サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

タグ:コミケ

今年もマイミクのだばさんにくっついてサークル参加ができました。
行って座って売り子と留守番するだけで他は何もしちゃいないため毎回申し訳ないですが(照)、
「拠点」があると荷物も置いておけるし、
会場めぐりをして帰ってきてからゆっくり休めるしと、とても助かるのです。


で、今日も売り子をしたり、会場内をブラブラしたりしてたんですが、
そこで見かけるコスプレの元ネタがわからないことが多くなってきた(汗)。
最近ぼくがそれほどたくさんアニメを観なくなったというのもありますが、
近頃のアニメは1クールごとにごそっと作品が入れ替わり、
しかも各クールごとの本数も尋常じゃないため(年100作品以上?)、
そもそも物理的に観られないというのもあると思います。
またマンガを手当たり次第読まなくなったり、
ゲームはもともとほとんどやらなかったりというのも理由でしょう。

それに加えて、知ってる作品でも(申し訳ないが)コスプレの出来によっては
一瞬わからないというのもあったりします(苦笑い)。


あともう一つわからなくなってきたのは、男女の識別(苦笑い)。
女装コスプレも普通に見かけるようになり、
それどころかこっちの方が数が多いんじゃないかという気すらしていますが(笑)、
最近はじっくり見ても「あれ、この人女装(男)?」とわからない人も増えてきて(苦笑い)。


もちろんゴツい身体で一目瞭然という人もいますが(笑)、
華奢で細い身体に加え、カツラをかぶり、
胸にパットを入れ、化粧もしっかりしていると、
本当に見分けがつきにくい。
声を聞けばさすがに一発なんですが、
逆に声を聞いて「あ、男だったんだ!」と驚くこともしばしばで(苦笑い)。


特に露出の少ない衣装だとわかりにくいんですが、
中には露出が多くても、足や腕まで細く、肌も白くて筋肉が少ない男性もいて、
判別手段がどんどん少なくなってくる。
ちょっとした「女にしか見えないガチニューハーフ」みたいなもんですわ(苦笑い)。


こうなってくるとありそうで怖いのが、
女装だと思って声をかけたら本当に女性だったとき(苦笑い)。
ぼくは写真は撮らないのであまりそんな機会はないですが、
相手が男装しているならともかく、
女性の格好をしているのに「男と思って声をかけた」なんて、
相手に対して失礼すぎますから(汗)。


そんな中、今日個人的に一番印象に残ったコスプレは、
スタッフさんがやってたプラスチック・スタイルのファティマ・ベルクトでした。
やはりファイブスター物語には敏感に反応してしまうお年頃(照)。
パッと見た瞬間どのファティマだったか思い出せなかったのでご本人に尋ねたんですが、
なるほど、あの銀髪で思い出すべきだった。
片目が隠れてたらすぐ思い出せたかもしれないけど、それは危ないからね(苦笑い)。

ちなみにこのスタッフさんは一目見て女性とわかる方だったので、
失礼をせずにすみました(笑)。

コミケ行って来ました。 一日目。
一般参加ではなくてサークル参加です。
もちろんというべきか、自分ではなくマイミクさんのお手伝いで(笑)。

朝の8時前にビッグサイト到着。
すでに暑い。そして人多い(笑)。
だけど日差しは暑いけど、気温はそこまでではなかったかもしれない。
いや充分暑いんだけどね、外にいる人たちはキツイと思うけどね(汗)。

だけどそのあと館内に入ると、その暑さからは逃れられる。
それからしばらく設営を手伝ったりもしながら開館の午前10:00まであと少し。
この段階でも暑さはない。
少し涼しいと言っていいくらいで、これもまた新鮮な感じ。

そして開館。人が流れ込んでくる(笑)。
「世界一整然とした暴動」と言っていた人がいたのを思い出す(笑)。

それからしばらく時間が過ぎると涼しさが消えてくる。
またしばらく経つと、じわじわと暑くなってくる。
またしばらく経つ。暑い(笑)。
人って気温を上げられるほど暑いんだなーとあらためて実感しました(笑)。


売り子をやってるとヒマではないんですが
目の前を歩いていく人たちを見る余裕がないわけでもない。
コスプレの人も結構通るんですがジョジョのアヴドゥルが通ったときは思わず、
「モハメド・アヴドゥル!」と声をかけてしまいそうになってしまった。
向こうが「Yes I am!」と答えてくれそうで(笑)。

コミケそのものはのんびりと楽しませてもらいました。
ぼくは雰囲気を楽しむ性質なので、なにも買わないことも珍しくなく、
今回も珍しくない方でした(照)。

とはいえブラブラと歩いておりますと、コスプレの人たちもたくさん。
そんな中、マクロス7の熱気バサラのコスプレの人も。
ぼくはだばさんに熱気バサラのうちわをもらって、
それであおぎながら歩いていたのでナイスな偶然でした(笑)。
向こうは気づいたかなあ。

さらに歩いていると岩男潤子さんのブースがあって、ご本人がいらっしゃった。
久々に見たけど、お元気そうでなによりでした。
思わず並びそうになってしまったが、あまりに長い列なのであきらめた(照)。

企業ブースや西館もつらつらと。
昨日の西館はサッカーとかもいたな。
Jリーグも当然いたし、FC東京もいた。
中には生モノ系のサークルもありそうだったが、確かめる勇気はなかった(笑)。
でもヨーロッパ贔屓のサッカーファンより、
Jリーグの生モノ系同人誌を描いてる腐女子の方が、
話も気も合いそうだとも思っている(笑)。


そのあともちょいちょい楽しんで、みんなでご飯もして、楽しゅうございました。
二日目三日目も楽しいんかなー。楽しんでもらいたい。
ここまで「楽しい」を書きすぎ(笑)。

このページのトップヘ