サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

タグ:サッカー日本代表

ワールドカップの出場枠が増えることが決定して、賛否両論飛び交っているみたいです。
「大会のレベルが落ちる」「オイルマネー、チャイナマネーが欲しいだけ」など、
基本的には否の方が多いのかな。
ぼく個人もそういう側面もあるだろうなと思っていますが
(側面じゃなくて正面でもいいですが(笑))、
レベル云々については長い目で見れば、むしろ上がっていくだろうなと思っています。


理由はいろいろありますが、その前提として、
まずは何をもってしてレベルの高低を決めるのかを考えてみたりしました。
「レベルが下がる」とする理由の最たる物は、
「世界的強豪国と新興国の差」だと思います。
試合内容は一方的で、
点差も下手すると10-0とか15-0とか、そんな試合が続出するんじゃないかと。
ただこれは、「国同士のレベルの差」で「大会のレベル」とは必ずしも一致しない。


「レベルの低下」で心配されるとすれば、そういう大差がつく試合をすることで、
強豪国のレベルが下に引っ張られて落ちるということだと思いますが、
これはまずありえない。
だって今だってヨーロッパ予選でも、
圧倒的実力差がある国同士の試合なんて毎回おこなわれているのに、
上の国がレベルダウンするなんて起こってないんだから。


それに初出場の新興国が必ず惨敗すると決めつけるのも早計でしょう。
初出場じゃないけど、
この前久しぶりに本大会にやってきたニュージーランドは、
グループリーグ三分けと見事な成績だったし、
日本だって初出場のフランス大会、三戦全敗だったけど、
それぞれ0-1、0-1、1-2と、決して惨敗ではなかった。


結果ではなく試合内容とか戦い方でレベルを云々言われたら、
そりゃどうしようもないかもしれないが、
それを言い出したらヨーロッパでも中堅国は日本と大して変わらないし、
むしろ内容としては日本より劣ってるものだってある。
そういう国の「レベル」は「ヨーロッパの国だからOK」とするのなら、
それはちょっとおかしいでしょう。


また「結果にしろ内容にしろ大差がつく可能性が高い試合があること自体が世界最高峰の大会としてありえない」というのもあるでしょうし、
そこも言われると確かに厳しいかもしれない。
だけどその辺は強豪国同士の試合にお任せして
(そういう試合はこれまで通りハイレベルなはず)、
もっとサッカー界全体のため、長期的に見るべきところもあると思っています。


当たり前ですが、強いところと公式戦で、
しかも世界大会で戦うって、それだけですごい経験です。
学ぶこと、学べることもケタ違いでしょう。
そういうものを持ち帰って、精進し、さらに強くなるというのは充分ありえる。
そんな国が増えていけば、地球全体でレベルの「底上げ」ができてゆくことになり、
それはサッカーそのものにとって有益以外の何物でもないです。


そして数年、十数年、数十年単位で、
それら国が前や上の国を追い越していくことだってありえるわけです。
それは今現在「上」にいる国が、
停滞し、腐敗し、衰退していくことで入れ違うという形もありえるでしょう。
そのときもし「下」が育って、
彼らに変わってサッカーを担っていかなければ、
サッカー界そのものが衰退していくだけになってしまいます。
そういう事態のためにも必要な措置でしょう。


ついでに、目には見えない形だけど、
すでに「下」も「上」のレベルアップに貢献してると思いますよ。
この前の最終予選のタイ戦で、
日本の結構な数の人が
「このままだと抜かれるな、やべえな」と実感したんじゃないでしょうか。
こういう「下からの突き上げ」が上のレベルアップをうながす効果は確かにあります。
そしておそらく、ヨーロッパや南米の強豪国にとって、
日本を含めた新興国は、こういう役を担っているところもあるんじゃないでしょうか。


で、本大会出場のハードルが下がることで最もわかりやすい効果は、
単純に「本気」になる国が増えるということです。
「もうちょっとがんばれば本大会に出られる」と思えば、
協会も選手もサポーター(国民)も、メチャメチャ本気になりますよ。
そして本気になればなるほど、レベルは急上昇する。

