サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

タグ:ワールドカップ

ワールドカップの出場枠が増えることが決定して、賛否両論飛び交っているみたいです。
「大会のレベルが落ちる」「オイルマネー、チャイナマネーが欲しいだけ」など、
基本的には否の方が多いのかな。
ぼく個人もそういう側面もあるだろうなと思っていますが
(側面じゃなくて正面でもいいですが(笑))、
レベル云々については長い目で見れば、むしろ上がっていくだろうなと思っています。


理由はいろいろありますが、その前提として、
まずは何をもってしてレベルの高低を決めるのかを考えてみたりしました。
「レベルが下がる」とする理由の最たる物は、
「世界的強豪国と新興国の差」だと思います。
試合内容は一方的で、
点差も下手すると10-0とか15-0とか、そんな試合が続出するんじゃないかと。
ただこれは、「国同士のレベルの差」で「大会のレベル」とは必ずしも一致しない。


「レベルの低下」で心配されるとすれば、そういう大差がつく試合をすることで、
強豪国のレベルが下に引っ張られて落ちるということだと思いますが、
これはまずありえない。
だって今だってヨーロッパ予選でも、
圧倒的実力差がある国同士の試合なんて毎回おこなわれているのに、
上の国がレベルダウンするなんて起こってないんだから。


それに初出場の新興国が必ず惨敗すると決めつけるのも早計でしょう。
初出場じゃないけど、
この前久しぶりに本大会にやってきたニュージーランドは、
グループリーグ三分けと見事な成績だったし、
日本だって初出場のフランス大会、三戦全敗だったけど、
それぞれ0-1、0-1、1-2と、決して惨敗ではなかった。


結果ではなく試合内容とか戦い方でレベルを云々言われたら、
そりゃどうしようもないかもしれないが、
それを言い出したらヨーロッパでも中堅国は日本と大して変わらないし、
むしろ内容としては日本より劣ってるものだってある。
そういう国の「レベル」は「ヨーロッパの国だからOK」とするのなら、
それはちょっとおかしいでしょう。


また「結果にしろ内容にしろ大差がつく可能性が高い試合があること自体が世界最高峰の大会としてありえない」というのもあるでしょうし、
そこも言われると確かに厳しいかもしれない。
だけどその辺は強豪国同士の試合にお任せして
(そういう試合はこれまで通りハイレベルなはず)、
もっとサッカー界全体のため、長期的に見るべきところもあると思っています。


当たり前ですが、強いところと公式戦で、
しかも世界大会で戦うって、それだけですごい経験です。
学ぶこと、学べることもケタ違いでしょう。
そういうものを持ち帰って、精進し、さらに強くなるというのは充分ありえる。
そんな国が増えていけば、地球全体でレベルの「底上げ」ができてゆくことになり、
それはサッカーそのものにとって有益以外の何物でもないです。


そして数年、十数年、数十年単位で、
それら国が前や上の国を追い越していくことだってありえるわけです。
それは今現在「上」にいる国が、
停滞し、腐敗し、衰退していくことで入れ違うという形もありえるでしょう。
そのときもし「下」が育って、
彼らに変わってサッカーを担っていかなければ、
サッカー界そのものが衰退していくだけになってしまいます。
そういう事態のためにも必要な措置でしょう。


ついでに、目には見えない形だけど、
すでに「下」も「上」のレベルアップに貢献してると思いますよ。
この前の最終予選のタイ戦で、
日本の結構な数の人が
「このままだと抜かれるな、やべえな」と実感したんじゃないでしょうか。
こういう「下からの突き上げ」が上のレベルアップをうながす効果は確かにあります。
そしておそらく、ヨーロッパや南米の強豪国にとって、
日本を含めた新興国は、こういう役を担っているところもあるんじゃないでしょうか。


で、本大会出場のハードルが下がることで最もわかりやすい効果は、
単純に「本気」になる国が増えるということです。
「もうちょっとがんばれば本大会に出られる」と思えば、
協会も選手もサポーター(国民)も、メチャメチャ本気になりますよ。
そして本気になればなるほど、レベルは急上昇する。

