキャラを題材にした小説ということで、
ピンポイントに興味を持ってくれた人もいたんじゃないかなと。


だけどそういう事情は別にして、少額とはいえお金も取ったし(100円)、
それでも読みたいと買ってくれた人がいたのは事実ですから、
ビギナーズラックとはいえ胸は張りたいね。
それになんだかんだで「完売」という響きは心地いい(笑)。
結構早い段階で売り切れたので、
もう1部か2部くらいなら売れてかなーとも思うけど、
完売には届かなかったかもしれないからこれでバッチリだ(笑)。


売る前は「1部も売れないかもなー。手にとってもらえたらそれだけでもいいか」くらいに考えてたので、
朝、いきなりお姉さんが買ってくれたときは驚いた(笑)。
そしてこれが、ぼくが初めて文章でお金を稼いだ経験になりました(照)。
この100円は記念に取っておこう(笑)。


1部も売れなかったらネットで上げて発表しようと思ってたんだけど、
売れた以上、買ってくれた人に失礼だからそれはできないな。
途中まで上げて続きが読みたいという人がいたら、
また本を作ってどこかで売るか(笑)。
そんな人がいるかはわからないけど、せっかくだから今日は浮かれておこうか(笑)。

アグニカカイエル伝


とりあえず昨日までに書き上げて、
今日、いろんなサイトを調べながら、
なんとか明日(8/12)のコミケで委託させてもらう小説のコピー本をほぼ完成させました。
印刷しようとしたら表紙に誤字を見つけたので、
それを修正して、あらためて印刷して、
それからホッチキスで止めてる最中です(苦笑い)。


こういうの、ネットではちょいちょい発表してたけど、
こうして本にするとやっぱり違う感慨があるね。
クセになる人の気持ちがわかる(笑)。


「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」を題材に、
本編の300年前の大戦・厄祭戦のエースにしてマッキーのアイドル、
アグニカ・カイエルのお話です(笑)。
アグニカの駆るガンダム・バエルと、最後のモビルアーマーとの激突。
タイトルは「アグニカ・カイエル伝 厄祭戦 終戦」。
8/12(土曜)東2ホール「S-19a」DABASAN'S_VS_DAlSAN'S?!
で取り扱わせていただきます。
部数はほんのちょっとなので、興味のある方はぜひどうぞ(照)。

ここのところ日記をサボり気味ですが、何もやってないわけでもないのです。
今週末に夏のコミックマーケット、通称夏コミがありますが、
それの原稿を書いているのです(照)。


ぼく自身はコミケに応募したわけではないんですが
(サークル参加するには抽選に通らないといけない)、
いつもぼくが手伝わせてもらっているサークルさんから、
試しに何か書いて置いてみない? と言われたので、
ちょっとやらせてもらおうかなと。
いわゆる委託というやつです。
ぼくも売り子で参加するので委託とイメージは違うかもしれませんが(笑)。


書いているのはオリジナルではなく、コミケらしく二次小説(笑)。
この前までやっていた「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の、
主人公たちの時代から300年ほど前の大戦「厄祭戦」の英雄アグニカ・カイエルと、
彼の愛機ガンダム・バエルの最後の戦い。
思いつくままザーッと書いているので、
自分でもおもしろいかどうかわからないんだけど、
でもきっとおもしろいだろうと信じて書いています(苦笑い)。


この調子なら、あと一日、二日で書き終えられると思うんだけど、
調子に乗らないとギリギリになってしまうかもしれないし、
逆に調子に乗りすぎると勝手に長くなって終わらなくなるかも(苦笑い)。
もっとも、コピー紙で、部数も10部かそこらにしとこうと思ってるから、
ギリでも大丈夫だと思うんだけどね(苦笑い)。
ただ、すべてが初めてだから勝手が分からないのが難点だ(苦笑い)。


2日目の12日(土)だから、金曜までに完成すればなんとか。
イメージ湧かすために、
ガンダム・バルバトスルプスvsハシュマルを観なおしたりしています(笑)。

今年もマイミクのだばさんにくっついてサークル参加ができました。
行って座って売り子と留守番するだけで他は何もしちゃいないため毎回申し訳ないですが(照)、
「拠点」があると荷物も置いておけるし、
会場めぐりをして帰ってきてからゆっくり休めるしと、とても助かるのです。


で、今日も売り子をしたり、会場内をブラブラしたりしてたんですが、
そこで見かけるコスプレの元ネタがわからないことが多くなってきた(汗)。
最近ぼくがそれほどたくさんアニメを観なくなったというのもありますが、
近頃のアニメは1クールごとにごそっと作品が入れ替わり、
しかも各クールごとの本数も尋常じゃないため(年100作品以上?)、
そもそも物理的に観られないというのもあると思います。
またマンガを手当たり次第読まなくなったり、
ゲームはもともとほとんどやらなかったりというのも理由でしょう。

それに加えて、知ってる作品でも(申し訳ないが)コスプレの出来によっては
一瞬わからないというのもあったりします(苦笑い)。


あともう一つわからなくなってきたのは、男女の識別(苦笑い)。
女装コスプレも普通に見かけるようになり、
それどころかこっちの方が数が多いんじゃないかという気すらしていますが(笑)、
最近はじっくり見ても「あれ、この人女装(男)?」とわからない人も増えてきて(苦笑い)。


もちろんゴツい身体で一目瞭然という人もいますが(笑)、
華奢で細い身体に加え、カツラをかぶり、
胸にパットを入れ、化粧もしっかりしていると、
本当に見分けがつきにくい。
声を聞けばさすがに一発なんですが、
逆に声を聞いて「あ、男だったんだ!」と驚くこともしばしばで(苦笑い)。


特に露出の少ない衣装だとわかりにくいんですが、
中には露出が多くても、足や腕まで細く、肌も白くて筋肉が少ない男性もいて、
判別手段がどんどん少なくなってくる。
ちょっとした「女にしか見えないガチニューハーフ」みたいなもんですわ(苦笑い)。


こうなってくるとありそうで怖いのが、
女装だと思って声をかけたら本当に女性だったとき(苦笑い)。
ぼくは写真は撮らないのであまりそんな機会はないですが、
相手が男装しているならともかく、
女性の格好をしているのに「男と思って声をかけた」なんて、
相手に対して失礼すぎますから(汗)。


そんな中、今日個人的に一番印象に残ったコスプレは、
スタッフさんがやってたプラスチック・スタイルのファティマ・ベルクトでした。
やはりファイブスター物語には敏感に反応してしまうお年頃(照)。
パッと見た瞬間どのファティマだったか思い出せなかったのでご本人に尋ねたんですが、
なるほど、あの銀髪で思い出すべきだった。
片目が隠れてたらすぐ思い出せたかもしれないけど、それは危ないからね(苦笑い)。

ちなみにこのスタッフさんは一目見て女性とわかる方だったので、
失礼をせずにすみました(笑)。

このページのトップヘ