サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

タグ:Jリーグ

昨日、J1昇格プレーオフ決勝があり、名古屋グランパスが一年でのJ1復帰を決めました。
名古屋の戦力や資金力からすれば優勝や自動昇格での復帰が順当だったかもしれないが、
そうそうたやすくないのもまたサッカーだから、あまり驚くことでもない。
それどころか今年は風間監督を迎えての初年度ということ、
また風間ヤッヒーのサッカーは完成に時間がかかるという事情も考えれば、
むしろ「お見事」と素直に賞賛するのが正しい評価だろうと思っています。


それにしてもJ2リーグもすっかり定着した感があるなあ。
一般的にはわからないけど、少なくともサッカーファン、
Jリーグにちょっとでも興味や関心や関わりがある人の中に「知らない」という人はいないだろう。
J2=Jリーグ2部は1999年に誕生して、
今年J1初優勝を果たした川崎フロンターレや、FC東京などは初年度から参加していた「J2オリジナル10」の一員です。


当時は「2部リーグ」っていう存在そのものが新鮮だった。
いや、サッカーでも日本リーグやJFLのファンや、
他の団体スポーツのファンをやっていれば当たり前の制度だったんだろうけど、
プロ野球しか知らないと珍しかったんです(苦笑い)。
野球はセ・パの「横のリーグ」で昇降格なんてなかったからね。
だから「上がる」「落ちる」っていうギリギリ感がたまらなくよかったのです、ぼく的には(笑)。


でも当時J2を珍しく感じていたのはぼくだけじゃなかったろうと思います。
NHK BSでは、J2の試合があった日は「速報J2」なんて10分番組まで放送してたからね(笑)。


現在J2は22クラブ。
Jリーグは最初からJ2をこの数まで増やすと決めていたようです。
でも「オリジナル10」と書いたように最初は10クラブ。
当時はぼくも「いつになることやら」と遠路を危ぶんでいましたが、
感覚的には「あっという間」に近いほどの早さで達成してしまった。
それどころか今はJ3なんて3部リーグまでできて、しかもまだまだ数は増えている。
日本にはそれだけ本気でサッカーやろうという人が多いということで、感嘆する思いですよ。


来年からJ2の3~6位は、昇格プレーオフを勝った上に、
J2の16位と入れ替え戦をやらなくてはいけなくなった。
これはJ1を戦う身としてはありがたいし、
上がってしまえばむしろ今J2にいるクラブにとってこそ恩恵のある制度だと思う。
来年のJ2は今年以上にどこが上がってくるかわからない気がするけど、
観る側にしてみると楽しそうだから、そこは勘弁してくれるとありがたいです(苦笑い)。

本日14:00キックオフのJ3 第14節 FC東京U-23vsアスルクラロ沼津、
夢の島競技場まで行って観てきました。
J3観戦は二回目だけど、U-23は初めてだな。


じつはこの試合が「江東区民招待試合」と偶然知って試しに応募したら当選してしまったので、
タダで観てきたのです(照)。
しかしおれみたいなのはともかく、
せっかくの招待試合でわざわざこんな試合にしなくていいものを(苦笑い)。


FC東京U-23 1-6 沼津


フルボッコにされましたなあ(苦笑い)。


今日は朝から雨が降っていて、自分も行くのはどうしようか考えてたんですが、
昼頃からあがってきて、ラッキーとばかりにチャリンコを走らせる。
13:00過ぎに出て充分余裕を持って到着できるんだから、本当に助かる(笑)。
曇りはずっと曇りで、試合中もパラパラとは降ってきたけど、
ほとんど濡れることもなく最後まで観戦できてそこはよかったです。


夢の島はちょいちょい行ってたんですが、やはりJリーグ主催試合。
しっかりとした運営がされている。
小規模だけどスタジアムグルメもあったし、
メインスタンドだけでなく芝生席も開放されていた。
でもまず一番目に付いたのはボランティアのみなさんだったな。
年輩の方も多く、とても親切に丁寧に対応してくれていた。
いつもボーッと観に行くだけの身としては、とても尊敬と感謝です。