もう20代くらいの人たちだと話でしか知らないだろうけど、
本大会初出場を懸けた1997年の最終予選。
あれほど日本中が「本気」になったことはなかったんじゃないかなあ。
あれだって前大会の「ドーハの悲劇」で「あとちょっとがんばれば行ける」と、
国中が実感できたからってのも大きいはずですからね。


あとねえ、お金が目的だろうというのも、
ただ非難するだけだとちょっとなあ、とも思ってます。
まあFIFAの役員や職員が不正に着服して私腹を肥やしているというのなら、
それは問題ではあるけれど、
お金を儲けること自体は悪いことでもなんでもないんですよね。
お金がたくさんあれば、できることもたくさんできるわけで。
それに非難している人たちも、
法に反しない、まっとうな形で自分が大金をもらえるとなったら、
なんのためらいもなく喜んでもらうでしょう(苦笑い)。
今書いたように、不正で大金をせしめてるなら、それは非難すべきだけど、
そうじゃない(その証拠もない)というのなら、
一方的に「悪!」と決めつけるのは、ちょっと不公正かもしれない。


だから個人的には、今回の出場枠増は、悪いことばかりではないと思っています。
(この考えに)アブドゥルの魂も賭けよう(笑)。


それより懸念の大きなものは、
試合数の増加による選手の疲労や故障による選手生命や、生命そのものの危機。
それから大会運営に対する開催国の負担の増大。
ほんとに死者が出たりするからね、サッカーの試合で(汗)。
その辺についてはこんな解決案も考えたりしてますが、どうかなあ(苦笑い)。

「冬・グループリーグ」「夏・決勝トーナメント」で分けるのもいいかもな
http://suntu500.blog.jp/archives/1063645977.html

2026年からワールドカップ本大会の出場枠が48チームになるのかあ。
今が32だから16も増えるわけか。
おそらく中東あたりの国々が、お金を使って説得した部分もあるだろうけど(苦笑い)、
でも順当な話でもあるのかな。


ざっと見回してみても、
かなりの国がサッカーに本気で取り組むようになっている。
近場でも、東南アジア各国の本気度は、20年前の日本に近いものがあるし、
そもそも日本だって20年前にようやく本気になった「新興国」だ。
W杯アジア予選でも、
そろそろウズベキスタンが4つの椅子のうち一つを取りそうだし、
タイもまったくあなどれない。
中東だってUAEを見てみれば、カウンター一辺倒の国ばかりじゃなくなってきている。
視界を広げれば、アルゼンチンが南米予選で苦戦してたり、
アメリカがいきなり2連敗してたりと、
アジアだけでなくよその地域でもかなりの地殻変動が起こってる印象だ。


だけどそういう国々でも、なかなか結果が出なかったら、
せっかくの国内の盛り上がりが沈静化してしまうことも充分考えられる。
サッカーファンはつい自分の中だけの価値観で考えがちだけど、
「サッカーなんていらない。なくてもべつに困らない」っていう人だってたくさんいる。
そういう人たちはサッカーがつまらないと感じたら、
さっさと他のスポーツに(限らないけど)目をやるだけだ。


「サッカーは世界で最も人気のあるスポーツだ」なんてドヤ顔してふんぞり返っているのも多いけど、
それは逆から見れば、開拓地が少なく、今が絶頂の爛熟期で、
これから衰退していくだけのスポーツとも言える。
少なくとも「これまで一番だったんだからこれからもそうだ」なんて油断してれば、
確実にそうなっていく。


その意味では、せっかく新田を開墾してくれてる国がたくさんあるのだから、
彼らを援助するのはとても大切で、
「本大会出場枠拡大」は、その援助としても大きな要素になるでしょう。


ただ、そのせいで本大会の水準が落ちたり、
試合数が増えて選手の負担が増したりするのはよろしくない。
その辺はレギュレーションをいろいろいじってうまいことやらないと。


