サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

タグ:夏目友人帳

「夏目友人帳」ネタバレ入ります。




「夏目友人帳」のアニメ5期が決まったそうだ。
ぼくもアニマックスで放送しているのをちょいちょい観てポロポロ泣いているのでうれしい(照)。
あのテの作品は本当に自分では書けないなあとわかるから、
作者の緑川ゆきさん、心から尊敬です。

アニメも原作の根幹みたいなものを余すところなく表現していて、
そしてちょこっとオリジナルの演出を入れて、
しかもそれが世界観をまったく壊していないところとか、本当にすごいと感心しています。
思い出すのはニャンコ先生が夏目に化けて藤原夫妻と一緒にご飯食べるところとか、
笹田さんに対してものすごくイケメンだったところとかね(笑)。
あれで夏目に惚れなかったか笹田さん(笑)。それはそれですごいな(笑)。


原作は、持ってはいないけど全巻読んでいます。
単行本派だからLaLa掲載分は読んでなくて今どうなってるのかはわからないけど、
あんまり進展はしてないんだろうな。
既刊は19巻まで出てるけど、内容的にはほとんど進んでいないしな(笑)。
アニメも原作のストックがたまったからようやく再開ってところなんだろう。


しかし夏目にとってニャンコ先生の存在は本当にデカいなとつくづく思ってます。
べつに正体の大きさではなく、存在自体がね(笑)。
ニャンコ先生の妖力そのものもだけど、妖怪に対する「知識」が本当にありがたい。

藤原夫妻のところへやってくる前の夏目があやかしに引っかかると、
対処の仕方がわからなくてさらに奇行が目立つし、
夏目の恐怖やストレスもマックスに達し、あらゆる意味で悪循環に陥る。
だけどニャンコ先生が一緒だと、
あやかしの知識があるからどうすればいいかを教えてくれるだけに、
それらが著しく軽減されるんだよな。

夏目はこれまでたらい回しにされてきた家の人たちを
「最初はみんないい人だったよ。いや、本当はずっといい人だったんだと思う」
と言っていたけど、実際そうだと思う。
中にはまずい人もいただろうけど、
たいていの人は夏目を受け入れようと努力もしてくれただろうし、
夏目の「奇行」がなければ本当に受け入れてくれてた人もいたはずだ。
藤原夫妻はその中でも飛び抜けて包容力があるのは確かだろうけど、
それでもニャンコ先生がおらず、「奇行」が多い夏目のままだったらどうなってたか。
少なくとも今のように、順調にいい関係を築き続けるのは難しかったろうな。


藤原夫妻も、夏目が来て本当によかったなと端的に感じたのは、
お二人が主役の番外編の一コマ。
塔子さんが滋さんに夕食のメニューを尋ねたとき、
二人きりのときは滋さんも曖昧にしか答えられなかったけど、
夏目が来てからは
「肉! 貴志にはもっと肉をつけさせないといけないからな!」「そうよね!」
というやり取りになってて、読んでるこっちもほほえましいやらうれしいやらで(笑)。


夏目友人帳は、登場人物がほとんど全員いい人だからとても気持ちいい。
というより、現実でもたいていの人はああだと思うんですよ。
自分のことだけじゃなく、ごく当たり前に他の人のことを気遣っていて。
それがたいそうなことじゃない、ほんのちょっと、
本人にとっては気を遣ってるという認識すらない程度のもので、
だけどそれが相手にとっては涙が出るほどうれしくて。
文化祭の話で、夏目のところに北本と西村が訪ねてきたときなんて、
夏目が布団の中でうれしすぎて泣いてるの、一緒に泣いて観てたからなあ(照)。


夏目は将来どうするのか。何になるのか。
なんとなく普通の勤め人にはならないだろうなとは思う。
でも祓い人になることはありえず…
もしかしたら人と妖の橋渡しをする「繋ぎ人」になるかもしれないか。
祓い人としての知識や力を使って名取さんが手伝ってくれたり、
あとニャンコ先生もなし崩し的に手伝う羽目に陥っていたり。
結果として、人と妖、両方の助手というかアドバイザーを得て、
夏目はそういう仕事をしていくのかもしれないな。
問題は金にできるかどうかだが(苦笑い)。
霞食って生きてるわけじゃないからな、夏目も(苦笑い)。