芝生席にはそれぞれ、沼津と東京の「ゴール裏」ができていた。
沼津はアウェイなのにかなり来ていたな。
パッと見、30人くらいはいたかな?
さすがトップチームの応援に来る人たちは気合いが違う。

東京の方はホームだったけど、こちらは10人か15人くらいだったかな。
たぶんいつもはもっと来てるんだろうけど、
これは今日、同じ日にトップチームが磐田で試合があってそっちに大部分が行ってるんだろう。


電光掲示板も、ぼくが知ってる夢の島の試合に比べると相当気合いが入っていた。
アマチュアの試合だと、
表示するのは得点だけだったりすることもあるけど、
今日はチーム名もロゴっぽくなってたし、
選手紹介、交代などもちゃんと表示してくれていた。
音響が悪いのは、これは仕方ないけどね(苦笑い)。


ついでにちょっと書いておくと、U-23というのは「アンダー23」、
つまり23歳以下の選手を中心に組まれたチームです。
Jリーグの問題の一つに若手の試合経験を積む場所が少ないというのがありまして、
リーグだけでなく各クラブでも対策を練っているんですが、
FC東京、ガンバ大阪、セレッソ大阪の3クラブはJ3にU-23チームを参加させることで解消させています。
が、どのクラブもJ3ではなかなか勝てない。
その理由はなんだろうと考えてはいたんですが、試合観てみて、
なるほど、と一部の理由はわかったような気がしています。


なんというか、いろいろ中途半端なんだな、きっと(苦笑い)。


小平グランド(FC東京練習場)でどういう手法を取ってるのかわからないけど、
たぶん普段はトップチームの選手も一緒に練習して、
週末にメンバー発表みたいなのがあって、
J1とJ3のどちらに出るか決まるようなシステムなんだろうか。
もちろん自分がどっちに出るか、
たいていの選手には最初からわかってるだろうけど、
U-23チームとして、J3の対戦相手対策の練習というのは、
ほとんどしてないんじゃなかろうか。
それどころかU-23の連携を深めるための練習自体、ほとんどないかも。


なんか書く時間がなくなってきちゃったな(照)。
また明日やあさってにでもつづきを書きますよー、長くなりそうだし(苦笑い)。

2008年のガンバ大阪以来優勝がなく、
Jリーグ勢の低迷が続いてるとされるACLことAFCチャンピオンズリーグ。
ぼく個人の感覚としては、優勝はなくても毎年ベスト16には2クラブ以上入っているし(2013年をのぞく)、
全体的にそこまで低迷している感はなかったんですが、
今年は久々に3クラブがベスト16へ、しかもすべて1位抜けと、
近年では最もいい成績でグループリーグを突破できたんじゃないでしょうか。
ガンバも第5節にギリで追いつかれなければ最終節で充分突破の可能性は残っていたし。


これまでACLでJリーグ勢が今一つ結果を出せなかったのは複数の理由が連なってのことで、
韓国・中国をはじめ他国の事情も関わってくるだけに、一慨に「これだけが原因」とは言えない。
ただ、国内だけを対象に一サポーターの感覚・印象だけで言うと、
ここ数年でようやくJリーグ全体でACLを戦う体制が整ってきたのが大きいかなと感じています。
それも物心両面で。


ぼくの中で10年くらい前までのACLの立ち位置は「ついでの大会」というところでした(苦笑い)。
まだ体制もレギュレーションも確立されておらず、
Kリーグ以外の国と戦う場合は、内容も結果も大差がつく楽勝も多かった。
負ければそりゃあ悔しいが(苦笑い)、出たからといってさほどの喜びもなくて、
存在自体にたいして「重み」やステータスがなかったんですよね。


また当時の日本は「国内」の次は直接「世界(欧州)」を意識していて、
アジアをそれほど重視していなかった。
今もその傾向はあるけど、当時はそれ以上だったと感じます。
韓国や中東の強豪以外には「勝って当たり前」的なところもあったからね。


