サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

タグ:機動戦士ガンダム

ガンダム史上最強のラスボスということで、ジオングが一位だったそうですが、ぼくとしてもそこは納得です。
https://ranking.goo.ne.jp/column/5102/ranking/51081/
ラスト二話で初登場・巨体で足がないというわかりやすい特徴・オールレンジ攻撃・ライバル搭乗・最後は主人公機と相討ち・ラスボスたることを宿命づけられたような名前(笑)と、理由を挙げればいくらでも挙げられる。


強さの表現も、マグネットコーティング以来バケモノ級に強くなってしまったアムロとガンダムに、ニュータイプ能力では劣るシャアが乗っても相討ちにできたと、逆説的ながら観てるこっちも子供心にナットクしたもんです。


でもあれ、コアファイターの戦闘力が残ってると考えると、ガンダムの判定勝ちだったかもしれない(笑)。


他のラスボス機もやはりいろいろ印象深い。
ぼくはXからAGEまでのテレビシリーズはヒゲ以外ほとんど観てないのでその辺のはわからないんですが、能力(?)でケタ違いなのは3位のデビルガンダムか(笑)。
どうしてもリアル志向を強くせざるを得ないガンダムシリーズで、唯一あそこまでブッ飛ぶことが許されたガンダムだからな(笑)。


「愛」の力でしか倒せなかったこともポイント高し(笑)。
実際、作中あれだけ「死んだ死んだ詐欺」を繰り返してきたデビルガンダムだけど、「アレ喰らったらそりゃあ今度こそ滅びる以外ないわな」と視聴者にも強引に、だけど心から納得させてしまう豪快な演出力(笑)。
「マクロス7」もだけど、あの年は二つのビッグシリーズで「異端で至高」という快作が並んでたのがスゴいわなあ(笑)。


見た目のインパクト、性能の高さと残忍性、パイロットの身分や異常っぷりからすると、F91のラフレシアも捨てがたい。
ラスボス機といっても、搭乗者の志向や嗜好が設計段階から盛り込まれてるものはさすがに少ない。
「他の人が乗ることをほぼ想定されていない」という風に考えるとわかりやすいかも。
その意味ではラフレシアは鉄仮面のゆがんだ精神性や、それでいて(あるいはだからこその)強大な意思の力が存分に表現されたラスボスらしい機体だった。


ターンXはそもそも∀のお兄さんだから、ある意味主人公機にとって純粋にラスボス機だったけど、すべてを御大将のキャラクターが持ってっちゃった感は否めないか(笑)。


νガンダムやユニコーンにとっての真のラスボスは、ぼく的には石コロやコロニーレーザーだったから、サザビーやネオ・ジオングの印象は薄れがちかもしれん(苦笑い)。


オルフェンズはグレイズ・アインのインパクトがすごかった。
本当にいろんな意味でラスボスらしいラスボスで、主人公機との一騎討ちも盛り上がりましたわあ。
二期のラストはバルバトスの方がラスボスっぽくなってしまったが(笑)。
あれはあれで大好きな戦いと終わり方だったが(笑)。


GレコはGセルフが強すぎて、ラスボスは存在しなかったね(苦笑い)。
印象としてはヒゲの次ぐらいに強く見えたよ。
それもヒゲが最強の理由は月光蝶があるからってだけで、純粋な性能ではGセルフの方が上かもしれん。
だからラストは「よく相討ちまで持ってったなあマスク」と、そっちに感心してしまった(笑)。


主人公機が突出して強いというと、V2ガンダムもそうだったかもしれん。
ウッソの操縦技術とニュータイプ能力まで加味されると、正直クロノクルあたりじゃ役者不足もいいところだったし、他に個人でウッソに対抗できるパイロットもモビルスーツもいなかったものな。
もっともVのラストバトルは、あの乱戦ぶりに魅力があるんだけど。
そんな中、キャラクターだけであそこまでラスボス感を引っ張りだしてくれたカテジナさんがステキすぎる(笑)。


で、個人的にどの機体が一番のラスボス機かなあと考えると、なんとなくジ・オ(THE-O)が浮かんでしまった。
シリーズとしてZが一番好きなのでヒイキもあるかと思いますが(笑)、でも今考えるといろいろ渋くていいモビルスーツだったなと、ジ・オ。


ラフレシアと並んで、おそらく数少ないパイロットが設計段階から関わっているモビルスーツで、シロッコの好みがいろいろ反映されてるみたいだ。
その好みがいろいろ自分の好みとも合致する(笑)。


「可変機能」「ニュータイプ専用機=サイコミュ兵器搭載機」くらいの印象だったあの時代、自身のニュータイプ能力にも絶対的な自信があったはずのシロッコなのに、サイコミュ兵器も可変機能も潔く取っ払って、機動性に特化し、接近戦を重視した設計思想ってだけでも渋い(笑)。
なんか「シンプルで壊れにくく、乗る奴が乗らなければ真の性能は引き出せない」という職人気質の作りにして、自分が乗ったときだけ最強のモビルスーツになれるというシロッコの自負が強烈に感じられる機体のような気がするんですよねえ。