もう20代くらいの人たちだと話でしか知らないだろうけど、
本大会初出場を懸けた1997年の最終予選。
あれほど日本中が「本気」になったことはなかったんじゃないかなあ。
あれだって前大会の「ドーハの悲劇」で「あとちょっとがんばれば行ける」と、
国中が実感できたからってのも大きいはずですからね。


あとねえ、お金が目的だろうというのも、
ただ非難するだけだとちょっとなあ、とも思ってます。
まあFIFAの役員や職員が不正に着服して私腹を肥やしているというのなら、
それは問題ではあるけれど、
お金を儲けること自体は悪いことでもなんでもないんですよね。
お金がたくさんあれば、できることもたくさんできるわけで。
それに非難している人たちも、
法に反しない、まっとうな形で自分が大金をもらえるとなったら、
なんのためらいもなく喜んでもらうでしょう(苦笑い)。
今書いたように、不正で大金をせしめてるなら、それは非難すべきだけど、
そうじゃない(その証拠もない)というのなら、
一方的に「悪!」と決めつけるのは、ちょっと不公正かもしれない。


だから個人的には、今回の出場枠増は、悪いことばかりではないと思っています。
(この考えに)アブドゥルの魂も賭けよう(笑)。


それより懸念の大きなものは、
試合数の増加による選手の疲労や故障による選手生命や、生命そのものの危機。
それから大会運営に対する開催国の負担の増大。
ほんとに死者が出たりするからね、サッカーの試合で(汗)。
その辺についてはこんな解決案も考えたりしてますが、どうかなあ(苦笑い)。

「冬・グループリーグ」「夏・決勝トーナメント」で分けるのもいいかもな
http://suntu500.blog.jp/archives/1063645977.html

今日は珍しく代表に関してボロッカスに書いてるのですいません(汗)。
それでもOKという方だけお願いします。




4-0で勝った。
それはよかった。
すごくよかった。
でも個人的にはあれだけ自陣でポンポンパスミスされたらぶち切れてしまう以外何もできませんがな!(爆)


いやー、ホント、久しぶりだねえ。代表戦観ながらこれだけアッタマ来てたの(苦笑い)。
普段はそんな怒らんのですよ。
選手の方がずっと経験もあるしサッカーに打ち込んでるし、こっちはただの素人のお客さんだわ。
だから腹立てるのはどう見ても選手が無気力なプレーをしたり、なすすべなくボロカスにやられた時くらいなんですが、今日は前者でしたわなあ。


そりゃあね、相手の方が強かったり、向こうががんばってプレスしつこくかけてきたりしたらパスミスもあらあな。
今日はタイはそのへん最後まですごかったし。
でもほとんどプレッシャーもないところでポンと蹴って簡単にインターセプトされて大ピンチってどういうこと!?
それが一回や二回じゃなく何回もだ!
あんなんJリーグでも一回やったら「今日は他のプレーはよかったけど、あれがあったからイマイチだね」って評価になるのに、代表戦であれだけボンボンやられたら、頭来るなっていう方が無理ですわ!


なんかピッチレベルじゃないとわからない事情もあったのかもしれず、だとしたら申し訳ない。
でも単に気持ちがゆるんでのことだったら許せんぞ。
特に前半40分のモリゲ!
ノープレッシャーのロングパスを、なんで相手に当てる?
いくらうちの子でもあれは思わずぶん殴りたくなってしまったわ。


こんなに腹を立てるのは、FC東京の試合でも年に1回あるかないかくらいだからなあ。


タイは強かった。
もうほとんど勝ち抜く可能性はなくなってるだけに、この最終予選を全力でしゃぶりつくそうというのがひしひしと感じられた。
その気合の差もあったんだろうけど、主に中盤の一対一はほとんど負けてたな。
もともとタイはボールの扱いに関しては日本よりうまいくらいで、ボール取りに行っても全然取れなかった。
選手の身体も分厚いし。


だから勝敗は単純にゴール前のクオリティの差かな。
攻撃に関してはアイデアと精度、DFに関しては守り方もだけどキーパーの判断とか技術。
香川と久保の得点みたいに技術じゃどうしようもねえってシュートもあったけど、岡崎のは反応のいいキーパーなら弾いていたかもしれないし、吉田には完全に前に入られて、しかも上に出られてたもんなあ。