だけど浦和やガンバがACLで優勝して、
中東の視界にJリーグクラブが入ってきたあたりから雲行きが怪しくなってきた(苦笑い)。
Jリーグで活躍する外国人選手をバンバカ引き抜かれ、クラブのチーム力が低下する。


さらに中国の「爆買い」がほとんどブームになり(苦笑い)、
中国のクラブチームの実力がこれまでと比べものにならないくらい強大になってしまった。
もともとトーナメント向きの戦い方が得意な韓国も今まで通り強力。
加えて中韓の二国は、日本より外面を気にする性質だから、
ACLにはより力を入れてくる(苦笑い)。


もう一つ、まだ顕著とは言えないけど、アジア各国、
特に東南アジアの各国が徐々に力を付けてきて「ボーナスステージ」とは言えなくなってきた。


それやこれやでこれまでは、
言い方は悪いがJリーグの「片手間」で勝てていたACLが、そうもいかなくなってしまった。


だけどここ10年で、ようやく様々なものが変わってきたような印象があります。
「カネをかけて強い選手をたくさん集め、
JリーグとACL両方を戦えるようにした」なんて単純な話ではないですよ。
もちろんそういう要素もありますが、それだけでなく、
クラブがACLを戦う前提でチーム編成を考え、そのための予算を組んだり、
リーグも全体でACLに出場するクラブの負担を軽減する方法や支援する方法を考えたり、
また選手も「ACLに出たい」という意識が強まったり、
サポーターの中でもACLの存在を相応の重みを持って受け入れられるようになったり。


そういういろんな要素が絡み合い、またACL経験も蓄積され、
リーグ全体の「ACL仕様への肉体改造」が実を結び始めたような、そんな感覚があります。


また、他国の状況を見てみても、徐々に状況は変わってきている。
中国の爆買いは、ビッグネームから断られることも増えてきたようで、
ようやく終息に向かいつつある。
韓国は経済の低迷もあり、企業チームの多いKリーグはその影響をもろに受け、
強化もままならないようです。
今年に限って言えば、K最強の全北現代が八百長問題でACLに出場できなかったりと、
サッカー界そのものにも問題があるらしい。
この辺、最近はJリーグも妙に問題が増えてきたから気をつけないといけないが(汗)。


それとACLの出場規定が今年から大幅に変わることも、
タイミングよくJリーグ勢の発憤材料になった面もあるか。
これまでは過去三年の、クラブ+代表の成績で各国リーグのACL出場枠を決めていたのが、
2020年からは過去三年の「クラブ成績のみ」に変更されたらしく、
つまり「今年から三年の成績」で2020年の出場枠が決まっちゃうんですよね、たしか。
日本は代表の成績はアジアトップクラスだけど、
そのアドバンテージが使えなくなるのは痛いからね。


今年もまだグループリーグが終わったばかりで予断は許されないけど、
今は追い風が吹いてきてるのは確かだと思います。
これで結果=優勝ができれば、さらに勢いに乗れるからね。
東京以外のクラブというのが気にくわないが(苦笑い)、
とにかくがんばってほしいもんだ。

WBC、日本がここまで6戦全勝していることもあるだろうけど、
視聴率がすごいみたいだ。
東京ドームも連日満員だし、WBC全体を見ても、
やはり日本が一番盛り上がっているらしい。
一番盛り上がっていないのはやはりアメリカだろうか(苦笑い)。
そのあたり主催のMLBに日本がいいように吸い上げられているイメージもあり、
ややイラっとくるところは確かにありますが(苦笑い)、
長い目で見るとそうでもない、とも思っています。


その理由は長くなるのでやめときますが、
WBCで「野球観たことなかったけど」「ルールわからないけど」「でもおもしろい!」
ってなった人も少なからずいるようだ。
ただふと思ったのは、この人たちの中には純粋に、
今回はじめて野球に接した人もいるんだろうなということでした。


