サクラと紅茶

日常のことを書いていきます。 ただしFC東京のことが多めかもしれません(笑)。 試合当日や次の日は特に多いかもしれません(笑)。 物書き志望でもあります。 第2回富士見ラノベ文芸賞 一次選考通過

タグ:J2

昨日、J1昇格プレーオフ決勝があり、名古屋グランパスが一年でのJ1復帰を決めました。
名古屋の戦力や資金力からすれば優勝や自動昇格での復帰が順当だったかもしれないが、
そうそうたやすくないのもまたサッカーだから、あまり驚くことでもない。
それどころか今年は風間監督を迎えての初年度ということ、
また風間ヤッヒーのサッカーは完成に時間がかかるという事情も考えれば、
むしろ「お見事」と素直に賞賛するのが正しい評価だろうと思っています。


それにしてもJ2リーグもすっかり定着した感があるなあ。
一般的にはわからないけど、少なくともサッカーファン、
Jリーグにちょっとでも興味や関心や関わりがある人の中に「知らない」という人はいないだろう。
J2=Jリーグ2部は1999年に誕生して、
今年J1初優勝を果たした川崎フロンターレや、FC東京などは初年度から参加していた「J2オリジナル10」の一員です。


当時は「2部リーグ」っていう存在そのものが新鮮だった。
いや、サッカーでも日本リーグやJFLのファンや、
他の団体スポーツのファンをやっていれば当たり前の制度だったんだろうけど、
プロ野球しか知らないと珍しかったんです(苦笑い)。
野球はセ・パの「横のリーグ」で昇降格なんてなかったからね。
だから「上がる」「落ちる」っていうギリギリ感がたまらなくよかったのです、ぼく的には(笑)。


でも当時J2を珍しく感じていたのはぼくだけじゃなかったろうと思います。
NHK BSでは、J2の試合があった日は「速報J2」なんて10分番組まで放送してたからね(笑)。


現在J2は22クラブ。
Jリーグは最初からJ2をこの数まで増やすと決めていたようです。
でも「オリジナル10」と書いたように最初は10クラブ。
当時はぼくも「いつになることやら」と遠路を危ぶんでいましたが、
感覚的には「あっという間」に近いほどの早さで達成してしまった。
それどころか今はJ3なんて3部リーグまでできて、しかもまだまだ数は増えている。
日本にはそれだけ本気でサッカーやろうという人が多いということで、感嘆する思いですよ。


来年からJ2の3~6位は、昇格プレーオフを勝った上に、
J2の16位と入れ替え戦をやらなくてはいけなくなった。
これはJ1を戦う身としてはありがたいし、
上がってしまえばむしろ今J2にいるクラブにとってこそ恩恵のある制度だと思う。
来年のJ2は今年以上にどこが上がってくるかわからない気がするけど、
観る側にしてみると楽しそうだから、そこは勘弁してくれるとありがたいです(苦笑い)。

Jリーグはリーグ戦まっただ中ですが、ヨーロッパはシーズンも終わり、
各国で昇格プレーオフや入れ替え戦による「生か死か」の戦いが真っ盛り。
ドイツはハンブルガーが入れ替え戦に回り、初の2部降格かとギリギリの戦いをしている。
第一戦はホームだったにも関わらず1-1のドローと、ホントに後がないらしい(汗)。


で、こういうのを見てると
Jリーグの昇降格レギュレーションもまたちょっといじってほしいかなという気持ちにもなってきます。


個人的な感覚なんだけど、J1で下から3クラブ自動降格はちょっとキツい(汗)。
ヨーロッパでも3クラブとか自動降格はあるけど、
そういうところは20クラブでのリーグ戦がほとんどで、18クラブのJリーグとちょと違う。
感覚的には18位・17位の2クラブは自動降格で、
16位は入れ替え戦という時期が一番しっくりきてました。


かといって、J2の方で3位~6位のクラブで昇格プレーオフやったあと、
その勝者と入れ替え戦というのは、精神的・肉体的・日程的にJ2が厳しすぎる(汗)。
だから昇格プレーオフにJ1・16位のクラブを入れてくれるのが一番いいかなーと。
「J1・16位、J2・3位、4位、5位」で昇降格プレーオフ。
レギュレーションは今の昇格プレーオフと同じで、
J1・16位vsJ2・5位、J2・3位vs4位それぞれの勝者が一発勝負で来季J1最後の枠が決定。


J2の方は一枠チャンスが少なくなって怒られそうだけど、そこは申し訳ないとしか言えない(汗)。
ただJリーグの入れ替え枠が多いのは、
なるべくたくさんのクラブにトップリーグを経験させたいという意図もあるようで、
それはぼくも賛成なんですが、
J2も半数はJ1経験のあるクラブで占められるようになってきたし、
この部分はある程度目的も達せられたんじゃないかなと。