だからそれぞれのゴール前が強くなったら、全然結果は逆になるだろう。
もっともそういうのを身に着けるのに、10年とか20年とかかかってるんだけどね、日本も(苦笑い)。
でもタイも早ければ数年後にはそうなるかもしれんし、もっと強くならんとなあ。

2026年からワールドカップ本大会の出場枠が48チームになるのかあ。
今が32だから16も増えるわけか。
おそらく中東あたりの国々が、お金を使って説得した部分もあるだろうけど(苦笑い)、
でも順当な話でもあるのかな。


ざっと見回してみても、
かなりの国がサッカーに本気で取り組むようになっている。
近場でも、東南アジア各国の本気度は、20年前の日本に近いものがあるし、
そもそも日本だって20年前にようやく本気になった「新興国」だ。
W杯アジア予選でも、
そろそろウズベキスタンが4つの椅子のうち一つを取りそうだし、
タイもまったくあなどれない。
中東だってUAEを見てみれば、カウンター一辺倒の国ばかりじゃなくなってきている。
視界を広げれば、アルゼンチンが南米予選で苦戦してたり、
アメリカがいきなり2連敗してたりと、
アジアだけでなくよその地域でもかなりの地殻変動が起こってる印象だ。


だけどそういう国々でも、なかなか結果が出なかったら、
せっかくの国内の盛り上がりが沈静化してしまうことも充分考えられる。
サッカーファンはつい自分の中だけの価値観で考えがちだけど、
「サッカーなんていらない。なくてもべつに困らない」っていう人だってたくさんいる。
そういう人たちはサッカーがつまらないと感じたら、
さっさと他のスポーツに(限らないけど)目をやるだけだ。


「サッカーは世界で最も人気のあるスポーツだ」なんてドヤ顔してふんぞり返っているのも多いけど、
それは逆から見れば、開拓地が少なく、今が絶頂の爛熟期で、
これから衰退していくだけのスポーツとも言える。
少なくとも「これまで一番だったんだからこれからもそうだ」なんて油断してれば、
確実にそうなっていく。


その意味では、せっかく新田を開墾してくれてる国がたくさんあるのだから、
彼らを援助するのはとても大切で、
「本大会出場枠拡大」は、その援助としても大きな要素になるでしょう。


ただ、そのせいで本大会の水準が落ちたり、
試合数が増えて選手の負担が増したりするのはよろしくない。
その辺はレギュレーションをいろいろいじってうまいことやらないと。


たとえば、増やした16チーム分グループリーグを増やし、
これまでグループ上位2チームが決勝トーナメントへ進んでいたのを1位のチームだけにして、
あとは各グループ2位の中で成績上位のチームだけが勝ち抜ける、
ヨーロッパの予選方式に近いものにするとか。
こうなるとたとえ本大会出場がラクになっても、
「入るのは簡単だが出るのは難しい」アメリカの大学みたいになるが(笑)、
でもまあ新興国にとってはそれでも充分恩恵はあるはずだ。
「死のグループ」が今よりもっと厳しいものになる心配はあるけども(苦笑い)。


あとは地域チャンピオンズリーグみたいに、
グループリーグと決勝トーナメントを分けて開催するのもいいかもしれないな。
前年までに予選はすべて終えて、
本大会の年、まずはウィンターブレイクの時期に「グループリーグ」をやって、
そしてシーズン終了後の夏にグループリーグを突破した面々で「決勝トーナメント」をやる。
これだと日程にも余裕ができるし、試合数も減らさないですむ。


それに開催地についても同じ国でやる必要がなくなるから自由度が増す。
開催地になりたい国は今でもたくさんいるだろうし、
その意味でも数が増えるのは悪い話ではないでしょう。


あとカタール大会は「夏にやるなんて死ぬ」という懸念があるけど、
これも冬のグループリーグはこっちで開催して、
夏の決勝トーナメントは別の国でやればいい。
グループリーグと決勝トーナメントでは価値が違うからというのなら、
「夏・グループリーグ」「冬・決勝トーナメント」にしてもいい。
四年ごとの話なんだから、そこは柔軟にね。


それにグループリーグだって充分に盛り上がるだろうし、
決勝トーナメントに進出できなかった人気のある強豪国が必ずいくつかはあるはずで、
その心配がないのはありがたい話だと思う。


