サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

タグ:京都サンガFC

シーズンや日程的に必然ではあるんだけど、今日は
「J1昇格プレーオフ準決勝」、「J2・J3入れ替え戦第一戦」、
そして「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ決勝ラウンド三日目(最終日)」が重なってしまった。
J2・J3入れ替え戦はまだ決まっていないけど、昇格プレーオフと地域CLは、
今年一年のすべてが木っ端微塵になるチームがいくつも現れてしまった。


地域CLは、ヴィアティン三重が鈴鹿アンリミテッドFCに4-1の大勝でJFL昇格を決める。
三重と鈴鹿は同じ東海リーグで、リーグ戦では鈴鹿が三重に勝ち越してたそうだけど、
最後の最後、最も重要で、「ここで負けたら意味がない!」という試合で負けてしまった。
三重が負けていてもそうだけど、やはり酷なことだ、本当…


昇格プレーオフは、まさかの松本山雅敗退。
たしかにこのところ失点が増えて不調気味だったけど、岡山はそれに輪をかけて不調だったし、
アルウィンという絶対的ホームで戦えることもあって、まず山雅だと思ってた。
でもそういう「データ」がまったく関係ない結果になるのも珍しくないのがサッカーだっていうのは、
素人の一サポーターでもわかっていることだ。
まったく、清水エスパルスは勝っておいてよかったと思ってるだろう。心底。


こちらはある意味順当かもしれないが、それでも今年一年が無に帰した京都サンガ。
またキツい一日、一年を過ごしていくことになる。


昇格リーグ、昇格プレーオフってシステム自体はとてもいいものだとぼくも思っているけど、
それでも残酷さを生み出してしまうのもまた、仕方ないことなんだろう。
部外者の適当な慰めの言葉なんて腹立たしいだけだろうから何も言わないけれど、
今夜はみんな、ゆっくり休んでほしい。
せめてそのくらいは、祈らせてくれ。

京都のバトゥ監督に続いて千葉の鈴木監督も解任か。
どちらのクラブもいろんな要素があっての判断と決断だろうけども、
もう二度とプレーオフに参加したくないという恐怖感が後押しした面もあるかもしれないな。

一昨年から導入されたJ1昇格プレーオフ。
これに二年連続で出場しているのが千葉と京都で、
どちらも準決勝と決勝での敗退を経験している。
ぼくは国立競技場でおこなわれた決勝を二年連続で観に行ってますが、
部外者の自分ですらあそこでの負けはキツいとすごく実感できます(汗)。
プレーオフで負けるくらいなら
最初から7位以下の方がいいとすら思えるほどの喪失感と絶望感があるものな。
キャッチフレーズというのはオーバーなものが多いけど、
昇格プレーオフの「日本一残酷な、歓喜の一戦」というそれには一切の誇張がない、
珍しい例だと思ってます。

プレーオフは嫌。あんな思いは二度としたくない。
仮にプレーオフで勝って昇格出来るにしても、
あの絶望感をもう一度味わわされるかもしれないと考えるだけですでに恐ろしい。
だけど昇格はしたい。 だったら2位以内に入るしかなく、
そのためにはこれ以上待つことは許されない。

そんな心理も無意識に働いて、
他のクラブに比して早めの監督交代に踏み切らせたのかもしれないと、
初冬の国立の光景は考えさせてくれます。
ウチもぜってえ二度と落ちねえ(苦笑い)。

今年のプレーオフは埼スタであるらしい。
国立に比べて遠くはなったけど首都圏で充分近いし、今年も行くことにしようかな。

このページのトップヘ