それに昇格プレーオフは、
プレーオフそのものより「6位以上」なら狙えるクラブを発奮させて
リーグ戦の方を盛り上げることも大きな狙いだから、
この点は「5位以上」でもそこまで影響はないんじゃないだろうかと。


そしてこのリーグを盛り上げるという点では、J1の方にも影響がある。
ぶっちぎりの最下位だとちょっと難しいけど(汗)、
今のレギュレーションだと下から2番目、17位のクラブが降格をまぬがれようとするなら
2クラブを追い抜かなければならず、これは気持ちを保つのが大変だ。
勝ち点差がどれだけあるかで変わってくるけど、
それでも追いつき追い越さなくちゃいけないクラブが1つだけなら、
そこへ向けてモチベーションは保ちやすいはず。
16位じゃまだ昇降格プレーオフがあるわけだけど、それでも希望があるなしじゃ全然違うからね。


これは別にぼくの独創じゃなくてどこかで見かけた案だけど、
個人的には最もしっくりくるかなと感じています。

文字通り世界規模で悲喜を増産しているワールドカップだけども、
日本国内のリーグ戦も盛り上がっている。
当事者たちにとってはあっちよりこっち。
しかも昨日はJ2で湘南vs磐田、今日はJ3で町田vs長野と、それぞれ1位・2位対決があった。

まだリーグ戦も半ばとはいえ、ここで取るか落とすかは気持ちや勢い、自信やその他に相当の影響が出てくる。
それこそ絶対に負けられない戦いだったけども、どちらも湘南、町田と上位チームが勝った。
とはいえどちらも2-1、1-0と1点差。
相当白熱した内容だっただろうな。

J2もJ3も今年の勢力図がかなりはっきりしてきたように見えるが、
J2は一昔前に比べると、相当違いが出てきたな。
ちょっと前までは下位にいて当たり前だったクラブが普通に上位にいて、
印象としてはシャッフルされてるような感じすらするよ。

その一昔前を覚えていると、岡山が今強いんだなあと普通に感じます。
松本も強いというか「堅い」というイメージだ。
栃木も飛び出す可能性は感じるし、
京都や山形も地力でじわじわと順位を上げてきてもおかしくない。
長崎も去年の勢いを着実に自分たちの力に変えているようだし
(そうじゃなかったらもっと下まで落ちているはず)、
水戸もまだまだ可能性は充分ある。
千葉や札幌、大分も本来の力で一気に突き抜けてきても不思議はない。
福岡もポカをやる癖がなくなればじわじわと順位を上げてくる組に入るだろうし、
まったくプレーオフまで考えたら、どこが昇格するかまったくわからんな。
湘南と磐田以外(苦笑い)。

磐田はまだわからんという勝ち点だけど、やっぱり地力が段違いだし、
そろそろJ2での戦い方もわかってきただろうから、
ここから3位以下を引き離しにかかるんじゃないかと思っています。
去年のガンバやちょっと前のウチとかと同じで。
今年は湘南が落ちてくる気配がないから1位抜けは難しいかもだけど、
2位は確実に確保してくるんじゃないかな。

そして意外なところに北九州がいたのを忘れていた(笑)。
まったく知識がないからこれはいったい何事かと思ってしまって申し訳ない(照)。

今挙げなかったクラブは、ちょっと昇格は難しいか。
横浜FCあたりはいきなり確変起こして
プレーオフ圏内まで駆け上がってくるパターンもありそううだけど、他はちょっとな…
岐阜は早ければ来年、遅くとも3年後はわからないけど。
讃岐はがんばれとしか言えない。

一番心配なのは富山だ。
去年までを見て、悪いサッカーはしてなかったどころか、
すごく可能性を感じるサッカーをしてたから、
今年はもしかしたら6位以内は充分ありえるんじゃないかと思ってたもので…
でもこれは、本当にどうしてか誰にもわからないところはあるだろうな。
いろいろ理由を並べることはできるだろうけど、
それだったら他のクラブにだってあることだ、というものも多い。
なぜ富山だけという理由や原因は、なかなか見いだせないよ。
一応ウチからレンタルで行ってるという扱いの選手もいることだし(苦笑い)、
そうじゃなくても期待をしていただけに、まずはがんばって一勝して、
負のスパイラルから抜け出すきっかけを作ってほしい。

でも安間監督、さすがに解任なのかな…
たぶんクラブ関係者も、選手も、サポーターも、
誰も嫌ってもおらず非難する声もほとんどないという監督だと思うんだが、
それでも仕方のない事態というのもあるからな。
ウチも城福さんとそういうお別れをしたからよくわかるよ…

このページのトップヘ