短期間でグループリーグから決勝まで一気に消化するからこそ盛り上がるという意見や気分もあるだろうけど、
選手権や甲子園の過密日程すら問題視される昨今、
ぼくらも選手のことはもうちょっと真剣に考えないといけないとも思っています。

昨日は日本がサウジアラビアに2-1で勝利したW杯アジア予選が各地であり、
なんとタイがオーストラリアにホームで2-2のドロー。
おかげで日本がオーストラリアを抜いて2位に浮上できた。
タイGJ!(笑)


もっともオーストラリアをこれだけ苦しめるタイが同じ組にいるのは厳しいし、
これからずーっと対戦していくことを考えると喜んでばかりもいられないが、
アジアのサッカー界もずいぶん地殻変動が起こっているのは間違いない。


が、周囲を見回してみると、変動はアジアだけでもないっぽく見えるな。
南米予選ではアルゼンチンがすでに3敗もして、まさかの5位。
北中米カリブ海では、まだ2節とはいえアメリカが連敗で最下位ときている。


よそのことはよくわからず、アジアのことすらちゃんとはわかっていないけど(苦笑い)、
でもどっこもこれまでどおりのままってわけではないらしい。
今の流れだとアジアプレーオフを韓国と戦ったり、
北中米とのプレーオフの相手がアメリカやメキシコになったりする可能性は決して低くないし、
下手するとグループ3位を逃すおそれすらある。

だけどそういう危機感は決して悪くない。
それどころかとてもいいことだ。
緊張感をもって戦っていこう。

来年開催される20歳以下の選手限定W杯、U-20W杯の予選を兼ねたAFC U-19選手権。
日本は決勝でサウジアラビアと延長まで戦って0-0の後、PK戦で勝利して優勝だ。
おめでとう!


サッカーにあまり興味がない人でも、
日本はアジアでは強豪ということは知っていると思います。
でもこの「U-20年代」はどうしてか鬼門だったんですよねえ。

U-17、U-23、フル代表と、他の年代はすべてアジアを制覇しているんですが、
この年代だけなぜか優勝できてなかった。
しかもこの10年は常に準々決勝で負けてU-20W杯本大会にも出場できていなかった。
(AFC U-19選手権ベスト4までが本大会出場。大会は2年ごとにある)
それが久しぶりにベスト4の壁を破っただけでなく、初優勝まで果たしてくれた。
これはU-17本大会出場に続いての朗報だ。
まだ試合は観られていないんだけど楽しみだ(笑)。


しかし今回のアジア選手権は勝ち抜いてきた顔ぶれもおもしろかった。
アジア屈指の強豪であるオーストラリアや韓国、北朝鮮がグループリーグで敗退し、
決勝トーナメントには見慣れない国名がいくつかあった。
日本が準々決勝で対戦したタジキスタンがそうだったし、
準決勝で戦ったベトナムは初のU-20W杯本大会出場だ。
若年代の方が番狂わせが起こりやすいけど、
最近はフル代表の最終予選でも初めて見るような国がチラホラ現れているものな。


アジアはトップグループがW杯本大会に出場しても、
よくてグループリーグ突破で足踏みしている間に(それだって本当に大変なんだが(苦笑い))、
下の方から押し上げが激しくなってきた。
ただこれは悪いことどころかいいことだし、別におかしなことでもない。
適切な強化をおこなえば、どこだって強くなるのが当たり前だ。
アジアトップグループを1部リーグとすれば、台頭してきてる新興国は、
これまで3部とか4部くらいの差があったのが、今は2部くらいってことだろう。
気を抜けばやられて当然だし、抜かなくても負けることは充分にありえる。
そしてたぶん世界的強豪からは、日本やアジアトップもそういう風に見られていると思うよ。


でもさっきも書いたように、下からの突き上げは悪くない刺激だ。
ここんとこ日本サッカーは停滞気味だからね、なんでも活用してジャンプアップしないと。
もっともこの辺についてはそこまで単純な話ではないだろうし、
書こうと思ったら相当長くなりそうだから、今回はやめておくけど(苦笑い)。


なんにしても優勝おめでとうだ!
試合を観てからまたいろいろ思いめぐらそう(笑)。

このページのトップヘ