この前の日記にもちょこっと書きましたが、最近ちこっとハマった「夏目友人帳」。
図書館にあるので時間があったらちょこちょこ行って、ちょこちょこ読んでいます(笑)。
この後はちょっとネタバレ入ります。

アニメやってた時はほとんど観てなかったんですが、観てみると、泣く(笑)。
そりゃボロ泣きしますよ、もちろん(笑)。
ああいうの書けるのは本当にすごいなあ、と素直に感嘆して感動してしまいます。
原作の方はどうかな、と思ってたんですが、
やっぱり泣くので図書館では注意だ(苦笑い)(貸し出しできないので)。

最初読み切りのつもりで描いた…ということだったし、
基本、一話完結の話だから読み切り的な感じは変わらないんだろうか。


この前読み始めた「Heaven?」もだけど、どうも近頃自分は、
少女マンガの方に感性が移っているのかもしれない。
実は正直に言うと、ここのところ少年誌の作品は心に響かないことが多いんだよなー。
おもしろいはおもしろいんだけど、以前のように深いところまで届かない。
これは少年誌がダメというのではなく、たぶん自分の中で食べ飽きたというのが大きいと思う。
そりゃあね、30年くらいほとんど毎日食ってたわけだからね、
多少材料や味付けが変わっても食傷気味にはなるわさ(苦笑い)。
青年誌の方ではまだまだおもしろいのはあるし、
年齢的に好みの味付けが変わってきたというのもあるんでしょう。

で、少女マンガの方はまだほとんど未体験なので、新鮮でおいしいのかもしれない(笑)。
そしてどうやら白泉社系列が好みらしいね(笑)。
「夏目友人帳」はLaLa・LaLa DXだし、
佐々木倫子さんも花とゆめ出身だし、
川原泉さんもそうだし、なによりパタリロがそうだし(笑)。
まあ他誌をほとんど読んだことがないというのもあるが、
でも食指が働くのはなんとなく白泉社系列が多い気はする。
変則的ですが、昨季アニメが抜群で、
原作にも目を通すようになった「月刊少女野崎くん」の橘いづみさんも
花とゆめで連載しているしね(笑)。


たぶんぼくだけじゃないと思うけど、
「夏目友人帳」でちょっと気になってたのはニャンコ先生。
キャラがどうこうじゃなくて名前ね(笑)。
これは著作権とか大丈夫なのかね?(笑)
いや大丈夫だろうから編集部もOK出したんだろうけど。
夏目友人帳ファンならたぶんたいてい知っていると思うけど、
ニャンコ先生とは、アニメにもなった川崎のぼる先生の「いなかっぺ大将」ってマンガに出てくる、
「キャット空中三回転」という受け身(?)を主人公の風大左衛門に教えた猫で、
こちらは本当に先生なのだ(笑)。

もっとも、「夏目友人帳」は読み切り用の作品だったということで、
そもそも作者さん自身がこれほど大ヒットすると思わず、
なんとなくおもしろそうでつけた名前だったのかもな(笑)。
ヒットしなかったらほとんどの人にも知られず、
サラっと流されて終わりの話題だったろうから(苦笑い)。
一巻では夏目たちが見た目から「キュウ太郎(仮)」なんて名前つけた妖怪も出てくるな(笑)。
このあたりの事情は調べるとどこかのインタビューで答えてそうか。


「夏目友人帳」はまだまだ終わりそうにないけど、
次回作、あるいは緑川ゆき先生に余裕があれば並行して、
「前・夏目友人帳」「本・夏目友人帳」って感じでレイコさんの話も描いてほしいよね、
どうしても(苦笑い)。
妖怪たちをいびって名前を強奪する話はもちろん(笑)、
ニャンコ先生たちとどういう出会いやつながり、つきあいをしてきたのか。
誰と出会って、子を産んだのか。
なぜ若くして死んでしまったのか。
そして、幸せだったのか。

単発読み切りじゃ絶対足りないし、それなら今まで通り、作中のちょっとした話で事足りる。
本格的な連載モノでやってほしいけど、難しいんだろうな、いろいろと。
読み手はラクで楽しいだけだから、いつもかってなことをゆう(苦笑い)。

このページのトップヘ