ぼくらの世代は子供の頃から月曜以外(セ・リーグ休み=巨人戦休み)、
ほぼ毎日野球中継がありました。
だから野球に興味がなかったり、嫌いだったり、ルールがわからなかったりしても、
家にテレビがある限り、野球中継をチラっとでも観たことがないという人は、
まずいないんじゃないでしょうか。
特に家にお父さんやお兄さんがいて、チャンネル権を独占されていれば、
観たくなくても観る羽目になる(苦笑い)。
しかもそれが生まれたときから家にいる間、何年も何年も続くことになる。
好むと好まぬとに関わらず、
日常のどこかに野球が引っかかってはいたことでしょう。


だけどここ数年。もしかしたらもう10年くらいになるのかな。
地上波での野球中継が常態じゃなくなって久しい中、
今回本当に「ほぼはじめて」野球をじっくり観たという人がいてもおかしくない。
プロ野球のクライマックスシリーズや日本シリーズ、
春夏の甲子園あたりは毎年すごく盛り上がりはするし、
地上波で放送もするけど(CSはやらないかな(汗))、
「挙国一致」のWBCに比べれば、チャンネルをあわせない人も多いでしょうから。


だからWBCで野球を知り、ファンになる人もいるでしょうが、
これはワールドカップ後にファンが多少増えるサッカーやラグビーも同じ。
バーッと増えて、シュルシュルとしぼんでゆき、
残る人は残るという感じで(苦笑い)。
それは悪いことでは全然なく、
むしろ一度でもファンやサポーターを経験しておいてくれれば、
おのずと心の敷居は下がり、再度の「入門」もしやすくなる。
またそうでなくともこれから先は、
そのスポーツに多少なりとも気をかけてくれるようになり、
それだけでも大変ありがたい。
むしろそういう人たちを簡単に「にわか」とか言って非難する輩の方がその競技にとって、
ものすごく迷惑で有害だって覚えとけ。


だから野球にしろ、他のスポーツにしろ、
WBCやW杯、オリンピックのテレビ中継はボーナスみたいなもの。
「腐っても鯛」というほどの効果はあるけども、
テレビを使ってお茶の間にダイレクトアタックをかける集客や人材確保は、
すでに過去の物になっている。
そのあたりを、もうたくさんの人は理解しているんだろうな。


ぼくもただの一ファン、一サポーターでしかないけども
(サポーター業は開店休業状態だけど(苦笑い))、
その辺をわきまえて、地道に自主的に活動していこう(笑)。

J2から昇格してきたクラブ、特に初昇格や、
昇降格を繰り返しているエレベータークラブは、
「J1定着が目標」とか「J1に定着できるか」とか言ったり言われたりするけど、
考えてみるとこの「定着」、何年J1にいればとか、そういう定義は特にないな。


ヴァンフォーレ甲府なんて、ここ10年以上、J2よりJ1にいる時間の方がずっと長い。
それなのにJ1に定着したとは言われず、毎年必ず降格候補に挙げられる。


逆に昇格したてでも降格候補に入れられず、いきなり「定着」扱いされるクラブもある。
札幌はJ2を優勝して昇格してきたのに降格候補に入れる人が多い中、
清水やセレッソはJ2・2位とプレーオフで勝って上がってきたクラブだけど、
そこまで低い扱いはされていない。
もし来年名古屋が昇格してきたら、やはりいきなり定着扱いになるだろう。


そう考えると「J1定着」に明確な定義はなく、
結局は資金と、それに伴う戦力による、
見る側の勝手な「印象」「イメージ」だけの話なんだなと思う。
実際そのイメージ通りに降格してしまうクラブが多いから決して間違いではないんだろうけど、
でも個人的には、せめて「何年J1にいたら定着」という定義だけはきっちり決めたい。
イメージだけのことなのに、
クラブが死にものぐるいで達成していることを上から目線のしたり顔で評するのに、
やっぱりどこか引っかかるところはありますから。

このページのトップヘ