実際、純粋な白兵戦、モビルスーツ戦では、あきらかにZガンダムのすべてを凌駕していたように見えました。
唯一上回っていたニュータイプ能力でジ・オの動きを封じての特攻という、よくよく考えればヒドいというか卑怯な勝ち方しかできなかったわけで(笑)。
そのニュータイプ能力も紙一重で、事実、カミーユの精神は持ってかれちゃったわけだしね。


もちろんキュベレイとハマーン様もジ・オとシロッコに負けず劣らずのラスボスだけど、いかんせん、キュベレイは初登場から一年半くらい経ってて「ラスト」感が薄れちゃったのがあるからね(苦笑い)。

NHKでガンダム総選挙をやるそうだけど、
放送開始後40年近くが過ぎ、
TVシリーズどころか映画やマンガやゲームやその他の媒体まで含めると、
作品数もモビルスーツもキャラクターもとんでもない数になり、
しかもそれぞれがそれぞれの個性に合わせておもしろいとなれば、
自分としてはもうどれが一番とか決められないっす(汗)。


だからこうなったらもう「はじまりのガンダム」を選ぶ意外ないなと(苦笑い)。
実際、あらゆる意味で驚きの対象になった作品でモビルスーツだからなあ。


個人的に普通とちょっと違った意味で驚きの演出だったのは、
2話でスレンダーのザクがガンダムのビームライフルに一撃で破壊されたのを見たシャアの驚き。
「ザクを一撃で破壊するだと?」と愕然となっていたけど
「え、それそんな驚くことなの?」と思ったのを覚えています。
なにしろガンダム以前のスーパーロボットだと、
一撃で敵ロボット破壊なんて当たり前だったからね(笑)。


その辺がリアリティがあるということでいまに続くスーパーコンテンツとなった一因ではあるけれど、
本放送で観てたときは全然そのおもしろさがわからなかった。
だから当時小2のぼくは裏番組の「まんがはじめて物語」ばかり観てて、
ガンダムを43話で打ち切りにさせた視聴者の一人でした(照)。

今日の「ゆうがたパラダイス 三森すずことアニソンパラダイス」は
http://www.nhk.or.jp/yupara/tue.html
「“あき” が来ないアニメ特集!!」(秋と飽きをかけている)ということでリスナーからメールを募っていたけど、
だいたいが現在進行形の作品ばかりで、
本当に飽きがこないかどうかを確かめるには時間が足りないかなあ。
名前が挙がってた作品では涼宮ハルヒがせいぜい10年前くらいだけど、
それでも足りないからね。


とはいえ、リスナーの年齢層は中高生が中心で、
これらの作品が最も多感な時期に出会った作品ということで、
彼らの感性を作りあげる、一生飽きのこない作品になる可能性は大か。


ぼく(らの世代)ですか?
とりあえずガンダム挙げとけばオッケーなんじゃないすか?(笑)
いやマジメな話、アナザーワールドだけじゃなく、
オリジナルの宇宙世紀モノでさえいまだに新作作られてるわけで、
飽きる余裕がないですわ。
その意味ではこっちも現在進行形の作品か(笑)。

「Gのレコンギスタ」を観てたとき、
作中の戦闘の規模が小さかったためか
「戦争じゃないじゃん」という意見をネットで見かけたんですが、
考えてみると宇宙世紀シリーズって戦争アニメと言われながら、
もしかしたら辞書的な意味での「戦争」は一つもないかもしれないか。


わざわざ辞書的な意味と書いたのは、
戦争というのは国同士の戦いを定義にしているためで、
そう考えると最も規模の大きい一年戦争も、
ジオンが勝ってたら「独立戦争」と認定(?)されてただろうけど、
結果的には「内戦」だからな。

その後のZガンダムはグリプス戦役とされてるし、
さらにその後のネオ・ジオン戦争も結果は内乱規模だったろう。
コスモ・バビロニア建国戦争はその後宇宙を統一できたわけではないし、
宇宙戦国時代の先駆けになっただけで、
むしろ応仁の乱や、中国・唐代の安史の乱に類するものかもしれない。
ザンスカール戦争も、
いいところまで行ったけど結局ポシャった戦国時代の織田政権みたいなものかな。
ちょっと違うかもだけど(苦笑い)。


日本も辞書的な意味で戦争となると、
元寇と秀吉の朝鮮出兵と太平洋戦争くらいになるのかな?
他にもあるかもだけど、知識が乏しいもので(照)。
他は全部内乱・内戦。
白村江の戦いは戦争って規模じゃないものな。

宇宙世紀じゃないけどつながってる世界まで入れると、
むしろ∀やGレコの方がほぼ完全に断絶している間柄だけに「他国」と戦ってる感はあるかも。
でもこれも規模という点では紛争くらいか。
月光蝶はヤバいけど(苦笑い)。


ぼくは宇宙世紀以外のガンダムはあんまり知らないんですが、
辞書的という意味で一番戦争してるのは、もしかしたらGガンダムかもしれないな(笑)。

このページのトップヘ