たとえば、増やした16チーム分グループリーグを増やし、
これまでグループ上位2チームが決勝トーナメントへ進んでいたのを1位のチームだけにして、
あとは各グループ2位の中で成績上位のチームだけが勝ち抜ける、
ヨーロッパの予選方式に近いものにするとか。
こうなるとたとえ本大会出場がラクになっても、
「入るのは簡単だが出るのは難しい」アメリカの大学みたいになるが(笑)、
でもまあ新興国にとってはそれでも充分恩恵はあるはずだ。
「死のグループ」が今よりもっと厳しいものになる心配はあるけども(苦笑い)。


あとは地域チャンピオンズリーグみたいに、
グループリーグと決勝トーナメントを分けて開催するのもいいかもしれないな。
前年までに予選はすべて終えて、
本大会の年、まずはウィンターブレイクの時期に「グループリーグ」をやって、
そしてシーズン終了後の夏にグループリーグを突破した面々で「決勝トーナメント」をやる。
これだと日程にも余裕ができるし、試合数も減らさないですむ。


それに開催地についても同じ国でやる必要がなくなるから自由度が増す。
開催地になりたい国は今でもたくさんいるだろうし、
その意味でも数が増えるのは悪い話ではないでしょう。


あとカタール大会は「夏にやるなんて死ぬ」という懸念があるけど、
これも冬のグループリーグはこっちで開催して、
夏の決勝トーナメントは別の国でやればいい。
グループリーグと決勝トーナメントでは価値が違うからというのなら、
「夏・グループリーグ」「冬・決勝トーナメント」にしてもいい。
四年ごとの話なんだから、そこは柔軟にね。


それにグループリーグだって充分に盛り上がるだろうし、
決勝トーナメントに進出できなかった人気のある強豪国が必ずいくつかはあるはずで、
その心配がないのはありがたい話だと思う。


短期間でグループリーグから決勝まで一気に消化するからこそ盛り上がるという意見や気分もあるだろうけど、
選手権や甲子園の過密日程すら問題視される昨今、
ぼくらも選手のことはもうちょっと真剣に考えないといけないとも思っています。

U-20W杯、アジア勢惨敗か…
出てるメンツを見ると、ミャンマー、カタール、北朝鮮、ウズベキスタンと、
なかなか珍しい名前が並んでる。
そして残念ながら、やはり地力ではアジアでもトップとは言えない国名が並んでもいるか。
ウズベキスタン以外は。


日本がU-20W杯の出場権をのがすようになって久しいけども、
個人的にはあんまし心配してはいないんです。
U-20やU-17W杯出場権獲得はそれぞれのアジア年代別選手権のベスト4に入ることが条件だけど、
これらの大会はフル代表のアジアカップやワールドカップと同じレギュレーションで、
まず4チームずつ4組に分かれてグループリーグを戦い、
それぞれの上位2チーム、合計8チームが決勝トーナメントへ進む。
そして決勝トーナメント1回戦を勝てばベスト4に入ってW杯出場が決まる。
だからグループリーグでギリギリ2位に入り、
トーナメント1回戦をうまいこと勝っちゃえばそれで出場権を得てしまうこともあり、
これは結構ありそうなパターンなんですよね(苦笑い)。
逆に日本は毎回グループリーグを普通に突破してるのに、
ことごとくこの1回戦で負け続けてるのよね(苦笑い)。


ただこうやってグループリーグを普通に突破してるというのは軽視していいところじゃない。
トーナメントは勢いで突破してしまうことはあるけど、
リーグ戦はたとえ短期戦でも地力の差が出る。
まして何ヶ月もかけて10試合以上戦うリーグ戦ともなれば。
日本がフル代表のW杯やオリンピック出場をずーっと続けているのは予選が長期リーグ戦だからで、
U-20やU-17の予選もリーグ戦だったら、まず確実に毎回出場してると思いますよ?


それでも以前は普通にU-20のワールドカップに出場していたのに行けなくなってきたのは、
日本の力が落ちたというより、アジア全体のレベルが上がってきたというのがあると思います。
韓国とか元々アジアトップクラスのチーム相手だと分が悪いところがあるにしても、
中堅国だと思っていたアジアの国々にも一発勝負では普通に負けることがあるくらいに。
これは今回、その韓国が出場権のがしてることからも言えるんじゃないかな。
韓国は日本に比べてトーナメントを得意としている戦い方なのにだから余計ね。
それに若手だとまだ「かわいげ」がありすぎるから、ちょっとヤバくなると崩れやすいだろうし、
日本の場合「ずっと出場権をのがしてる」というのがプレッシャーになって
トーナメント1回戦に力が入りすぎるとか、そういう事情や悪循環もあるんだろう(苦笑い)。


こういう状況は短期的に見ると日本にとって不都合だけど、
でも長期的・総体的に見るととてもいいことだ。
日本だけじゃなく、アジアだけじゃなく、世界全体のサッカーにとって。


まずアジア全体が強くなれば、日本もその中でさらに強くならなければならない。
トーナメントの戦い方、アジアでの戦い方、
そういったものを強化したりアジャストしていくことで結構対応できそうだけど、
それだけでも戦い方に幅やバリエーションができて、より強くなれる。
U-19で勝てなかったりACLで勝てなかったりが続いて、
どこかアジアを舐めてた日本もようやく本気で対策を練り始めた風もある。
舐めてたというのはぼくもそうで、だからより反省なんですが(苦笑い)、
だけどACLで柏やガンバが結果を出してきたり、徐々に成果は出てきてるんじゃないでしょうか。


アジア各国にとっても、年代別とはいえ世界大会へ出場することは大きな経験になる。
今回は惨敗のチームも多かったけど、
本気で戦ってくる世界的強豪を肌で感じられたのは大きいと思う。
これをどう活かすかは各国にかかってるわけだけど、
これからの育成や強化にまったく影響がないということはないでしょう。
そのことによりアジアがまた強くなり、日本も強くならざるを得ない状況になる(笑)。


そして世界的に見てもアジアが強くなるのは悪い話じゃない。
というよりこれから先サッカーがさらに盛んになり、
寿命を延ばすためには必須の条件だと思ってます。


どんな組織だろうと「新しい血」が入ってこないところは、
腐敗し、衰退してゆくのが必然です。
いまのサッカー界は欧州と南米、特に欧州が席巻しているような状況だけど、
ずーっとこのままでは、見た目は派手だし隆盛を誇りつつも、実態は停滞し、衰退していってしまう。
江戸幕府だって、ご政道の腐敗や矛盾に閉塞感や危機感を持つ人はたくさんいても、
その栄華や堅固さは盤石で、
まさか徳川政権そのものが覆ると実感できた人はほとんどいなかったでしょう。
まして自分たちの手で滅ぼそうと考えてた日本人は、幕末以前、まず皆無だったはず。
それなのに黒船来航から大政奉還と、
一つのきかっけから実質的に滅亡するまでわずか14年しかかかってない。
一つの国や政府がこのスピードで崩壊するんだから、
一スポーツがどうなるかは推して知るべしってやつです。
それは今のFIFAの騒動を見てれば、決してありえない話じゃない。


といってサッカーの新しい血は、やっぱりピッチ上で注いでいかないといけない。
FIFAでも、どんなに金があろうともサッカーが弱い国が何か言っても聞いてもらえないのは明らかだからね。
というより発言権が弱いからその分金を出さないといけないパターンにはまったっていう側面もあるんだろう。
逆に言やあ、日本がワールドカップ連覇したり、
アジア勢ばかりで5大会、10大会を制覇したりしたら、
FIFAでの発言権も勝手に大きくなる。
少なくとも無視や軽視は絶対できなくなる。
発言権が大きくなったから自分たちに有利なことばかりしようとしたら話にならないが(苦笑い)、
とにかくいろんな「流れ」を作ることはとても大事。


アジアもだけど北中米も最近は強くなってきてるし、アフリカも潜在能力はもともと最大級。
なんにせよワールドカップ優勝国を、いいかげん欧州や南米以外から出さないといけない。
まずは一角。一穴を開ける。どっかが「黒船」にならないとね。

トーチュウ(東京中日スポーツ)にFC東京の梶山陽平くんが
7月中の天皇杯までに怪我から復帰を目指すという記事があった。
朗報ではあるんだが、今やってるワールドカップ観てると、
今年28歳の梶山くんを見て「お前はそこにいちゃいけないはずだったろう…」
という気持ちにもなってしまうんだよ…

持ってるモノはありえないくらい申し分なかった。
あれほどの身体の強さとボールコントロール、パスセンスを持っていて才能がないと言ってたら、
いったい誰に才能があるのか。
原さんが監督だった時代、ムラのありすぎる梶山を育てるために
あえて使い続けていたことも、まったく不満じゃないどころかありがたいくらいだった。

そのおかげもあってか、育ってはくれた。
試合ごとのムラも少なくなったし、どの試合でも、
調子がいいときはありえないほどのプレーを見せ、
悪い時でもそれなりのプレーをしてくれるようになった。
だけど突き抜けることはなかった…

はっきり言ってありえないんだよ。
あれだけのモノを持っててA代表に定着どころか正式には一度も呼ばれたことがないって。
自分のクラブにいる選手で「なぜ呼ばない!」という時、
本当は呼ばれるほどには達していないけど、
でも呼ばれたらうれしいというくらいの身内びいきが入ることはある。
それは自覚している。
だけど梶山についてだけはそういう身びいきを差し引いて、
将来絶対呼ばれるようになる力があると思っていた。
柿谷は天才と言われ、それに異論はないけど、
柿谷と種類が違う、彼と同等かそれ以上の天才が梶山だった。
それなのに…

理由は、いろいろあるだろう。
メンタル、考え方、姿勢、怪我。
プレーや身体能力だけでなく、上のようなものも含めて「才能」というべきかもしれない。
そして梶山特有の考え方や姿勢があったからこそ、
プロの領域まで伸びてこられたのかもしれない。
そうじゃなかったらもっと早い段階で頭打ちになってたかもしれない。
だから全否定するつもりはない。
本当にない。

だから、こういう小理屈はどうでもいいから、
なんでもいいからとにかく突き抜けてくれ。
4年後。32歳。
間に合う。まだ間に合う。
最後のチャンスが残ってる。
その時に東京に残っててくれなんて言わないから、
どこにいてもいいから、とにかく代表の中盤で、ロシアで、
あのありえないようなプレーを見せてくれ。
この10年以上、おれたちが見てきた夢を正夢にしてくれ。
この10年以上の期待が無駄じゃなかったと証明してくれ。
そうしてくれたらおれたちは、東京の10番を心の底から自慢できるから。
ほんと、誰に対してもバカみたいに自慢してやる。
「どうだすごいだろう! おれたちの10番だぞ! おれたちのだ!」って、
どんなにウザがられたって自慢しまくってやるんだ。
自慢させてくれ、マジで…

W杯初戦については昨日だいたい書いちゃったし、
負けた次の日だからあんまし触れるのもまだどうだろうとも思うし、
いくらW杯月間だからってサッカーのことばかり書くのもどうかと思うので
今日は違うことでも書こうかと思ったんですが、なにも思いつかねえ(苦笑い)。
ヤバい、思った以上にW杯モードになっているらしい(笑)。

でもまあ、それもしょうがないよなー。
代表に関して言えば、極端な話、
この3試合(以上)のために四年間を過ごしてきたところがあるから、
代表が染み着いている身として、
今は他のことは無自覚に上滑りしているのかもしれない。

「俺たちのフィールド」のコンビニコミックを立ち読みして、
井原のドーハの頃のインタビュー(?)読んで涙してしまったりしているし(照)。
でもドーハも、今の二十代くらいでは「話でしか知らない」という人も多いだろうし、
この辺を読んで泣くのは「なにやってんの?」ってところはあるだろうな(苦笑い)。
いや当時を覚えてる人でも「別に泣きゃしねえ」って人も多いだろうけど(笑)。

でも井原もよくこの時の話に答えているよなあ。
当時の選手の中には10年以上経っても
「いまだにあの試合のビデオは見られない」って人も多かった。
井原もまだつらいところはあるだろうけど、さすがに多少は癒えてきたのかな。
もっとも井原は四年後に雪辱を果たしているからまだしもか。
フランス大会の最終予選にも出られず、
本大会にも行けなかった選手たちは、いまだに「ビデオ見られない」かもしれんな。

このページのトップヘ